この記事では「講釈」について解説する。

端的に言えば講釈の意味は「説明すること」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

元国語科教員のminを呼んです。一緒に「講釈」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/min

高等学校の国語科教員として、授業や受験対策、小論文の講座を3年間経験。主に現代文を担当し、言葉に関する指導を幅広く経験してきた。現在はWebライターを目指して勉強中。

「講釈」の意味や語源・使い方まとめ

image by PIXTA / 73717237

それでは早速「講釈」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「講釈」の意味は?

「講釈」には、次のような意味があります。

こう‐しゃく〔カウ‐〕【講釈】
[名](スル)
1 書物の内容や語句の意味などを説明すること。
2 物事の道理や心得などを説いて聞かせること。また、その説明。
3 江戸時代、客を集めて軍記物を読み聞かせたもの。明治以後の講談のもと。
4 「講釈師」の略。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

「こうしゃく」と読み、主に「文章や語句の意味を説明すること」や「物の通りなどを説いて聞かせること」という意味があります。現代ではこちらの意味で使用されることがほとんどです。

その他の意味として、江戸時代にお客さんを集め、軍書や軍記物を朗読して読み聞かせることを「講釈」と呼んでいました。そして読み聞かせを行う人は「講釈師」または「講釈」と呼ばれます。1から4までしっかり意味を理解しておきましょう。

「講釈」の熟語の構成は?

次に「講釈」の熟語の構成を確認して、さらに理解を深めておきましょう。

熟語を構成している漢字をみてみると、「」は「講習」「講義」などで用いられる通り「説明する」「説く」「意味を明らかにする」という意味を持ち、「」は「解釈」「注釈」のように「解き明かす」「もつれを解く」という意味を持っています。この2つが合わさり「意味を説明する」「説いて聞かせる」を示す熟語になっているのです。意味の説明でも述べた通り、もともとは軍記物を朗読する演芸のことを「講釈」と呼んでいましたが、今では漢字の意味をなぞらえた「説明すること」「説いて聞かせること」という意味でよく用いられます。

\次のページで「「講釈」の使い方・例文」を解説!/

「講釈」の使い方・例文

「講釈」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

1.教授の講釈はわかりやすいが長くなりがちだ。
2.彼女は学生たちに、国際的な視点から講釈を行なった。
3.江戸時代に寄席演芸として披露されていた「講釈」について研究する。

「文章や語句の意味を説明すること」「物の道理などを説いて聞かせること」という意味の「講釈」の場合は、1と2のような形で使われます。動詞にしたい場合は「講釈する」「講釈を行う」など、動詞を補いましょう。


3のような場合には、江戸時代特有の軍記物朗読の「講釈」として意味を解釈する必要があります。どちらの使われ方も理解しておきましょう。

「講釈」の類義語は?違いは?

image by PIXTA / 34856276

次に、「講釈」に関連する類義語をいくつか紹介していきます。

その1「説く」

「説明する」という意味での「講釈する」を言い換えるときにふさわしいのが、この「説く」という動詞です。「説く」は「物の通りを相手によくわかるように言って聞かせる」という意味で、「講釈する」の「物事の道理や心得などを説いて聞かせる」という意味と共通しています。

特にどちらにも共通している点としては、ただ「説明する」というだけではなく、「よくわかるように」「筋道立てて」説明するというニュアンスが含まれていることです。「相手に伝わるように」「理解してもらえるように」丁寧に言って聞かせるイメージを持っておくと良いでしょう。

\次のページで「その2「講談」」を解説!/

その2「講談」

講談」は江戸時代に寄席演芸として行われていた「講釈」の類義語です。

江戸時代に行われていた軍記物朗読は、明治時代になって更に発展した歴史があります。明治時代にはただ朗読するだけではなく、卓を扇で叩いて調子をつけながら、エンターテイメントとして更にお客さんから愛されるものとなってきました。語られる内容も軍記だけでなく、逸話や武勇伝など更に幅広いものとなっていたそうです。この様に明治時代以降に「講釈」のあり方が変わっていったことに伴い、呼び名も「講談」に変わっていきました。

つまり、江戸時代は「講釈」、明治以降は「講談」と覚えておきましょう。現代でも歴史小説やドラマが人気があるように、当時もたくさんの人に愛されるものだったことがわかりますね。

その3「漫談」

その2で紹介した「講釈」「講談」の類義語として「漫談」という言葉も紹介します。

「漫談」も大正時代から広まっていった演芸の一種です。当時は世相や人情の批評、社会風刺を滑稽に語る芸として愛されていました。話の内容にかかわらず「取り止めのない話」を指す場合もあります。同義ではありませんが、「講釈」や「講談」と似たジャンル演芸の一つとして、合わせて頭に入れておいてください。

「講釈」の対義語は?

「講釈」は「説明すること」を指す言葉ですので、基本的に対義語の概念は存在しないでしょう。語句の意味、類義語、そしてこれから紹介する英訳をしっかり理解しておくようにしてください。

「講釈」の英訳は?

image by PIXTA / 74049246

最後に、「講釈」の英語表現について説明していきます。

講釈は英語で「lecture」

「説明すること」という意味では「lecture」という単語で訳すのが一般的です。「lecture」は「講義」「講演」「説教」「説諭」など、人に何かを教えたり、説明したりする行為に対して幅広く対応しています。そのため、「講釈」の英訳としても使うことができるでしょう。名詞としても使うことができますし、そのまま動詞としても使用可能です。

また、軍記物の朗読を指す「講釈」を英訳する必要がある場合は、「tell a story」のように、「物語を伝える」という日本語に言い換えてから英訳を考えると良いでしょう。

以下に例文を用意していますので、ぜひチェックしてみてください。

She gave a lecture to her students.
彼女は学生たちに講釈を行なった。

He has begun his usual lecturing again.
また彼のいつもの長い講釈が始まった

I have some questions about yesterday’s lecture.
昨日の講釈について質問があります。

\次のページで「「講釈」を使いこなそう」を解説!/

「講釈」を使いこなそう

この記事では「講釈」の意味・使い方・類語などを説明しました。

江戸時代から用いられていた歴史のある言葉です。現代では同義の別の言葉に比べて使用頻度が低いかと思いますが、歴史物や近代文学などが好きな人は、文章の中にこの言葉と遭遇することもあるかもしれません。この機会に意味を覚えて、更なる語彙力向上を目指していきましょう。

" /> 「講釈」の意味や使い方は?例文や類語を元国語科教員がわかりやすく解説! – Study-Z
国語言葉の意味

「講釈」の意味や使い方は?例文や類語を元国語科教員がわかりやすく解説!

この記事では「講釈」について解説する。

端的に言えば講釈の意味は「説明すること」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

元国語科教員のminを呼んです。一緒に「講釈」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/min

高等学校の国語科教員として、授業や受験対策、小論文の講座を3年間経験。主に現代文を担当し、言葉に関する指導を幅広く経験してきた。現在はWebライターを目指して勉強中。

「講釈」の意味や語源・使い方まとめ

image by PIXTA / 73717237

それでは早速「講釈」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「講釈」の意味は?

「講釈」には、次のような意味があります。

こう‐しゃく〔カウ‐〕【講釈】
[名](スル)
1 書物の内容や語句の意味などを説明すること。
2 物事の道理や心得などを説いて聞かせること。また、その説明。
3 江戸時代、客を集めて軍記物を読み聞かせたもの。明治以後の講談のもと。
4 「講釈師」の略。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

「こうしゃく」と読み、主に「文章や語句の意味を説明すること」や「物の通りなどを説いて聞かせること」という意味があります。現代ではこちらの意味で使用されることがほとんどです。

その他の意味として、江戸時代にお客さんを集め、軍書や軍記物を朗読して読み聞かせることを「講釈」と呼んでいました。そして読み聞かせを行う人は「講釈師」または「講釈」と呼ばれます。1から4までしっかり意味を理解しておきましょう。

「講釈」の熟語の構成は?

次に「講釈」の熟語の構成を確認して、さらに理解を深めておきましょう。

熟語を構成している漢字をみてみると、「」は「講習」「講義」などで用いられる通り「説明する」「説く」「意味を明らかにする」という意味を持ち、「」は「解釈」「注釈」のように「解き明かす」「もつれを解く」という意味を持っています。この2つが合わさり「意味を説明する」「説いて聞かせる」を示す熟語になっているのです。意味の説明でも述べた通り、もともとは軍記物を朗読する演芸のことを「講釈」と呼んでいましたが、今では漢字の意味をなぞらえた「説明すること」「説いて聞かせること」という意味でよく用いられます。

\次のページで「「講釈」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: