国語言葉の意味

【慣用句】「非の打ち所がない」の意味や使い方は?例文や類語を日本語教師の大学院生が解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「非の打ち所がない」について解説する。

端的に言えば非の打ち所がないの意味は「完璧」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

今回は、ロシアで2年間日本語教師として働いた大学院生ライターの「むかいひろき」を呼んだ。一緒に「非の打ち所がない」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/むかいひろき

ロシアの大学で2年間日本語教師として働いた経験を持つ大学院生。その経験を武器に「言葉」について分かりやすく解説していく。

「非の打ち所がない」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「非の打ち所がない」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「非の打ち所がない」の意味は?

「非の打ち所がない」には、次のような意味が国語辞典に掲載されています。

少しの欠点もない。完全で、非難する所がない。「することなすこと―・い」

出典:デジタル大辞泉(小学館)「非(ひ)の打(う)ち所(どころ)が無(な)・い」

非の打ち所がない」は「完璧で非難するところや欠点がない」という意味の慣用句です。誰かを称賛する時や、誰かのすごさを表現するときによく使用される褒め言葉ですね。

「点の打ち所がない」という言い方もされることがあります。こちらも「非の打ち所がない」と全く同じ意味の慣用句です。

「非の打ち所がない」の語源は?

次に「非の打ち所がない」の語源を確認しておきましょう。

古文では「悪い部分を指摘する」「非難する」という意味で「非を打つ」という言葉が使われていました。「非」は「欠点」や「誤り」、「道理の通らないこと」を意味します。この「非を打つ」が転じて称賛の意味で使用されるようになったのが「非の打ち所がない」です。

現在残っている文献での初出は、夏目漱石の『彼岸過迄』の「外に是と云って非の打ちやうのない綺麗に明かな四畳六畳二間つづきの室であった」だとされています。

※『彼岸過迄』に登場する「非の打ちようがない」と「非の打ち所がない」とは全く同じ意味の表現です。辞書によっては2つが同じ項目で掲載されています。また、「非の打ちようない」は「非の打ちようない」と表現することも可能です。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: