今回は、「ルネ・デカルトの功績」について解説していきます。

ルネ・デカルトは、17世紀に活躍した哲学者です。哲学と聞くと、数学や物理学との関連性は低いように思われる。ですが、デカルトは数学や物理学といった分野においても成果を残している。デカルトの発想は、現代でも通用するほど先進的なものだったぞ。ぜひこの機会に、ルネ・デカルトの功績について学んでくれ。

塾講師として物理を高校生に教えていた経験もある通りすがりのぺんぎん船長と一緒に解説していきます。

ライター/通りすがりのペンギン船長

現役理系大学生。環境工学、エネルギー工学を専攻しており、物理学も幅広く勉強している。塾講師として物理を高校生に教えていた経験から、物理の学習において、つまずきやすい点や勘違いしやすい点も熟知している。

ルネ・デカルトについて知ろう!

image by iStockphoto

デカルトと聞くと、多くの方が「われ思う故に我あり」という名言を思い浮かべるのではないでしょか。この言葉は、哲学史上で最も有名なものであると言っても過言ではありません。このように、哲学者として名をはせたデカルトですが、実は哲学以外の分野でも大きな実績を残しているのです

デカルトは数学や物理学の分野でも大きな成果をあげています。そして、これらの成果は現代の科学にも多大な影響をもたらしていますよ。今回は、数学や物理学を軸として、デカルトの人生や学者としての実績について解説していきますね

哲学者としてのデカルトについての説明は多くの書籍などでなされています。歴史の教科書でも、哲学の視点に立ったデカルトの解説が登場しますよね。ですが、数学や物理学の視点に立った解説は多くはありません。ですから、この記事を読むと、デカルトについて新しい発見ができるかもしれませんよ

デカルトのプロフィール

ルネ・デカルトは、1596年にフランスで生まれました母親は生後間もないうちに亡くなり、デカルトは祖母に育てられています。また、父親はフランスの司法機関で働いていました

学生時代に多くの学問に興味を持ったデカルトは、学者の道を選びます。デカルトの論文や著作物は多数存在していますよ。『方法序説』・『哲学原理』・『情念論』・『精神指導の規則』などの本がデカルトの代表作です。

さらに、デカルトは方法的懐疑や明晰判明といった新たな概念を打ち出し、西洋哲学を大きく前進させていますこれらの考え方は後にヨーロッパだけでなく東洋などにも広がり、今ではデカルトは世界的に有名な人物となっていますよね

\次のページで「デカルトの学問との出会い」を解説!/

デカルトの学問との出会い

学生時代には、デカルトはスコラ哲学を中心に、論理学・自然学などを学びました。ですが、スコラ哲学はキリスト教の神学の予備学とされており、その非厳密性からデカルトはスコラ哲学に対して懐疑が生まれるようになります

このようなことがきっかけとなり、デカルトは信仰によって真理にたどり着こうとするスコラ哲学ではなく、人間の理性によって心理にたどり着こうとする近代哲学を提唱するようになりますよ。また、厳密性を重視するデカルトは数学や物理学、論理学に興味を持っていました

デカルトの成果

デカルトの成果

image by Study-Z編集部

デカルトは様々な分野で多数の実績を残していますよ。それらの中には、数学や物理学を学ぶ際に重要となる考え方や概念が含まれています。現代のテクノロジー開発や研究で当たり前のように用いられている理論の組み立て方や普遍性に対する考え方を提唱した人物の一人がデカルトなのですね。

デカルトが具体的に提唱したのは、『機械論的世界観』と『デカルト座標系』です。以下では、これらの用語の概念について学びます。そして、それらの概念がどのように役立っているのかを学びましょう。

機械論的世界観

image by iStockphoto

ここでは、デカルトの物体の運動に関する考え方をまとめたものである機械論的世界観について解説していきます。この概念がどのようなものであるのか、現代の物理学にどのような影響を与えたのかということを学びますよ。

機械論的世界観には間違いがありますが、ニュートン力学の基礎とほぼ同じ内容になっています。ですから、機械論的世界観について知ることで、17世紀の前半にデカルトがいかに先進的な考え方を持っていたかということが理解できるでしょう

\次のページで「ニュートン力学の駆け出しとなった機械論的世界観」を解説!/

ニュートン力学の駆け出しとなった機械論的世界観

デカルトの機械論的世界観では、力学的な法則が物体の運動を支配するということが述べられています。そして、その法則は普遍的なものであると考えられていました。その法則の中には、ニュートン力学で登場する慣性の法則や運動量保存則などの概念が盛り込まれていたそうです

このような事から、機械論的世界観はニュートン力学の駆け出しともいえる存在であることがわかります。しかしながら、機械論的世界観とニュートン力学の間に違いもありますよニュートン力学の場合、法則は実験を通した徹底的な検証がなされていますが、デカルトの機械論的世界観は実験的な検証は行われていません。また、機械論的世界観では数式が用いられることはありませんよ。

理論に基づく学問の発展

デカルトが提唱した機械論的世界観のように、ある法則が世の現象のすべてを支配するという考え方は現代の物理学における共通の認識です。現代を生きる私たちにとっては、当たり前のことのように思えますが、デカルトが生きる時代は違いました。

デカルトのような人物が、これまでとは異なる理論に基づく学問を積極的に取り入れたのです。デカルトの提唱した概念によって、古典的な物理学が発達し、産業革命が到来しました。

デカルト座標系

Cartesian coordinates 2D.svg
CC 表示-継承 3.0, リンク

デカルトが数学の分野で残した最も大きな実績は、デカルト座標系の提唱ですデカルト座標系はいわゆるx軸とy軸で構成される直交座標系のことをさします。この座標系は中学や高校の数学でも頻繁に登場するものですよね。

以下では、デカルト座標系の提唱がなぜ偉大であったのかデカルト座標系の概念はなぜ役立つのかということを説明しますよ。

幾何学と代数学を結びつけたデカルト座標系

デカルト座標系の最大の魅力は、代数学と幾何学を結びつけることができることです。代数学は方程式を中心とした、数式を専門的に扱う学問ですよ。一方、幾何学は図形を専門的に扱う学問です。両者は関連性が低いように思われますよね。デカルト座標系は二次元の図形をxとyの方程式を用いて表現できます

デカルト座標系の提唱後、数学と物理学の両分野でこの座標系が頻繁に活用されるようになりました。デカルト座標系が存在したため、ニュートンは数式を用いて力学法則を書き上げることができたのです。

\次のページで「最新IT技術を支えるデカルト座標系の考え方」を解説!/

最新IT技術を支えるデカルト座標系の考え方

image by iStockphoto

現在、デカルト座標系は今は多次元に拡張され、そこにベクトルや行列の概念も加わるようになりました。そして、これらの考え方は最新IT技術にも用いられています

例えば、AI(人工知能)を支える機械学習というプロセスでは、座標やベクトル、行列といった概念が必要不可欠です。また、映像技術の1つであるコンピューターグラフィックスにおいても、座標の考え方が必須になっています

ルネ・デカルトの功績について学ぼう!

ルネ・デカルトは、哲学者として名をはせるだけでなく、数学や物理学においても成果を残しました。デカルトの発想は極めて先進的であり、その考え方は現代においても非常に役立っています。デカルトの提唱したデカルト座標系がIT分野で役立っていることには驚きを隠せません。

以上のことから、ルネ・デカルトの偉大さが感じられますよね。ぜひ、この記事を読んで、ルネ・デカルトの功績について学んでみてください。

" /> 3分で簡単ルネ・デカルトの功績!現近代の科学に大きな影響を与えた偉人について理系学生ライターがわかりやすく解説 – Study-Z
物理物理学・力学理科

3分で簡単ルネ・デカルトの功績!現近代の科学に大きな影響を与えた偉人について理系学生ライターがわかりやすく解説

今回は、「ルネ・デカルトの功績」について解説していきます。

ルネ・デカルトは、17世紀に活躍した哲学者です。哲学と聞くと、数学や物理学との関連性は低いように思われる。ですが、デカルトは数学や物理学といった分野においても成果を残している。デカルトの発想は、現代でも通用するほど先進的なものだったぞ。ぜひこの機会に、ルネ・デカルトの功績について学んでくれ。

塾講師として物理を高校生に教えていた経験もある通りすがりのぺんぎん船長と一緒に解説していきます。

ライター/通りすがりのペンギン船長

現役理系大学生。環境工学、エネルギー工学を専攻しており、物理学も幅広く勉強している。塾講師として物理を高校生に教えていた経験から、物理の学習において、つまずきやすい点や勘違いしやすい点も熟知している。

ルネ・デカルトについて知ろう!

image by iStockphoto

デカルトと聞くと、多くの方が「われ思う故に我あり」という名言を思い浮かべるのではないでしょか。この言葉は、哲学史上で最も有名なものであると言っても過言ではありません。このように、哲学者として名をはせたデカルトですが、実は哲学以外の分野でも大きな実績を残しているのです

デカルトは数学や物理学の分野でも大きな成果をあげています。そして、これらの成果は現代の科学にも多大な影響をもたらしていますよ。今回は、数学や物理学を軸として、デカルトの人生や学者としての実績について解説していきますね

哲学者としてのデカルトについての説明は多くの書籍などでなされています。歴史の教科書でも、哲学の視点に立ったデカルトの解説が登場しますよね。ですが、数学や物理学の視点に立った解説は多くはありません。ですから、この記事を読むと、デカルトについて新しい発見ができるかもしれませんよ

デカルトのプロフィール

ルネ・デカルトは、1596年にフランスで生まれました母親は生後間もないうちに亡くなり、デカルトは祖母に育てられています。また、父親はフランスの司法機関で働いていました

学生時代に多くの学問に興味を持ったデカルトは、学者の道を選びます。デカルトの論文や著作物は多数存在していますよ。『方法序説』・『哲学原理』・『情念論』・『精神指導の規則』などの本がデカルトの代表作です。

さらに、デカルトは方法的懐疑や明晰判明といった新たな概念を打ち出し、西洋哲学を大きく前進させていますこれらの考え方は後にヨーロッパだけでなく東洋などにも広がり、今ではデカルトは世界的に有名な人物となっていますよね

\次のページで「デカルトの学問との出会い」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: