国語言葉の意味

無責任?それとも大切な言葉?「明日は明日の風が吹く」の意味や使い方・類義語などを言葉大好きライターがわかりやすく解説!

この記事では「明日は明日の風が吹く」について解説する。「明日は明日の風が吹く」は、知名度として比較的高い言葉です。知らないまでも、ちらっと聞いたことがあるような奴は多いでしょう。意味はそんなに難しくないから、知らなかったというやつはこれを機会に覚えてくれ。元建築系企業社員、現言葉大好きライターのsasaiを呼んです。一緒に「明日は明日の風が吹く」の意味や使い方、類義語などを見ていきます。

ライター/sasai

元会社員の現役フリーライター。言葉が好きで文章が好き。読むのも書くのも大好きで、海外小説からビジネス書まで何でも読む本の虫。こだわりをもって言葉の解説をしていく。

「明日は明日の風が吹く」の意味は?

image by iStockphoto

「明日は明日の風が吹く」の意味は、以下の通りです。

今日どんなにたいへんなことがあったにせよ、明日は明日で別のなりゆきになる。くよくよと心配し、取り越し苦労をしても始まらない。

出典:コトバンク「明日は明日の風が吹く」

かいつまんで言うと、「未来のことを心配しても始まらないから気にしないようにしよう」という意味の言葉になります。見ようによっては無責任とも思える言葉ですが、一方で、常に心配ばかりしているのも良くないというのは事実です。

明るい人生には良いバランスがつきものであり、常に心配しすぎることも、常に心配しないことも良くありません。そういった意味では、使いどころに注意し、適切な場面で使用すべき言葉と言えます。

「明日は明日の風が吹く」の言葉の分類は?

「明日は明日の風が吹く」は、ことわざです。四字熟語でないことは見れば明らかですが、故事成語というわけでもなく、これといって言葉の起源となるエピソードなどが存在しているわけでもありません。「言い回し」という表現も、明らかな間違いではありませんが、ややズレていると言えます。

言い回しとことわざの区別として、細部が変わるかどうかがポイントです。たとえば、「頭が下がる」という言葉がありますが、これは言い回しになります。使う際は、「頭が下がれば」「頭が下がり」など、普通の動詞のように細部に変化をつけて使うのが一般的です。対してことわざは言葉自体で一つの単語のような扱いになり、「明日は明日の風が吹かない」「明日は明日の風が吹けば」などと変化をつけることは一般的ではありません。

\次のページで「「明日は明日の風が吹く」の使い方は?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: