この記事では「一姫二太郎」について解説する。

端的に言えば一姫二太郎の意味は「第一子が女、第二子は男」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

自治体広報紙の編集を8年経験した弘毅を呼んです。一緒に「一姫二太郎」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/八嶋弘毅

自治体広報紙の編集に8年携わった。正確な語句や慣用句の使い方が求められるので、正しい日本語の使い方には人一倍敏感。

「一姫二太郎」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「一姫二太郎」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「一姫二太郎」の意味は?

「一姫二太郎」には、次のような意味があります。

一番目に女、二番目に男が生まれること(が育てやすいとされるので、子を持つ親の理想である、ということ)。

出典:新明解国語辞典第七版(三省堂)「一姫二太郎」

初めて母親になる人にとっては、子供は男女どちらであってもかわいいものです。しかし素人ママさんは子育ても大変でしょう。そのため第一子は女の子のほうが体も丈夫で病気になりにくく、そのうえ性格もおとなしいので育てやすいと一般的に言われています。そして育児の経験を積んだところで第二子に男の子を生む順番が理想とされているのです。そんな昔ながらの知恵が「一姫二太郎」ということわざの背景にあります。

なかには「一人の女の子と二人の男の子」の3人兄弟のことを言うと間違って覚えている人もいるようですが「一姫二太郎」にはそのような意味はありません。人数は関係ないのです。

「一姫二太郎」の語源は?

次に「一姫二太郎」の語源を確認しておきましょう。姫は女子一般のことを指しますが、なぜ男子だけ太郎と特定の名前がつけられているのでしょうか。その歴史は古く、786(延暦5)年から天皇の座にあった嵯峨天皇が第一皇子に「太郎」と命名したのが初見とされています。このことから第一子である息子つまり長男を表す言葉として「太郎」が定着したようです。また嵯峨天皇は長男のあとに生まれた子供にそれぞれ「次郎」「三郎」と名づけました。これが家父長制が幅を利かせていた武士の間で好んで使われるようになり、やがて広く一般に広がるようになりました。

\次のページで「「一姫二太郎」の使い方・例文」を解説!/

「一姫二太郎」の使い方・例文

「一姫二太郎」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、例えば以下のように用いられます。

1.君の子供は最初が女の子で次が男の子とは、うまく一姫二太郎と生み分けたね。
2.一姫二太郎と言うけど、親にしてみれば男女どちらでもかわいいものだよ。
3.あなたの最初の子供は女の子だったけど、一姫二太郎といって最初は女の子のほうが育児は楽だよ。

最近は少なくなりましたが、昔は大家族での生活が普通でした。そして会社勤務をするサラリーマンと比べて農家が多かったのも事実です。そうした環境のなかでは跡継ぎを生むことが結婚して婚家に入った女性の大きな仕事でした。

「嫁(か)して三年、子なきは去れ」などと非情な言葉もあったほど、女性にとっては子供を生むことがなによりも優先されていたのです。しかも跡継ぎは男性との風潮が一般的ななかで第一子が女の子だったら身のすくむほど辛い思いをしたことでしょう。そんなときに「最初は女の子のほうが育てやすい、次に男の子を生めばいいのだから」と慰める意味もあったようです。

「一姫二太郎」の類義語は?違いは?

image by iStockphoto

「一姫二太郎」に類義語はあるのでしょうか。よく「一姫二太郎三かぼちゃ」などと言いますが、これは松竹新喜劇の演目で、藤山寛美さん演じる三男をかぼちゃに見立てた人情喜劇です。またコメディアンの志村けんさんが亡くなるまで主演していた『志村魂(しむらこん)』では『一姫二太郎三かぼちゃ』を東京をはじめ、兵庫県、石川県金沢市、福井県など全国各地で公演し、人気を集めました。

そのほか「一姫二太郎三なすび」などといった言い方もありますが、これは初夢で見ると縁起がいいと言われている「一富士二鷹三茄子」からきた言葉遊びです。したがって厳密な意味での「一姫二太郎」の類義語はありません。

「一姫二太郎」の対義語は?

次に「一姫二太郎」の対義語を見ていきましょう。対義語と言うからには最初に男、次に女の順になっていればいいのですから、次の言葉が対義語と言えるのではないでしょうか。

\次のページで「「後先息子に中娘」」を解説!/

「後先息子に中娘」

「後先(あとさき)息子に中娘」は言葉のとおり、子供を持つなら3人で、最初と最後は男、真ん中は娘が理想という意味です。順序が「一姫二太郎」と逆ですから対義語と言えるのではないでしょうか。「後前(あとさき)息子に中娘」とも書きます。「一姫二太郎」が最初は女の子で二番目が男の子、三番目以降の子供の数には言及していないのに対し、「後先息子に中娘」では子供は3人がいいと人数まで限定しているところが違う点です。

「一姫二太郎」の英訳は?

image by iStockphoto

最後に「一姫二太郎」の英訳を見ていきましょう。よく似たフレーズですが微妙に違います。

その1「ideal to have a daughter first and son next」

「ideal to have a daughter first and son next」は日本語の「一姫二太郎」に相当する英語です。日本語に訳すと「最初に娘、次に息子を持つ(生む)のが理想的だ」となります。「ideal」は「理想的な」という意味です。洋の東西を問わず、このような考え方は普遍的なようですね。

その2「It's good to have a girl first and boy next」

「It's good to have a girl first and boy next」「最初に女の子、次に男の子が生まれるのがいい」となります。「ideal to have a daughter first and son next」とよく似た言葉です。

その3「The lucky man has a daughter for his first born」

「The lucky man has a daughter for his first born」も「一姫二太郎」によく似た言葉で「幸運な男は一人目に女の子を授かる」ということです。ただしこの英語では二番目には息子がいいという意味が抜けています。はっきりと「一姫二太郎」の意味を伝えたいなら、最後に「and a son next」をつけて「The lucky man has a daughter for his first born and a son next」とすればいいでしょう。

\次のページで「「一姫二太郎」を使いこなそう」を解説!/

「一姫二太郎」を使いこなそう

この記事では「一姫二太郎」の意味・使い方・類語などを説明しました。少々古い調査ですが、文化庁が2000(平成12)年に行った「国語に関する世論調査」では、本来の意味の「一人目は女の子、二人目は男の子」と答えた人が6割に上り、多くの人が正しく「一姫二太郎」の意味を理解していることがわかりました。ただ10代、50代の4割近くが「子供は女1人、男2人であるのが理想的」と間違った意味に捉えていました。働き盛りで常識も分別もある50代の理解度が低いのが気になります。正しい日本語を使うように努めてもらいたいものです。

" /> 【ことわざ】「一姫二太郎」の意味や使い方は?例文や類語を元広報紙編集者がわかりやすく解説! – Study-Z
国語言葉の意味

【ことわざ】「一姫二太郎」の意味や使い方は?例文や類語を元広報紙編集者がわかりやすく解説!

この記事では「一姫二太郎」について解説する。

端的に言えば一姫二太郎の意味は「第一子が女、第二子は男」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

自治体広報紙の編集を8年経験した弘毅を呼んです。一緒に「一姫二太郎」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/八嶋弘毅

自治体広報紙の編集に8年携わった。正確な語句や慣用句の使い方が求められるので、正しい日本語の使い方には人一倍敏感。

「一姫二太郎」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「一姫二太郎」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「一姫二太郎」の意味は?

「一姫二太郎」には、次のような意味があります。

一番目に女、二番目に男が生まれること(が育てやすいとされるので、子を持つ親の理想である、ということ)。

出典:新明解国語辞典第七版(三省堂)「一姫二太郎」

初めて母親になる人にとっては、子供は男女どちらであってもかわいいものです。しかし素人ママさんは子育ても大変でしょう。そのため第一子は女の子のほうが体も丈夫で病気になりにくく、そのうえ性格もおとなしいので育てやすいと一般的に言われています。そして育児の経験を積んだところで第二子に男の子を生む順番が理想とされているのです。そんな昔ながらの知恵が「一姫二太郎」ということわざの背景にあります。

なかには「一人の女の子と二人の男の子」の3人兄弟のことを言うと間違って覚えている人もいるようですが「一姫二太郎」にはそのような意味はありません。人数は関係ないのです。

「一姫二太郎」の語源は?

次に「一姫二太郎」の語源を確認しておきましょう。姫は女子一般のことを指しますが、なぜ男子だけ太郎と特定の名前がつけられているのでしょうか。その歴史は古く、786(延暦5)年から天皇の座にあった嵯峨天皇が第一皇子に「太郎」と命名したのが初見とされています。このことから第一子である息子つまり長男を表す言葉として「太郎」が定着したようです。また嵯峨天皇は長男のあとに生まれた子供にそれぞれ「次郎」「三郎」と名づけました。これが家父長制が幅を利かせていた武士の間で好んで使われるようになり、やがて広く一般に広がるようになりました。

\次のページで「「一姫二太郎」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: