この記事では「得てして」について解説する。

端的に言えば得てしての意味は「ややもすると」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

自治体広報紙の編集を8年経験した弘毅を呼んです。一緒に「得てして」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/八嶋弘毅

自治体広報紙の編集に8年携わった。正確な語句や慣用句の使い方が求められるので、正しい日本語の使い方には人一倍敏感。

「得てして」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「得てして」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「得てして」の意味は?

「得てして」には、次のような意味があります。

(意図や期待に反して)ともすると、そうなる傾向に陥りやすい様子。

出典:新明解国語辞典第七版(三省堂)「得てして」

「得てして」は前の文を受けて結論を述べる場合に使います。肯定的な褒め言葉を受けてこれを否定する傾向があり、幾分ネガティブな使い方をすることが多いものです。「得てして」だけでは意味が通じません。必ず前後あるいは後ろに物事の状態を表す言葉が配置されます。その場合「得てして」のあとに続く文章や言葉はなんらかの傾向を表すものとなるでしょう。

「得てして」の語源は?

次に「得てして」の語源を確認しておきましょう。「得てして」は非常に古い歴史をもっています。古代、可能を表す言葉は「え」という副詞だけでした。これに助詞「て」をつけた「得て」が「とかく」とか「その傾向がある」という意味になり、さらに近世以降「して」をつけて現在使われている「得てして」になったのです。なお「え」は「得(う)」が転じたもので「得」だけで動詞として完結しています。例えば古い法律では「請願ヲ為スコトヲ得」と普通に記載されているのです。

\次のページで「「得てして」の使い方・例文」を解説!/

「得てして」の使い方・例文

「得てして」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、例えば以下のように用いられます。

1.仕事のできる人間は自信家が多く、得てして自己判断で独断専行し失敗しやすい。
2.美人は周りにちやほやされるから、得てして自信過剰になりやすい。
3、夫婦は長い間一緒にいると、得てして考え方が似てくるものだ。

「得てして」の前には例外もありますが、多くはポジティブな言葉が多く、後ろはそれを打ち消す否定的な言葉が続きます。なかには前後ともネガティブな言葉が連なることもあり、語源の「得」が意味する「可能」とはかけ離れたものになることも多いのです。とはいえ、この場合の「可能」は「そういう傾向にある」「さもありなん」と考えればすんなり理解できるでしょう。ただし例3に挙げたように、肯定でも否定でもない単なる状態を表す場合もあります。

「得てして」の類義語は?違いは?

image by iStockphoto

次に「得てして」の類義語を見ていきましょう。

その1「往々にして」

「往々にして」は「よくある」「頻繁にある」ことを表す「得てして」の類義語と言えます。先に挙げた例文の「得てして」を「往々にして」に差し替えてもそのまま意味が通じることがわかるでしょう。「往々にして」を使う時は、さらにそのあとに続く言葉の使い方に注意しなければいけません。なぜなら「往々にして」のあとには必ずなんらかの欠点となる事象がつくからです。会社内での上司との会話やお客様への発言には、特に注意してください。「御社の社員は仕事が早く、往々にして期日前に納品してくださいます」などと言おうものなら「早とちりが過ぎる」との皮肉に聞こえ、相手方の機嫌を損ねる可能性がありますから気をつけましょう。

\次のページで「その2「ややもすると」」を解説!/

その2「ややもすると」

「ややもすると」も「得てして」の類義語と言えるでしょう。この言葉も「往々にして」と同様、あとに続く言葉はネガティブなものになります。漢字で書くと「動もすると」です。「動」と書いて「やや」と読むのは、前の状況に連動してあとの状況が起こるとの意味を含んでいるからでしょう。

その3「とかく」

「とかく」も「得てして」の類義語の一つに挙げてもいいでしょう。この言葉も先に類義語として挙げた「往々にして」や「ややもすると」とよく似た使い方をします。そのほか、あれこれするうちにという意味で「とかくするうちに」といった表現もしますね。また個人に対する批評ではなく、広く社会全体の傾向を指す場合もあります。「とかく世間は住みにくい」といったような言い方です。

その4「しばしば」

「しばしば」も「得てして」の類義語として挙げられます。ただ「得てして」のように後ろに否定的な言葉が続くとは限りません。「彼はテストでしばしばトップの成績を取る」のように、肯定的、好意的な言葉が続くことがあります。その点で「得てして」とは使い方がおのずと違ってくるのです。「しばしば」は傾向を表すだけではなく「度重なる」という意味にも使われます。

「得てして」の対義語は?

続いて「得てして」の対義語を紹介します。「得てして」がそのような傾向がよくあることを表しますから、逆にあまり起こらないという意味の言葉を考えればいいのです。

その1「まれに」

「得てして」はよく起こりがちな状況を表しますが「まれに」はその状況が起こる頻度が少ないことを表します。ですから「まれに」は「得てして」の対義語と言えるのではないでしょうか。「北国には得てして雪が降りやすい」に対して「南国に雪が降ることはまれだ」のように、反対の意味で使われることがありますが「たぐいまれな才能」のように単独で使われることも多い言葉です。

その2「たまに」

「たまに」も「得てして」の対義語として使えます。「夜更かしをすれば得てして遅刻するものだ」と「夜更かしをすればたまに遅刻するものだ」は反対の意味に近い言葉ですが、どちらも違和感なく通用しますね。前者は「よく遅刻する」という傾向を表し、後者は「時々遅刻する」という状況を表した反対語です。   

\次のページで「「得てして」の英訳は?」を解説!/

「得てして」の英訳は?

image by iStockphoto

最後に「得てして」の英訳を見ていきましょう。

その1「be apt to」

「得てして」の英訳の一つに「be apt to」があります。「apt」には「~する傾向がある」「とかく~しがちである」との意味があり、たとえば文例を挙げれば「A careless person is apt to make mistakes」は「不注意な人間は得てして間違いを犯しやすい」という意味です。「得てして」の英訳に「apt」を使う場合は、必ずbe動詞がつきますから忘れないようにしてください。

その2「often」

「often」「たびたび」「しばしば」という意味です。したがって「得てして」の英訳の一つとしてもいいでしょう。「I often skip breakfast」「This desease appears more often among men than among woman」はそれぞれ「私はよく朝食を抜く」「この病気は女性よりも男性により多く発症する」を英語で綴ったものですが、それぞれの英訳を「得てして」にしても意味は通じます。

「得てして」を使いこなそう

この記事では「得てして」の意味・使い方・類語などを説明しました。なんだかかしこまったような言い方で抵抗があるかもしれませんが、このような日本語があるということだけでも覚えておけば表現の幅が広がります。あなたも意識して会話の端々で使ってみてはいかがでしょうか。

" /> 「得てして」の意味や使い方は?例文や類語を元広報紙編集者がわかりやすく解説! – Study-Z
国語言葉の意味

「得てして」の意味や使い方は?例文や類語を元広報紙編集者がわかりやすく解説!

この記事では「得てして」について解説する。

端的に言えば得てしての意味は「ややもすると」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

自治体広報紙の編集を8年経験した弘毅を呼んです。一緒に「得てして」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/八嶋弘毅

自治体広報紙の編集に8年携わった。正確な語句や慣用句の使い方が求められるので、正しい日本語の使い方には人一倍敏感。

「得てして」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「得てして」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「得てして」の意味は?

「得てして」には、次のような意味があります。

(意図や期待に反して)ともすると、そうなる傾向に陥りやすい様子。

出典:新明解国語辞典第七版(三省堂)「得てして」

「得てして」は前の文を受けて結論を述べる場合に使います。肯定的な褒め言葉を受けてこれを否定する傾向があり、幾分ネガティブな使い方をすることが多いものです。「得てして」だけでは意味が通じません。必ず前後あるいは後ろに物事の状態を表す言葉が配置されます。その場合「得てして」のあとに続く文章や言葉はなんらかの傾向を表すものとなるでしょう。

「得てして」の語源は?

次に「得てして」の語源を確認しておきましょう。「得てして」は非常に古い歴史をもっています。古代、可能を表す言葉は「え」という副詞だけでした。これに助詞「て」をつけた「得て」が「とかく」とか「その傾向がある」という意味になり、さらに近世以降「して」をつけて現在使われている「得てして」になったのです。なお「え」は「得(う)」が転じたもので「得」だけで動詞として完結しています。例えば古い法律では「請願ヲ為スコトヲ得」と普通に記載されているのです。

\次のページで「「得てして」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: