国語言葉の意味

「ふんぞり返る」の意味や使い方は?例文や類語をたくさんの文章を扱ってきたライターが解説!

「ふんぞり返る」の使い方・例文

「ふんぞり返る」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

ID: ↑パーツ内本文:51文字

1.会社の社長はいつも社長室でふんぞり返っている。
2.父親だからと言って子供の前でふんぞり返っているのはよくない。
3.政治家がいつもふんぞり返っているから男性の秘書はなかなか反対意見が言えない。
4.人気の占い師でも占い中にふんぞり返って座っているのはマナー違反だ。

ID: ↑パーツ内本文:132文字

「ふんぞり返る」は、気分よくくつろいでいるという意味と、横柄な態度をとると言う意味がありますが、例文はいずれも横柄な意味で使われています。例文を読むとわかるように、「ふんぞり返る」ことはあまり好ましいこととは言えないので、やめた方がいいよという相手をいさめる気持ちが含まれていますね。

ID: ↑パーツ内本文:142文字
no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

椅子にふんぞり返って座る人の心理を見てみると、自信を表したり相手を威嚇するのが目的である場合が多いようだ。特に脚を大きく広げて、ふんぞり返る場合は、自分を大きく見せたいという願望が秘められているようだな。しかし、ビジネスマナーとしてはあまりよい感じがするものではない。やはり日々の生活では、椅子には正しい姿勢できちんと座るように習慣づけるようにしよう。

ID: ↑パーツ内本文:176文字

「ふんぞり返る」の類義語は?違いは?

image by iStockphoto

「ふんぞり返る」の類義語は何でしょうか。

ID: ↑パーツ内本文:20文字

その1「威張り腐る」

「威張り腐る」心が腐ってしまうほど威張り散らすという意味です。「くさる」は、批判する心を表す補助動詞になります。「あなたはいばり腐るのでみんなから嫌われている」などと言うのです。似た表現で、「威張り散らす」とも言いますが、これは「やたらといばりまくる」という意味になります。「家の中では兄は弟に向かって威張り散らしている」などと使われるのです。

ID: ↑パーツ内本文:173文字
次のページを読む
1 2 3 4
Share: