この記事では「両手に花」について解説する。

端的に言えば、両手に花の意味は「二つのよいものを同時に手に入れることのたとえ」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

元新聞記者で、ライター歴20年のトラコを呼んです。一緒に「両手に花」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/トラコ

全国紙の記者を7年。その後、雑誌や書籍、Webでフリーの記者などとして活動中。文字の正確さ、使い方に対するこだわりは強い。

「両手に花」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速、「両手に花」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「両手に花」の意味は?

「両手に花」には、次のような意味があります。

二つのよいものを同時に手に入れることのたとえ。また、一人の男性が同時に二人の女性を連れていることのたとえ。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「両手(りょうて)に花(はな)」

「両手に花」は、二つのよいものを、同時に手に入れることに対する例えで使われます。ものは、人の場合や物の場合、さまざまです。

現在よく使われるシーンが、1人の男性が同時に2人の女性を連れている時。逆に、1人の女性が2人の男性を連れている時などは、あまり使われません。「花」という表現が、どちらかというと女性をイメージするからです。

「両手に花」の語源は?

次に、「両手に花」の語源を確認しておきましょう。

まず、「両手」は「二つのもの」と「二人」の2つの意味があるとされます。そして、「花」は「きれいなもの」「素晴らしいもの」「よいもの」「女性」といった意味。そのため「両手に花」をことわざで使う場合、大きく2つの意味合いがあります。

特に昔、「花」というと「梅」と「桜」をさすのが一般的で、見た目の美しさと素晴らしい香りから、美しいもののたとえでした。そのため、和歌や俳句などに多く取り入れられてきました。

「両手に花」の由来、その1つが、平安時代の末に編集された『後拾遺和歌集(ごしゅういわかしゅう)』の「梅が香を 桜の花に にほわせて 柳が枝に さかせてしがな」という説があります。

\次のページで「「両手に花」の使い方・例文」を解説!/

「両手に花」の使い方・例文

次に、「両手に花」の使い方を、例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

1.人気映画に出演する人気男優は、美人の女性2人に左右を囲まれて独り占めし、まさに両手に花だった。
2.奈良時代、桜より梅が人気だった証拠が「万葉集」に見られる。
3.祖父は若かりし頃、身近で女性に人気で、両手に花だったという話を最近聞いた。

例文1は、両手に花の「花」が美しい人(女性)との意味で使われています。例文3も、同様です。両手に花というと、男性が2人の女性に囲まれている様子を表現するのによく用いられます。

そして、例文2は、梅を観賞する文化は、奈良時代、遣唐使が唐から持ち帰り、それを貴族らが愛でたことに関しての表現。「万葉集」には、桜よりも梅が和歌に登場することが多く、その数100句以上あります。梅の花の香りは「梅が香」といい、古くから人気です。

「両手に花」の類義語は?違いは?

image by iStockphoto

次に、「両手に花」の類義語(類語)を見ていきましょう。

類義語として、例えば、梅と桜を両手に持つ両の手に花と紅葉両手に旨いもの盆と正月が一緒に来たよう、などがあります。

その1「梅と桜を両手に持つ」

梅と桜を両手に持つ」の意味は、よいものを左右の手に持つ、ということで、よいことの上によいことがあることです。

昔は、梅と桜が、花の中では二大人気であり、美しいものやよいものへのたとえでよく使われました。

\次のページで「その2「両の手に花と紅葉」」を解説!/

その2「両の手に花と紅葉」

両の手に花と紅葉」も、両手に花の類語です。

意味は同様で、二つのよいものを同時に手に入れること。紅葉も、美しいもののたとえで使われます。

その3「両手に旨いもの」

両手に旨いもの」も、両手に花、梅と桜を両手に持つ、などと同じ意味を持つ類義語です。

旨いは「甘い」ともいい、いずれも「うまい」と読み、よい、すぐれているという意味。日本は古来から、甘みが美味しいとされ、特に果実をさし、果実が熟して甘くなる、熟(う)む=旨いとなったと考えられます。

その4「盆と正月が一緒に来たよう」

「盆と正月が一緒に来たよう」という表現も、両手に花の類義語です。

お盆と正月は、1年のうちで最もにぎやかで、最も慌ただしい時期。その二つが同時に来るから、忙しくて賑やかという意味になります。

他の表現として、盆と正月が一時に来たよう、盆と正月が一度に来たよう、盆と祭りが一緒に来たよう、など。

「両手に花」の対義語は?

続いて、「両手に花」の対義語について。

「両手に花」が、男性が両手に花のように美しい女性に囲まれているのに対しての言葉が「両手に蜜蜂」と言われます。ただ、昔からあることわざ・慣用句ではなく、造語の可能性があるので注意。意味は、女性が両手に、まるで蜜蜂のごとく貢いでくれる男性のことを指すとのこと。

その他、女性が2名以上ではない表現として「紅一点」などがあります。

「紅一点」

紅一点」には2つの意味があります。1つは、多くものの中で、ただ1つ、異彩を放っているもの。もう1つは、多くの男性の中で、ただ1人でいる女性です。

言葉の由来は、王安石『詠柘榴』の「万緑叢中((そうちゅう) 紅一点」から。一面の緑の中に、一輪の紅色の花が咲いているという意味で使われました。

「両手に花」の英訳は?

image by iStockphoto

さらに、「両手に花」の英訳を見ていきましょう。

両手に花、を英語に訳すと、two blessings at onceflanked by two beautiful women などが、主に挙げられます。

\次のページで「「two blessings at once」」を解説!/

「two blessings at once」

「両手に花」を表現する英語は、とても多くあります。その1つ、two blessings at once は、直訳すると、一度に2つの花、という意味。他の英語表現も、ほぼ同様の意味です。

例文を見ていきましょう。

・He is doubly favored.

彼は両手に花状態だ(両側に美人を置く、という意味)

・The man seated between pretty women.

その男性は美しい女性の間に座り、両手に花だった。

・It's nice to have a pretty women on each arms.

両手に花の、素晴らしい環境。

「両手に花」を使いこなそう

この記事では、「両手に花」の意味・使い方・類義語などを説明しました。

両手に花の意味は、二つの良いものや人が、同時に手に入ることです。この「花」が、梅と桜、しかも奈良時代には梅のほうが人気があった歴史もありました。

一般的には、男性が女性に囲まれる時の表現で、よく使われます。正しい使い方や意味、ぜひしっかり覚えておきましょう。

" /> 【ことわざ】「両手に花」の意味や使い方は?例文や類語を元新聞記者がわかりやすく解説! – Study-Z
国語言葉の意味

【ことわざ】「両手に花」の意味や使い方は?例文や類語を元新聞記者がわかりやすく解説!

この記事では「両手に花」について解説する。

端的に言えば、両手に花の意味は「二つのよいものを同時に手に入れることのたとえ」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

元新聞記者で、ライター歴20年のトラコを呼んです。一緒に「両手に花」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/トラコ

全国紙の記者を7年。その後、雑誌や書籍、Webでフリーの記者などとして活動中。文字の正確さ、使い方に対するこだわりは強い。

「両手に花」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速、「両手に花」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「両手に花」の意味は?

「両手に花」には、次のような意味があります。

二つのよいものを同時に手に入れることのたとえ。また、一人の男性が同時に二人の女性を連れていることのたとえ。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「両手(りょうて)に花(はな)」

「両手に花」は、二つのよいものを、同時に手に入れることに対する例えで使われます。ものは、人の場合や物の場合、さまざまです。

現在よく使われるシーンが、1人の男性が同時に2人の女性を連れている時。逆に、1人の女性が2人の男性を連れている時などは、あまり使われません。「花」という表現が、どちらかというと女性をイメージするからです。

「両手に花」の語源は?

次に、「両手に花」の語源を確認しておきましょう。

まず、「両手」は「二つのもの」と「二人」の2つの意味があるとされます。そして、「花」は「きれいなもの」「素晴らしいもの」「よいもの」「女性」といった意味。そのため「両手に花」をことわざで使う場合、大きく2つの意味合いがあります。

特に昔、「花」というと「梅」と「桜」をさすのが一般的で、見た目の美しさと素晴らしい香りから、美しいもののたとえでした。そのため、和歌や俳句などに多く取り入れられてきました。

「両手に花」の由来、その1つが、平安時代の末に編集された『後拾遺和歌集(ごしゅういわかしゅう)』の「梅が香を 桜の花に にほわせて 柳が枝に さかせてしがな」という説があります。

\次のページで「「両手に花」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: