この記事では「大の大人」について解説する。

端的に言えば、大の大人の意味は「立派な成人、一人前」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

元新聞記者で、ライター歴20年のトラコを呼んです。一緒に「大の大人」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/トラコ

全国紙の記者を7年。その後、雑誌や書籍、Webでフリーの記者などとして活動中。文字の正確さ、使い方に対するこだわりは強い。

「大の大人」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速、「大の大人」の意味や語源・使い方を、順番に見ていきましょう。

「大の大人」の意味は?

「大の大人」という言葉は、辞書や辞典には載っておらず、ネット上で検索してもその意味などは出てきません。

そこで、「大の」について調べてみると、次のような意味がありました。

1.大きな。りっぱな。一人前の。「大のおとなが涙を流す」
2.非常な。たいへんな。「大の仲良し」

出典:デジタル大辞泉(小学館)「だい-の【大の】」

「大の大人」という言葉について、まず「大の」というのは、大きな、立派な、一人前の、といった意味があります。

そして、「大人」には、うし、たいじん、だいにんなどの読み方やそれぞれの意味がある中で、「大人」(おとな)の場合は、成長して一人前になった人、一人前の年齢に達した人のことです。

「大の」「大人」を組み合わせると、立派な一人前の大人、という意味が最もしっくりきます。

「大の大人」の語源は?

次に。「大の大人」の語源を確認しておきましょう。

大の大人、この言葉の語源や由来については、はっきりとしたことはわかっていません。

ただ、とても、立派な、といった意味の「大の」が大人に付くことで、一人前であること、大人であることをさらに強調した用語となった、と考えられるでしょう。

\次のページで「「大の大人」の使い方・例文」を解説!/

「大の大人」の使い方・例文

「大の大人」の使い方を、例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

1.今回の美容ゲストは、大の大人らしく、トップスにロマンティックでラグジュアリーなファッションコーデと厳選したライフスタイルと話題が満載だ。
2.新宿の会員制サークルで募集して許可され、公式入会した人々は、大の大人ばかりだ。
3.アメリカ海軍には、厳選された大の大人が揃い、実戦テストが毎日実施された。
4.ゲームの開発において、大台を超えたような大の大人が、こどもにかなわないこともある。

例文1は、大の大人が、立派に成人となった子どもではない大人の、この文章からはおそらく女性を表現したであろう文言で使われています。そして、例文2は、一人前の人間という意味です。

例文3は、年齢はもちろん体格なども立派に成長したたくましい大人という意味。そして、例文4も、成人になった大人であるという表現で用いられています。

いずれも、「大の大人」というと、立派な大人、成人した大人という意味です。

「大の大人」の類義語は?違いは?

image by iStockphoto

次に、「大の大人」の類義語(類語)を見ていきます。

類義語として考えられるのは、立派な大人、一人前の大人、大の男、成年、アダルト、一丁前、壮年、立派な社会人などです。大人は、日本では一般的に「20歳以上」とされています。

いくつかの言葉について、それぞれの意味や違いについて確認しておきましょう。

その1「大の男」

「大の男」とは、言葉そのままに、大きな男、おおおとこ、といった意味が1つ。これは、13世紀前半、『平家物語』において「かれが嗔(いかっ)てむかふ時は、大の男も絶入(せつじゅ)す」との記述が見られます。

もう1つの意味もあり、一人前の男、成人した立派な男です。この意味のほうが、大の大人に近く、滑稽本・和合人(1823‐44)三に「大の男が四人揃って居て、びくびくする事はねへ」の記述があります。

\次のページで「その2「一丁前」」を解説!/

その2「一丁前」

一丁前」は、いっちょうまえ、いっちょまえ、と読みます。意味は、一人前であるさま、十分な実力があって人並みに扱われる資格がある様子などを表現する言葉です。

一人前と同じ意味があり、大の大人と意味的に通じるものがあります。

ちなみに、いっちょまえは、大阪弁の1つ。一端(いっぱし)、いっかど(一角)とも言います。例を挙げると「恰好だけはいっちょまえやな」など。

「大の大人」の対義語は?

「大の大人」の対義語(反対語)、直接の言葉はないものの、類似する表現として、小人、子ども(子供)、未成年、未熟な大人などが、主に挙げられます。

「小人」

「小人」は、こびと、しょうじん、しょうにんなど、さまざまな読み方と意味があります。「大の大人」に対する言葉で、小人というと「しょうにん」、つまり「こども」です。

日本では、大人が「20歳以上」なので、小人は20歳未満となります。ただ、料金表などの小人は、小学生以下をさすのが一般的です。

「大の大人」の英訳は?

image by iStockphoto

さらに、「大の大人」について、英訳も見てみましょう。

大の大人、英語に訳すと、例えば、large adult をはじめ、grown mangrown womangrown-up personsensible person などが挙げられます。

その1「grown man」

「grown man」を日本語に訳すと、成長した男性、つまり、大の大人です。grow は、成長したという意味の動詞で、形容詞として使う場合、grown となります。

grown woman、grown-up person なども同様です。grown-up は、成熟したという意味もあり、adult よりカジュアルな表現で知られています。

その2「sensible person」

「sensible person」は、直訳すると、分別や良識がある人、常識家、理屈の分かった人といった意味です。

大の大人とは直接の意味ではないものの、大の大人とはこうあるべき、といった意味合いも込められています。

それでは、例文を見てみましょう。

\次のページで「「大の大人」を使いこなそう」を解説!/

・grown ass man

大の大人(やや皮肉を込めて)

・He is a mature adult human.

彼は成熟した大人の人間(大の大人)だ。

・The young woman is not fully grown person.

その若い女性は完全に成長した大人(大の大人)ではない。

「大の大人」を使いこなそう

この記事では、「大の大人」の意味・使い方・類語などを説明しました。

大の大人は、「大の」「大人」の2つの言葉が組み合わさった言葉であり、「大の」がただ単に大きいという意味だけでなく、立派な、一人前の、という意味もあるのが、まず覚えておきたいポイントです。

そして、似たような表現として、「大の男」「一丁前」なども、それぞれの意味や、「大の大人」との違いなども、をしっかり知っておきましょう。

" /> 「大の大人」の意味や使い方は?例文や類語を元新聞記者がわかりやすく解説! – Study-Z
国語言葉の意味

「大の大人」の意味や使い方は?例文や類語を元新聞記者がわかりやすく解説!

この記事では「大の大人」について解説する。

端的に言えば、大の大人の意味は「立派な成人、一人前」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

元新聞記者で、ライター歴20年のトラコを呼んです。一緒に「大の大人」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/トラコ

全国紙の記者を7年。その後、雑誌や書籍、Webでフリーの記者などとして活動中。文字の正確さ、使い方に対するこだわりは強い。

「大の大人」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速、「大の大人」の意味や語源・使い方を、順番に見ていきましょう。

「大の大人」の意味は?

「大の大人」という言葉は、辞書や辞典には載っておらず、ネット上で検索してもその意味などは出てきません。

そこで、「大の」について調べてみると、次のような意味がありました。

1.大きな。りっぱな。一人前の。「大のおとなが涙を流す」
2.非常な。たいへんな。「大の仲良し」

出典:デジタル大辞泉(小学館)「だい-の【大の】」

「大の大人」という言葉について、まず「大の」というのは、大きな、立派な、一人前の、といった意味があります。

そして、「大人」には、うし、たいじん、だいにんなどの読み方やそれぞれの意味がある中で、「大人」(おとな)の場合は、成長して一人前になった人、一人前の年齢に達した人のことです。

「大の」「大人」を組み合わせると、立派な一人前の大人、という意味が最もしっくりきます。

「大の大人」の語源は?

次に。「大の大人」の語源を確認しておきましょう。

大の大人、この言葉の語源や由来については、はっきりとしたことはわかっていません。

ただ、とても、立派な、といった意味の「大の」が大人に付くことで、一人前であること、大人であることをさらに強調した用語となった、と考えられるでしょう。

\次のページで「「大の大人」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: