国語言葉の意味

「見くびる」の意味や使い方は?例文や類語をたくさんの文章を扱ってきたライターがわかりやすく解説!

この記事では「見くびる」について解説する。

端的に言えば見くびるの意味は「見下す」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

大手企業に35年以上勤務し仕事でたくさんの文章を扱ってきたKAIKAIを呼んです。一緒に「見くびる」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/KAIKAI

東京の大手企業に35年以上勤務し、仕事でたくさんの文章を扱てきた経験を持つ。学生時代から国語が得意で言葉の意味には自信あり。

「見くびる」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「見くびる」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「見くびる」の意味は?

「見くびる」には、次のような意味があります。

軽視する。あなどる。見下げる。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「見くびる」

「見くびる」は、あるものや人が大したことがないと過小評価して軽蔑する意味になります。マイナスなイメージがあり、いい意味で使われる言葉ではありません。漢字では「見縊る」と書きます。「縊る」とは、「絞め殺すこと」の意味があり、「~を見くびる」という表現でよく使われるのです。相手の能力を軽く見たうえで、手抜きをして自分の実力を最大限に発揮しない場合に使われます。

「見くびる」の語源は?

次に「見くびる」の語源を確認しておきましょう。

「見くびる」は「見縊る」と漢字で書きますが、「縊る」とは「首を絞めて殺す」とか「絞首刑をする」という意味になります。これが転じて見た瞬間に馬鹿にして相手のことを捨て去るというニュアンスで使われるようになりました。

\次のページで「「見くびる」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: