この記事では「陶酔」について解説する。

端的に言えば陶酔の意味は「酔うこと」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

接客業で鍛えられた語学力を持つAYAを呼んです。一緒に「陶酔」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/AYA

長年接客業で培った「正しい敬語」を武器に、新人教育の経験も豊富なライターAYAが「陶酔」について読み方から使い方、よくある読み間違いも含めて、分かりやすく解説していく。

「陶酔」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

「陶酔」という言葉をご存じでしょうか?「とうすい」と読みます。例えば美を追究し自身に磨きをかけ、自分自身をこよなく愛するナルシストを自己陶酔している人、などと言いますよね。芸能人で考えると色んな人が思い浮かびませんか?そんな「陶酔」という言葉について詳しく解説をしていきます。

それでは早速「陶酔」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「陶酔」の意味は?

「陶酔」には、次のような意味があります。

1.気持ちよく酔うこと。
2.心を奪われてうっとりすること。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「陶酔」

「陶酔」とは「とうすい」と読み、「お酒に酔うこと」「心を奪われてうっとりすること」の2つの意味があります。冒頭で出した例えは、うっとりする方の「陶酔」ですね。ほどよくお酒に酔いうっとりとなる状態を「陶酔境」とも言いますよ。現在はもっぱら「心を奪われる」の意味で用いられますが、「酔」という漢字が入っていることから、元は「お酒に酔う」の意味が主流だったのかもしれません。その辺りも詳しく調べていきましょう。

「陶酔」の語源は?

次に「陶酔」の語源を確認しておきましょう。「陶酔」の「陶」は「段のついた土山・人が陶器を抱えている」の2つの象形から「階段のあるかま場で焼き物を焼く」という意味がありますが、他にも「喜ぶ・気持ちがよくなる」の意味もありますよ。「酔」には「お酒に酔う」の他に「物事に熱中する・心を奪われる」の意味があります。この「気持ちが良くなる」と「心を奪われる」を合わせて、「陶酔」という言葉が成り立っていますよ。

 

 

\次のページで「陶酔陶酔」の使い方・例文」を解説!/

陶酔陶酔」の使い方・例文

陶酔陶酔」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます

1.お酒の芳醇な香りに陶酔した
2.あの役者は舞台に立つと陶酔した表情になる。
3.彼は自分の優秀さに自己陶酔している。

3つの例文を挙げてみました。例文1は高級なお酒の風味に心地よく酔った、という意味になります。「陶酔」が持つ本来の意味ですね。例文2と3は「自分自身にうっとりとなるさま」を表現していますよ。役者であればその役になりきる必要もあるでしょう。また舞台に立ち、役に入り込む事自体に快楽を覚える役者さんもいるかもしれませんね。

例文3の優秀な彼は、身だしなみも仕事もしっかりしている方なのでしょう。美の定義は人それぞれですが、努力をして手に入れている「ナルシスト」は自己表現としては素晴らしいですね。ですが周りから見ると必ずしも肯定的とは限りませんよ。「自己陶酔」はあくまで自己評価であって、「あの人は自己陶酔している」と言われる時は、ネガティブな意味合いを含むことが多くあります。

「陶酔」の類義語は?違いは?

image by iStockphoto

「陶酔」という言葉にはどんな類義語があるでしょうか?

その1「恍惚」

「恍惚」「こうこつ」と読み、「物事に心を奪われてうっとりとするさま」の意。「(お酒に)酔う」の意味は含まれませんが、物事に心を奪われるさまが「陶酔」との共通点なので、類義語としてふさわしいでしょう。

\次のページで「その2「心酔」」を解説!/

その2「心酔」

「心酔」「しんすい」と読み、「物事や人物に心を奪われて熱中する」という意味を持っています。言葉の意味という観点から見ると、「陶酔」に近いので類義語にはなりますよ。ただし1つ注意したいのが、この「心酔」が持つ熱中する気持ちには、「尊敬やその人に惚れ込む」のニュアンスが強く自分に対しては使われません。「自己陶酔」とは言いますが「自己心酔」とは言わないので、違いをしっかりと把握しておきましょう。

「陶酔」の対義語は?

次は「陶酔」の対義語を見ていきましょう。

「我にかえる」

「我にかえる」とは「他に気を取られていたのが、本心にかえる」の意。興奮状態からさめて平常の心境に戻るさまを表す慣用句になります。「我に返る」と漢字で表記しても同じ意味ですよ。我を忘れて泣いたり怒った後に、ハッと我に返り気まずい思いをした事がある人も多いでしょう。正確には「我に返る」の対義語は「我を忘れる」ですが、陶酔状態を辞書では「我を忘れるさま」と表現しているので、「陶酔」の対義語として紹介しました。

「陶酔」の英訳は?

image by iStockphoto

高揚感や自己愛など豊かな表現力を持つ「陶酔」は、英語ではどんな表現をするのでしょうか。

「intoxication」

「陶酔」を英訳すると「intoxication」になります。「be intoxicated with~」で「~に陶酔している」と表現できますよ。また「心を奪われる」という意味合いで「 fascinated」と置き換えることもできます。例文を挙げるので参考にしてみてください。

「I was fascinated with the acting of actors.」(私は役者の演技に陶酔した。)

I was intoxicated with  the mellow scent of fine sake.」(その高級なお酒の芳醇に陶酔した。)

\次のページで「「陶酔」を使いこなそう」を解説!/

「陶酔」を使いこなそう

この記事では「陶酔」の意味・使い方・類語などを説明しました。簡単に復習しておきましょう。「陶酔」「とうすい」と読みますよ。意味は「(お酒に)気持ちよく酔うこと」「心を奪われてうっとりすること」の2つの意味がありましたね。「自己陶酔」とは、「自分の容姿や行動にうっとりと酔いしれるさま」を表します。本来はお酒や芸術などが素晴らしいというポジティブな感情表現ですが、「自己陶酔してるよね」と言う時は、皮肉や嘲りを含むネガティブな言葉に変わりますよ。

冒頭でも述べたように、努力をして手に入れた美や実力はとても素晴らしいものです。ですがそれを評価するのが自分自身になると、周囲からは反感を買う事になりかねませんね。今回の「陶酔」という言葉を通じてそういった面でも参考になれば幸いです。

" /> 「陶酔」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターがわかりやすく解説! – ページ 2 – Study-Z
国語言葉の意味

「陶酔」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターがわかりやすく解説!

陶酔陶酔」の使い方・例文

陶酔陶酔」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます

1.お酒の芳醇な香りに陶酔した
2.あの役者は舞台に立つと陶酔した表情になる。
3.彼は自分の優秀さに自己陶酔している。

3つの例文を挙げてみました。例文1は高級なお酒の風味に心地よく酔った、という意味になります。「陶酔」が持つ本来の意味ですね。例文2と3は「自分自身にうっとりとなるさま」を表現していますよ。役者であればその役になりきる必要もあるでしょう。また舞台に立ち、役に入り込む事自体に快楽を覚える役者さんもいるかもしれませんね。

例文3の優秀な彼は、身だしなみも仕事もしっかりしている方なのでしょう。美の定義は人それぞれですが、努力をして手に入れている「ナルシスト」は自己表現としては素晴らしいですね。ですが周りから見ると必ずしも肯定的とは限りませんよ。「自己陶酔」はあくまで自己評価であって、「あの人は自己陶酔している」と言われる時は、ネガティブな意味合いを含むことが多くあります。

「陶酔」の類義語は?違いは?

image by iStockphoto

「陶酔」という言葉にはどんな類義語があるでしょうか?

その1「恍惚」

「恍惚」「こうこつ」と読み、「物事に心を奪われてうっとりとするさま」の意。「(お酒に)酔う」の意味は含まれませんが、物事に心を奪われるさまが「陶酔」との共通点なので、類義語としてふさわしいでしょう。

\次のページで「その2「心酔」」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: