国語言葉の意味

「予防線を張る」の意味や使い方は?例文や類語を読書家Webライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「予防線を張る」について解説する。

端的に言えば予防線を張るの意味は「あらかじめ手をうっておく」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

さまざまな分野の本に触れ、知識を培ってきた「つゆと」を呼んだ。一緒に「予防線を張る」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

tsuyuto

ライター/つゆと

子供の頃からの筋金入り読書好きライター。むずかしい言葉や複雑な描写に出会っても、ねばり強く読みこんで理解することをポリシーとする。言葉の意味も、妥協なくていねいに解説していく。

「予防線を張る」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「予防線を張る」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「予防線を張る」の意味は?

「予防線を張る」の意味を知るために、「予防線」について調べましょう。「予防線」には、次のような意味があります。

1. 敵の攻撃などに備えて、あらかじめ講じておく警戒、監視などの手段。
2.あとで失敗したり非難されたりなどしないように、前もってうっておく手段。「あとでつけこまれないように予防線を張る」
[補説]「予防線を張る」で成句となり、「予防線を引く」とは言わない。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「予防線」

「予防線を張る」とは、失敗のないように、またはあとでつけこまれることのないように、あらかじめ手をうっておくことです。例えば、あまり乗り気でない会合に誘われる予感がしたときに、あらかじめ「最近は仕事が忙しくて、外出する暇もないよ~」などと口に出しておく。そんな行動を「予防線を張る」といいます。

「予防『線』」であることから「予防線を引く」と使ってしまうこともあるようですね。しかし上の辞書にもあるとおり、「予防線を張る」でひとつの慣用句です。間違えないようにしましょう。

「予防線を張る」の語源は?

次に「予防線を張る」の語源を確認しておきましょう。「予防線」には、上の辞書にもあるとおり「敵の攻撃に備えて、警戒や監視のために設けた区域」という意味があります。そして「張る」には「なわばりを張る」のように、「構える」や「整える」という意味がありますね。

「敵の攻撃に備えて、警戒や監視のために設けた区域」を「構える」、これが「予防線を張る」という言葉のもともとの意味です。そこから転じて「失敗のないように、あらかじめ手をうっておく」という意味で使うようになりました。

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
tsuyuto