この記事では、「貪る」について解説する。
「貪る」って、だらだらとなにかを続けているってことですね。俺はこの言葉を聞くと、なんとなく食い散らかしているような場面をイメージする。あんまりきれいな言葉じゃない印象を持っているんですが、実際はどうなんでしょうか?
今回は隙あらば惰眠を「貪る」ライターである、ぷーやんを呼んです。お得意の「貪る」の意味と使われ方について、説明してもらおう。

ライター/ぷーやん

webライター歴7年。鍛えられた語彙と文章力は本業でも発揮され、社内ルールの書き換え担当に。抗う意志もなく煩悩を「貪る」日々を過ごしている。

「貪る」の意味から押さえよう!

image by iStockphoto

「貪る」がどういう言葉なのか、まずは意味を国語辞典と例文で押さえていきましょう。

辞書にみる「貪る」

辞書引きするには、読み方がわからないといけませんね。「貪る」は「むさぼる」と読みます。それでは「貪る」が辞書でどのように書かれているか、みてみましょう。

[動ラ五(四)]《「むさ」は「むさと」と同語源、「ぼる」は「欲 (ほ) る」の意》
1 飽きることなくほしがる。また、際限なくある行為を続ける。「暴利を―・る」「惰眠を―・る」
2 がつがつ食べる。「残飯を―・る野良犬」
[可能]むさぼれる
出典:デジタル大辞泉(小学館) 「貪る」

「貪る」は「むさと」と「欲 (ほ) る」と書かれていますね。「むさと」は「むやみに」や、「やたらと」という意味の副詞ですので、これが「欲る」と合わさると、「際限なく欲しがる」となるわけですね。

一方で2つ目の意味に「がつがつ食べる」とありますので、「貪る」をたくさん食べることだと理解されている方も多いのではないでしょうか。しかしもともとの意味は「際限なく欲しがる」ということですので、ご注意ください。

例文で「貪る」の使い方を確認!

「貪る」がどういう言葉なのかを押えましたので、次は例文で使い方をみていきます。

1.寒くなってきた季節は布団が恋しく、ついつい惰眠を「貪って」しまいがちだ。
2.ダイエットのために無理な食事制限をしているせいで、ときおり「貪る」ように食べ過ぎてしまうことがある。
3.どんなピッチャーにも対応できる打法の考案に行きづまった彼は、「貪る」ように毎日遅くまで素振りをし続けている。

例文1と2は、欲望に負けて本能の赴くままに行動することを、「貪る」と表現していますね。このように「貪る」は欲望に忠実な様子を表す言葉ですので、あまりいいイメージを持たれないことが多いのかもしれません。

ちなみに例文2のように食事制限でダイエットをするならば、毎日食べたものと摂取カロリーを記録することをおすすめします。筆者はこの方法で、基礎代謝との差分カロリーから計算した通りに10kgのダイエットに成功しました。

「貪る」の類義語には何がある?

image by iStockphoto

それでは「貪る」の関連度として、まずは類義語を3つご紹介します。

がっつく:程度を超えてものを欲しがる

口語的なよく聞く表現ですね。「貪るように食べる」という意味もあります。

阿漕(あこぎ):欲張りでやり方がずうずうしい

弱気な人につけこむような売り方を指して、『阿漕な商売』と呼ばれているのを聞いたことがないでしょうか。この言葉の由来は三重県の『阿漕ヶ浦』です。禁漁区であった阿漕ヶ浦で密漁していた漁夫の伝説から様々な物語が派生し、室町時代に現在の意味が定着したとのこと。

業突く張り:欲張りで頑固

仏教用語の「業」と「蹲(つくばい)」が語源の言葉。「蹲」は「しゃがむ」や「ひれ伏す」という意味ですが、『ひれ伏したふりをして相手を陥れる』というニュアンスで用いられることもあるようです。

「貪る」に対義語はある?

似た意味の言葉を知ると、対義語も気になる方が多いでしょう。「貪る」にはどんな対義語があるでしょうか。

\次のページで「節制:控えめにすること」を解説!/

節制:控えめにすること

欲望に負けないように、意識を強く持って節度を保つ意味合いの言葉です。健康診断でお医者さんから言われないように、日ごろから気を付けている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

分を弁える(ぶをわきまえる):出過ぎた真似をしない

「分」は「身分・立場」を、「弁える」は「けじめを見分ける」「道理を心得る」を意味します。したがって「分を弁える」は、「自分に与えられた立場を超えた行為を慎む」ということ。立場もなにも顧みずに欲望に従う「貪る」とは、反対の意味だといえるでしょう。

「貪る」の英語訳は?

類義語や対義語に加えて英語訳まで知ると、存外に言葉の意味の理解が捗るものです。「貪る」はどんな英語に訳されるのでしょうか。

covet:切望する・むやみに欲しがる

「切望する」「むやみに欲しがる」と和訳される単語です。「貪る」の英語訳として適切ですね。

greedy:貪欲な・渇望して

「貪欲な」「渇望して」という意味の形容詞です。上記の「covet」と同義語ですが、品詞が違いますね。ちなみに漫画『鋼の錬金術師』の敵として出てくる『グリード』は、この単語が名前の由来。キリスト教の『7つの大罪』のひとつにも数えられています。

「貪る」は悪いこと?

image by iStockphoto

欲望にかまけている状態というのは、直感的に忌避すべきことのように感じる方が多いでしょう。この記事の最後に、「貪る」ことが実際は悪いことなのかどうかを、仏教の教えを引き合いに考えてみたいと思います。

\次のページで「「貪る」は仏教の三毒のひとつ」を解説!/

「貪る」は仏教の三毒のひとつ

仏教では煩悩を戒めるべしとされていますね。この煩悩のなかでもっとも根源的であるとされるのが、『貪瞋痴』の3つで、三毒と呼ばれます。その内容は、『貪』が必要以上に求める心、『瞋』が怒りの心、『癡』が真理に対する無知の心です。まさに「貪る」が三毒の一つに数えられていますね。

留意点として、煩悩は単なる欲望とは異なります。食欲を例にすると、『なにかを食べたい』と思うのは自然なことで悪くないことは自明でしょう。これが『好きなものを好きなだけ食べたい』となったとき、必要以上ですので『貪』に該当してしまうということです。

向上心による「貪る」はいいこと?

『貪』の説明に『必要以上に求める』とありますが、仏教では快楽ではなく目的に向かってひたすらスキルアップを目指すことを否定していません。向上心によって際限なく良くなろうとすることは、仏教的には『精進』と呼ばれ、むしろ推奨されます。楽な方に流れるのではなく、目標に向かうための努力はどんどんやってしまいましょう。

「貪る」のは快楽ではなく努力を!

この記事では「貪る」について、類義語・対義語・英語などとともに解説しました。また「貪る」ことの良し悪しは、対象によることを示しています。

人というのは油断していると、どうしても楽な方に流されがちなもの。それを正して行く姿勢を示すために、仏教では「貪る」を三毒の一つとして説いているのでしょう。しかし意志を盛って頑張り続ける方向に「貪る」のは、ためらう必要はありません。

この記事が、「貪る」の理解を深める一助になれば幸いです。

英語の勉強には洋楽の和訳サイトもおすすめです。
" /> 「貪る」とは食べること?言葉の意味を例文・類義語・対義語・英語でwebライターが簡単にわかりやすく解説! – Study-Z
国語言葉の意味

「貪る」とは食べること?言葉の意味を例文・類義語・対義語・英語でwebライターが簡単にわかりやすく解説!

この記事では、「貪る」について解説する。
「貪る」って、だらだらとなにかを続けているってことですね。俺はこの言葉を聞くと、なんとなく食い散らかしているような場面をイメージする。あんまりきれいな言葉じゃない印象を持っているんですが、実際はどうなんでしょうか?
今回は隙あらば惰眠を「貪る」ライターである、ぷーやんを呼んです。お得意の「貪る」の意味と使われ方について、説明してもらおう。

ライター/ぷーやん

webライター歴7年。鍛えられた語彙と文章力は本業でも発揮され、社内ルールの書き換え担当に。抗う意志もなく煩悩を「貪る」日々を過ごしている。

「貪る」の意味から押さえよう!

image by iStockphoto

「貪る」がどういう言葉なのか、まずは意味を国語辞典と例文で押さえていきましょう。

辞書にみる「貪る」

辞書引きするには、読み方がわからないといけませんね。「貪る」は「むさぼる」と読みます。それでは「貪る」が辞書でどのように書かれているか、みてみましょう。

[動ラ五(四)]《「むさ」は「むさと」と同語源、「ぼる」は「欲 (ほ) る」の意》
1 飽きることなくほしがる。また、際限なくある行為を続ける。「暴利を―・る」「惰眠を―・る」
2 がつがつ食べる。「残飯を―・る野良犬」
[可能]むさぼれる
出典:デジタル大辞泉(小学館) 「貪る」

「貪る」は「むさと」と「欲 (ほ) る」と書かれていますね。「むさと」は「むやみに」や、「やたらと」という意味の副詞ですので、これが「欲る」と合わさると、「際限なく欲しがる」となるわけですね。

一方で2つ目の意味に「がつがつ食べる」とありますので、「貪る」をたくさん食べることだと理解されている方も多いのではないでしょうか。しかしもともとの意味は「際限なく欲しがる」ということですので、ご注意ください。

例文で「貪る」の使い方を確認!

「貪る」がどういう言葉なのかを押えましたので、次は例文で使い方をみていきます。

1.寒くなってきた季節は布団が恋しく、ついつい惰眠を「貪って」しまいがちだ。
2.ダイエットのために無理な食事制限をしているせいで、ときおり「貪る」ように食べ過ぎてしまうことがある。
3.どんなピッチャーにも対応できる打法の考案に行きづまった彼は、「貪る」ように毎日遅くまで素振りをし続けている。

例文1と2は、欲望に負けて本能の赴くままに行動することを、「貪る」と表現していますね。このように「貪る」は欲望に忠実な様子を表す言葉ですので、あまりいいイメージを持たれないことが多いのかもしれません。

ちなみに例文2のように食事制限でダイエットをするならば、毎日食べたものと摂取カロリーを記録することをおすすめします。筆者はこの方法で、基礎代謝との差分カロリーから計算した通りに10kgのダイエットに成功しました。

「貪る」の類義語には何がある?

image by iStockphoto

それでは「貪る」の関連度として、まずは類義語を3つご紹介します。

がっつく:程度を超えてものを欲しがる

口語的なよく聞く表現ですね。「貪るように食べる」という意味もあります。

阿漕(あこぎ):欲張りでやり方がずうずうしい

弱気な人につけこむような売り方を指して、『阿漕な商売』と呼ばれているのを聞いたことがないでしょうか。この言葉の由来は三重県の『阿漕ヶ浦』です。禁漁区であった阿漕ヶ浦で密漁していた漁夫の伝説から様々な物語が派生し、室町時代に現在の意味が定着したとのこと。

業突く張り:欲張りで頑固

仏教用語の「業」と「蹲(つくばい)」が語源の言葉。「蹲」は「しゃがむ」や「ひれ伏す」という意味ですが、『ひれ伏したふりをして相手を陥れる』というニュアンスで用いられることもあるようです。

「貪る」に対義語はある?

似た意味の言葉を知ると、対義語も気になる方が多いでしょう。「貪る」にはどんな対義語があるでしょうか。

\次のページで「節制:控えめにすること」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: