国語言葉の意味

【ことわざ】「雨後の筍」の意味や使い方は?例文や類語を現役塾講師がわかりやすく解説!

この記事では「雨後の筍」について解説する。

端的に言えば「雨後の筍」の意味は「物事が相次いで起こること」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

語学好き・英語好き・読書好きなライターくふを呼んです。一緒に「雨後の筍」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/くふ

語学好き・英語好き・読書好きなライター。学習塾での経験を活かし分かりやすく丁寧な解説をお届けする。

「雨後の筍」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「雨後の筍」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「雨後の筍」の意味は?

「雨後の筍」には、次のような意味があります。辞書や辞典で正確な内容を確認しましょう。

1.物事が相次いで現れることのたとえ

出典:デジタル大辞泉(小学館)「雨後の筍」

竹林の中でぐんぐんと勢いよく伸びているたくさんの「筍」。今回は「筍」の特徴をうまく活用した「雨後の筍」ということわざをご紹介しましょう。「雨後の筍」とは「同じようなものごとが次々と現れていくことのたとえ」の意。読み方は「うごのたけのこ」です。「似たようなものごとが次から次へと起こる場面」を説明することわざですよ。「筍が成長していく過程の早さ」を「子どもの成長が早いこと」という間違った意味で使われていることが多い言葉です。正しい意味を理解し誤用に注意しましょう。

「雨後の筍」の語源は?

次に「雨後の筍」の語源を確認しておきましょう。「雨後の筍」の由来には「筍」の特性が深く関係しています。「筍」という漢字は「竹冠(たけけんむり)」に「旬(しゅん)」と書きますね。「旬」とは「10日間」の意。「筍」はたった10日ほどで「竹」へと成長してしまい、食べることができなくなってしまう成長の早い植物であることを漢字で示していますよ。

また、「雨が降った後はたくさんの筍がぐんぐんと成長していく様子」から派生して「雨後の筍」=「同じような物事が次から次へと出現するさま」を示すようになったと考えられていますよ。「雨後の筍」の語源と「筍」の特徴を学ぶことが出来ましたね。

\次のページで「「雨後の筍」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: