国語言葉の意味

「鼻高々」の意味や使い方は?例文や類語を字幕制作者がわかりやすく解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「鼻高々」について解説する。

端的に言えば鼻高々の意味は「得意げな様子」のことだが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

ドラマやアニメなど、数多くの映像字幕を作成した経験があるNagiを呼んだ。一緒に「鼻高々」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/Nagi

映像翻訳スクール出身。翻訳、チェッカー以外にも、CC字幕(クローズドキャプション)の制作多数。言葉を文字で表現する「字幕」の世界に数多く触れてきた経験を活かして、分かりやすく解説する。

「鼻高々」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

「鼻高々(はなたかだか)」は、誰もが一度は耳にしたことがある表現だと思います。使ったことがないという人も、この表現が持つ意味合いは容易にイメージできるでしょう。「鼻高々」は「鼻高高」と書くこともできます。

それでは早速「鼻高々」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「鼻高々」の意味は?

まずは、国語辞典に記載されている意味を見てみましょう。「鼻高々」には、次のような意味があります。

1.[形動][文][ナリ]いかにも得意そうであるさま。

2.[副]得意そうに。自慢げに。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「鼻高高」

「鼻高々」とは、自慢げな様子や得意げな表情を比喩的に表現している言葉です。実際の鼻の高さは無関係。ベースになっているのは主観的な印象です。辞書の説明に「得意そう」という言葉が入っていることからも分かりますね。状況によっては「慢心している」「うぬぼれている」といったネガティブな意味合いを含むこともあります

フォーマルな文章では「々」の使用は控えたほうが良いとも言われています。そのため、多くの辞書が「鼻高々」ではなく「鼻高高」のほうを記載しているようです。

「鼻高々」の語源は?

次に「鼻高々」の語源を確認しておきましょう。

人は自信がないと目線が落ちてうつむきがちになるもの。反対に、自信がある時は目線もアゴも上がります。アゴが上がると鼻の位置もいつもより高くなりますよね。このことから、得意そうな様子や表情のことを「鼻高々」と表現するようになったのではないかと言われています。さらに「高高(高々)」と同じ語を繰り返すことで、得意げな様子がより強調されているのです。

ちなみに「繰り返し符号(記号)」である「々」は、片仮名の「ノ」と「マ」を組み合わせたように見えることから「ノマ」とも呼ばれています。おもしろいですね。

\次のページで「「鼻高々」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: