この記事では「溜飲が下がる」について解説する。

端的に言えば溜飲が下がるの意味は「胸がすっきりする」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

今回は難関私大の文学部を卒業し、表現技法にも造詣が深い十木陽来を呼んです。一緒に「溜飲が下がる」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/十木陽来

難関私大の文学部卒ライター。現代文芸の表現技法を学びながら趣味で小説を書いたりもしてきた。その知識を使って様々な言葉の意味をわかりやすく丁寧に解説する記事を書いている。

「溜飲が下がる」の意味や語源・使い方まとめ

image by PIXTA / 48298230

皆さんは「溜飲が下がる」を正しく使えていますか? 「溜飲を晴らす」と言っている方も多く見受けられますが、実はこれは誤用なんです。「溜飲が下がる」は間違えて使っている人が多い慣用句であるといわれています。今日はこの記事を読むことで正しい意味と使い方を理解し、日常で活用してもらえると幸いです。

それでは早速「溜飲が下がる」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「溜飲が下がる」の意味は?

「溜飲が下がる」は「溜飲を晴らす」と間違えている人が多いと先ほど述べましたが、この慣用句はどういった意味を持つのでしょうか。辞書を紐解いてみると、次のような意味が書かれていました。

胸をすっきりさせる。不平・不満・恨みなどを解消して、気を晴らす。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「溜飲を下げる」

「溜飲が下がる」と「溜飲を下げる」はどちらも同じ意味です。「溜飲が下がる」とは「(むかむかやもやもやなどが)すっきりする」「気が晴れる」といった意味を持つ慣用句で、何かしらのネガティブな事象が解消されて心が晴れやかになる様を表しています。また、「気が晴れる」という意味と言葉を混同したためか、「溜飲を晴らす」という誤用が広まっているようです。

平成29年度に文化庁によって行われた『国語に関する世論調査』では、本来の言い方である「溜飲を下げる」を使用している人は37.4パーセント、本来の言い方ではない「溜飲を晴らす」を使用している人は32.9パーセントという調査結果が出ていました。逆転現象こそありませんが、本来の言い方ではない方が、本来の言い方と同じくらい広く使われている使われていることがわかりますね。データ自体は少し古いですが、現在においても認識についてはさほど変わりはないと思われ、今後誤用が更に広まって逆転するか否かが注目されることとなるでしょう。

「溜飲が下がる」の語源は?

次に「溜飲が下がる」の語源を確認しておきましょう。「溜飲」の読み方は「りゅういん」で、「留飲」と書くのは誤りです。これは消化不良や胸やけなどで胃の中に飲食物が溜まることで発生する酸性の胃液のことを指します。これがのどまで上がってくると相当な不快感を覚えてしまうのですが、これが下がるとすっきりすることから「溜飲が下がる」という慣用句が生まれました。こうした語源を理解すると、「溜飲を晴らす」ではなく「溜飲が下がる」が本来の言い方であることが理解できるでしょう。

\次のページで「「溜飲が下がる」の使い方・例文」を解説!/

「溜飲が下がる」の使い方・例文

それでは「溜飲が下がる」の正しい使い方を、例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

1.上司との会話はストレスばかり溜まってモヤモヤする場合が多いので、ビジネスマナーを無視していろいろな悪口を投稿したら、気分がせいせいして溜飲が下がった。
2.最近コロナがきっかけで初めて古文と漢文の講義を一部在宅で指導することになり不安だったが、最後の単語語彙力テストの添削も終わってようやく溜飲が下がった。
3.大学野球の試合は負け越していて鬱憤がおさまらない状態だったが、いずれ今までの経験を生かして相手を下すことができれば、選手たちの溜飲も下がることだろう。

例文はどれも嫌な気持ちを発散、もしくは悩みごとを解決することで気分が晴れやかになる様を表しています。また、自分に不利益を与える相手に対して逆にやり返してスッキリするニュアンスでもよく用いられますね。そのため文脈によってはネガティブな印象を受けてしまう可能性もあるため、使用する際には十分注意しましょう。

「溜飲が下がる」の類義語は?違いは?

image by PIXTA / 20999402

「溜飲が下がる」と似たような意味を持つ言葉はいくつかあります。ここではその一例をご紹介しましょう。

その1「気が晴れる」

「気が晴れる」とは「気持ちがすっきりする」という意味の慣用句です。この慣用句との混同で「溜飲が晴れる」という誤用が広まったとも考えられます。「溜飲が下がる」と似たような意味ではありますが、こちらはネガティブなことが解消もしくは解決したことを前提にしているのに対し、「気が晴れる」は因果に関係なく気分がすっきりした際に用いることが可能です。

\次のページで「その2「カタルシスを得る」」を解説!/

その2「カタルシスを得る」

「カタルシスを得る」とは心の中でもやもやしていた気持ちがすっきり解消されることを表す、外来語由来の慣用句です。「カタルシス」とはギリシャ語で「浄化」という意味であり、これを得るということは「心が浄化される=こころがすっきりする」ということでこのような表現が生まれました。

「溜飲が下がる」の対義語は?

image by PIXTA / 75199280

「溜飲が下がる」とは反対の意味を持つ言葉はいくつかあります。ここではその一例をご紹介しましょう。

「鬱憤が溜まる」

「鬱憤」の読み方は「うっぷん」であり、これは心の中に抑えている怒りや恨みのことを指します。「鬱憤が溜まる」とはそういった気持ちが積もっていることを表しており、「溜飲が下がる」状態とは対照的であることがわかりますね。

「溜飲が下がる」を使いこなそう

この記事では「溜飲が下がる」の意味・使い方・類語などを説明しました。皆さんは「溜飲が下がる」を正しく使えていたでしょうか? 「『下がる』と『晴らす』、どっちだったっけ?」と悩んでいた方も、この記事を読んで「溜飲が下がった」のであれば幸いです。Study-Zにはこの他にも言葉の意味を解説する記事がたくさん掲載されていますので、興味のある方はぜひ他の記事も読んでみてくださいね。

" /> 【慣用句】「溜飲が下がる」の意味や使い方は?例文や類語を文学部卒Webライターがわかりやすく解説! – Study-Z
国語言葉の意味

【慣用句】「溜飲が下がる」の意味や使い方は?例文や類語を文学部卒Webライターがわかりやすく解説!

この記事では「溜飲が下がる」について解説する。

端的に言えば溜飲が下がるの意味は「胸がすっきりする」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

今回は難関私大の文学部を卒業し、表現技法にも造詣が深い十木陽来を呼んです。一緒に「溜飲が下がる」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/十木陽来

難関私大の文学部卒ライター。現代文芸の表現技法を学びながら趣味で小説を書いたりもしてきた。その知識を使って様々な言葉の意味をわかりやすく丁寧に解説する記事を書いている。

「溜飲が下がる」の意味や語源・使い方まとめ

image by PIXTA / 48298230

皆さんは「溜飲が下がる」を正しく使えていますか? 「溜飲を晴らす」と言っている方も多く見受けられますが、実はこれは誤用なんです。「溜飲が下がる」は間違えて使っている人が多い慣用句であるといわれています。今日はこの記事を読むことで正しい意味と使い方を理解し、日常で活用してもらえると幸いです。

それでは早速「溜飲が下がる」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「溜飲が下がる」の意味は?

「溜飲が下がる」は「溜飲を晴らす」と間違えている人が多いと先ほど述べましたが、この慣用句はどういった意味を持つのでしょうか。辞書を紐解いてみると、次のような意味が書かれていました。

胸をすっきりさせる。不平・不満・恨みなどを解消して、気を晴らす。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「溜飲を下げる」

「溜飲が下がる」と「溜飲を下げる」はどちらも同じ意味です。「溜飲が下がる」とは「(むかむかやもやもやなどが)すっきりする」「気が晴れる」といった意味を持つ慣用句で、何かしらのネガティブな事象が解消されて心が晴れやかになる様を表しています。また、「気が晴れる」という意味と言葉を混同したためか、「溜飲を晴らす」という誤用が広まっているようです。

平成29年度に文化庁によって行われた『国語に関する世論調査』では、本来の言い方である「溜飲を下げる」を使用している人は37.4パーセント、本来の言い方ではない「溜飲を晴らす」を使用している人は32.9パーセントという調査結果が出ていました。逆転現象こそありませんが、本来の言い方ではない方が、本来の言い方と同じくらい広く使われている使われていることがわかりますね。データ自体は少し古いですが、現在においても認識についてはさほど変わりはないと思われ、今後誤用が更に広まって逆転するか否かが注目されることとなるでしょう。

「溜飲が下がる」の語源は?

次に「溜飲が下がる」の語源を確認しておきましょう。「溜飲」の読み方は「りゅういん」で、「留飲」と書くのは誤りです。これは消化不良や胸やけなどで胃の中に飲食物が溜まることで発生する酸性の胃液のことを指します。これがのどまで上がってくると相当な不快感を覚えてしまうのですが、これが下がるとすっきりすることから「溜飲が下がる」という慣用句が生まれました。こうした語源を理解すると、「溜飲を晴らす」ではなく「溜飲が下がる」が本来の言い方であることが理解できるでしょう。

\次のページで「「溜飲が下がる」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: