国語言葉の意味

「方々」の意味や使い方は?例文や類語を読書家Webライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「方々」について解説する。

端的に言えば方々の意味は「人々」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

幼少期から様々な分野の本を読み続け、知識を深めてきた川瀬を呼んだ。一緒に「方々」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ID: ↑パーツ内本文:76文字

ライター/川瀬

幼少期から多種多様な本を与えられて育ち、分からない言葉があれば辞書で引く癖がついていた。本を読み続けていく中で、細やかで表現力豊かな美しい日本語に魅了される。これまでの読書量を活かし、丁寧に言葉の意味を解説していく。

ID: ↑パーツ内本文:108文字

「方々」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

「ご来場の方々」や「方々探し回る」などで、一度は耳にしたことがある「方々」の正しい意味をご存じでしょうか。なんとなく、「人々」を表現する言葉というイメージがありますが、実は「3つ」の意味が存在します。それでは早速「方々」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

ID: ↑パーツ内本文:130文字

「方々」の意味は?

「方々」には、次のような意味があります。

ID: ↑パーツ内本文:20文字

1 (方方)「人々」の敬称。かたたち。「お世話になった—」

2 あちこちの貴人の部屋。 「あまたの御—を過ぎさせ給ひて」〈源・桐壺〉

3 いろいろの方角・場所。また、いろいろの方面の事柄。あちらこちら。ほうぼう。あれこれ。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「方々」

ID: ↑パーツ内本文:146文字

「方々」は大きく分けて3つの意味があります。

1つ目の意味は、「人々」を丁寧に敬語表現として表した「方々」です。尊敬の意味を含んだ、2人称となります。本来は複数の人を表す際に使われますが、1人に対しても用いることが出来るため覚えておきましょう。かしこまった席やビジネスシーンなどで用いられる事が多いです。

2つ目の意味は、「~がてら」「~を兼ねて」などのように、1つの事をするついでに他の事を表現する際に、接続詞として用いる「方々」になります。1つ目も2つ目も同様に、読み方は「かたがた」です。手紙などで、感謝の気持ちと他の事柄が共在している事を伝えたい際によく用いられます。

3つ目の意味は、いろいろな場所や方角を表す「方々」です。この意味の場合は「ほうぼう」と読みます。この意味での方々は、漢字で「方々」と書くより「ほうぼう」と、ひらがなで表現するのが一般的です。

ID: ↑パーツ内本文:387文字

「方々」の使い方・例文

「方々」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

ID: ↑パーツ内本文:47文字
次のページを読む
1 2 3
Share: