国語言葉の意味

「目配せ」は「目配り」と何が違う?意味・使い方・類義語などを日本放送作家協会会員が解説

「目遣(めづか)い」:目で合図すること

「目遣い」「目で合図すること」と「物を見るときの目の動かし方」という意味があります。「彼がいることを目遣いで知らせる」という使い方をしますよ。ちなみに「上目遣(うわめづか)い」は、「顔は動かさないで、目だけを上に向けて相手を見ること」です。

「目引き袖ひき」:声を出さずに自分の意志を相手に伝える

「目引き袖引き」「めひきそでひき」と読みます。意味は「声を出さずに、目で合図したり袖を引いたりすることで、自分の意志を相手に伝えること」です。似た言葉で「目引き鼻引き」もあります。こちらは「目付きや鼻先で合図して、自分の意志を相手に伝えること」ですよ。

「アイコンタクト」:目で合図する

「アイコンタクト」は「人同士が話をしているときに目と目を合わせること」を意味しており、言葉以外のコミュニケーション方法のひとつです。特にスポーツでは、「目と目で合図を送って意志疎通すること」を指しています。

例えば球技で、ボールを持っていない選手がパスを欲しいときにボールを持っている選手に目で意志を伝えたり、ボールを持っている選手が持っていない選手にパスを送ることを視線で伝えようとしたりすることです。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

球技などで高度な連携プレーができる選手たちは、アイコンタクトなしでも意志を伝えあうことが可能だ。アイコンタクトを送った選手にパスすると見せかけて、ノールックで別の選手にパスするのだ。アイコンタクトを利用したフェイントだな。そんなプレーができると最高に「cool」だ。

「目配せ」の英訳は?

image by iStockphoto

英語では「目配せ」をどのように表現するか見ていきましょう。

「wink」:目配せ

「winkは名詞では「まばたき」「目配せ」、動詞では「まばたきする」「ウインクする」「(光が)高速に点滅する」「(星が)きらめく」という意味です。

A nod is as good as a wink to a blind horse.
盲馬にはうなずいても目配せしても同じことだ。

\次のページで「「exchange glances」:視線を交わす」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: