国語言葉の意味

「凄む」の意味や使い方は?例文や類語を元国語科教員がわかりやすく解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「凄む」について解説する。

端的に言えば凄むの意味は「おどすような態度をとる」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

元国語科教員のminを呼んだ。一緒に「凄む」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/min

高等学校の国語科教員として、授業や受験対策、小論文の講座を3年間経験。主に現代文を担当し、言葉に関する指導を幅広く経験してきた。現在はWebライターを目指して勉強中。

「凄む」の意味や語源・使い方まとめ

image by PIXTA / 69713836

それでは早速「凄む」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「凄む」の意味は?

「凄む」には、次のような意味があります。

すご・む【▽凄む】
[動マ五(四)]人をおどすような言葉や態度をとる。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

人を脅すような様子を見せること」を「凄む(すごむ)」と言います。

具体的に言うと「おどし」のように、他人に思い通りの行動をさせるために威圧感を持って迫ることを指す言葉です。「凄い」というと褒め言葉ですが、「凄む」の場合は上記のような全く違う意味になりますので、注意しましょう。

また、「迫力がある」という意味の褒め言葉として使われていることがあるかもしれませんが、実際「凄む」にはそうした意味はなく、よくある誤用になりますので、こちらも注意してくださいね。

「凄む」の語源は?

次に「凄む」の語源を確認しておきましょう。ここでは、漢字に着目して解説していきます。

」という漢字は「セイ」と読む漢字です。ややこしいですが、「凄」の部首「にすい」を「さんずい」に変えた「(セイ)」という別の漢字が存在します。こちらの漢字は多義を持ちますが、その中でも「寒気がする」という意味を強調した漢字が「」であると考えられているのです。

部首である「にすい」はを表現していると言われており、「寒気がする」という意味を更に添える部首となっています。そんな漢字を用いた「凄む」は、「人に寒気がするような思いをさせる」という意味合いで解釈することができるでしょう。

\次のページで「「凄む」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: