国語言葉の意味

「怯懦」の意味や使い方は?例文や類語を元予備校校舎長が解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「怯懦」について解説する。

端的に言えば怯懦の意味は「臆病な様子」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

元予備校校舎長で教育系ライターのみゆなを呼んだ。一緒に「怯懦」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/みゆな

元大手予備校校舎長、現在は教育系のライター。国語、特に現代文の指導経験が豊富。難解な言葉や表現を中高生がスラスラ理解できるように解説するのが大得意。

「怯懦」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

怯懦」は読みにくく難しい表現ですね。読み方は「きょうだ」で、「きょうじゅ」ではありません。「怯」は「怯える(おびえる)」と訓読みしますが、「懦」はどんな意味なのでしょうか。今回は「怯懦」についてわかりやすく解説します。小説を書くのが趣味という人は、知っていると文章表現の幅が広がりますよ。

それでは早速「怯懦」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「怯懦」の意味は?

「怯懦」には、次のような意味があります。

臆病で気が弱いこと。いくじのないこと。また、そのさま。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「怯懦」

怯懦」は「臆病、すぐに怖がったりためらったりする様子」を表す言葉です。臆病で気が弱いゆえに、辛いことや困難を乗り越える気力がない、意志が弱いという意味に使われることもあります。基本的に欠点や短所を言すため、良い意味で用いられることはありません。

ちなみに中国語にも「怯懦」という熟語があります。読み方は「qiènuò(チエンウォ)」で、日本語同様「臆病である、困難を恐れる」という意味です。

「怯懦」の語源は?

次に「怯懦」の語源を確認しておきましょう。

「怯」は「こわがる、おじける、ひるむ、おそれる、いくじがない、臆病である」といった意味を持っています。「懦」は「よわい、気がよわい、いくじがない」という意味です。同じ意味をもつ漢字が2つ重なってできたのが「怯懦」であり、漢字がお互いに意味を強め合っています。

「怯懦」の使い方・例文

「怯懦」の使い方を例文を使って見ていきましょう。「怯懦」は「形動詞」と言って動詞の形が変化して形容詞の働きをするようにつかわれることが多い言葉です。実際の例文を見ていくと、使い方がよくわかりますよ。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: