国語言葉の意味

「不敵」の意味や使い方は?例文や類語を字幕席作者がわかりやすく解説!

その2「daring」

daring」という単語にも「不敵」の意味合いがあります。助動詞、もしくは動詞形の「dare(あえて〜する)」は、おなじみですね。この「dare」の名詞形が「daring」。形容詞として用いることもできます。「物事をあえて実行する」という意味合いが「不敵」に対応していることが分かるでしょう。

1.The female pop idol had a fearless attitude to the distinguished actor.
その女性アイドルは、大御所俳優に対して大胆不敵な態度をとった。

2.When he was young, he was daring.
若い頃の彼は、大胆不敵だった。

「不敵」を使いこなそう

この記事では「不敵」の意味・使い方・類語などを説明しました。メンタルに疾患を抱える人が多い現代社会において、ものおじすることなく行動できる人というのは貴重ともいえる存在かもしれません。周りの空気をきちんと読みつつ、必要な場面では「大胆不敵」になる。そんなバランスのよい行動が取れれば理想的ですね。

1 2 3 4
Share: