国語言葉の意味

【ことわざ】「一難去ってまた一難」の意味や使い方は?例文や類語を日本語教師の大学院生がわかりやすく解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「一難去ってまた一難」について解説する。

端的に言えば一難去ってまた一難の意味は「災難が次々襲ってくること」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

今回は、ロシアで2年間日本語教師として働いた大学院生ライターの「むかいひろき」を呼んだ。一緒に「一難去ってまた一難」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/むかいひろき

ロシアの大学で2年間日本語教師として働いた経験を持つ大学院生。その経験を武器に「言葉」について分かりやすく解説していく。

「一難去ってまた一難」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「一難去ってまた一難」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「一難去ってまた一難」の意味は?

「一難去ってまた一難」には、次のような意味が国語辞典に掲載されています。

一つの災難が過ぎてほっとする間もなく、また次の災難が起きること。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「一難(いちなん)去(さ)ってまた一難(いちなん)」

一難去ってまた一難」は「いちなん・さって・また・いちなん」と読み、「1つの災難が終わった後で、すぐに次の災難が発生する」という意味のことわざです。次々と運の悪い出来事や災い、不幸やトラブルに見舞われたときに使用することわざですね。

「一難去ってまた一難」の語源は?

次に「一難去ってまた一難」の語源を確認しておきましょう。

「一難去ってまた一難」の語源はよく分かっていません。現在に残る文献では、1902年に発行された宮崎滔天の自叙伝『三十三年の夢』の「前途は猶遼遠なり、行路難も亦未だ尽きざるなり、然り、一難漸く去りて一難復来れり」が初出です。ただ、ことわざであるため、これよりさらに前の時代から使われていたと考えられるでしょう。

「一難去ってまた一難」の使い方・例文

「一難去ってまた一難」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

\次のページで「「一難去ってまた一難」の類義語は?違いは?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: