国語言葉の意味

「茶化す」の意味や使い方は?例文や類語をたくさんの文章を扱ってきたライターがわかりやすく解説!

この記事では「茶化す」について解説する。

端的に言えば茶化すの意味は「からかう」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

大手企業に35年以上勤務し、仕事でたくさんの文章を扱ってきたベテランのライターKAIKAIを紹介する。一緒に「茶化す」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/KAIKAI

東京の大手企業に35年以上勤務し、仕事でたくさんの文章を扱ってきた経験を持つ。学生時代から国語が得意でことばの意味には自信あり。

「茶化す」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「茶化す」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「茶化す」の意味は?

「茶化す」には、辞書をひくと次のような意味があります。

1.まじめな話を冗談めかしてしまう。茶にする。
2.一杯くわせる。だます。


出典:デジタル大辞泉(小学館)「茶化す」

「茶化す」(ちゃかす)「冗談を言っているようにからかう」という意味になります。漢字で書く場合とひらがなで書く場合がありますが、いずれも意味は同じです。相手をからかう意味合いもありますし、自分自身に対しても使用されることもあります。もっぱら言語によって行われるものであり、態度や行為によって行われるものではありません。日常生活でもビジネスの世界においても、相手との距離が近い場合に使われる言葉です。

「茶化す」の語源は?

次に「茶化す」の語源を確認しておきましょう。

昔はお茶は高級品でした。大事なお客さんを自宅などにむかえる時には必ずお茶を出してもてなしていたのです。そうしているうちにお茶さえ出しておけば、相手はとりあえず満足するだろうと思う人がでてくるようになりました。このようにして「茶化す」は「ごまかす」とか「からかう」という意味で使われるようになったのです。

\次のページで「「茶化す」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: