国語言葉の意味

「素っ頓狂」の意味や使い方は?例文や類語を元国語科教員が解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「素っ頓狂」について解説する。

端的に言えば素っ頓狂の意味は「調子はずれなさま」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

元国語科教員のminを呼んだ。一緒に「素っ頓狂」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

min0214

ライター/min

高等学校の国語科教員として、授業や受験対策、小論文の講座を3年間経験。主に現代文を担当し、言葉に関する指導を幅広く経験してきた。現在はWebライターを目指して勉強中。

「素っ頓狂」の意味や語源・使い方まとめ

image by PIXTA / 72691492

それでは早速「素っ頓狂」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「素っ頓狂」の意味は?

「素っ頓狂」には、次のような意味があります。

すっ‐とんきょう〔‐トンキヤウ〕【素っ頓狂】
[形動]ひどく調子はずれで、まぬけなさま。

出典:コトバンク – デジタル大辞泉(小学館)

すっとんきょう」と読み、「頓狂(とんきょう)」という熟語をさらに強調した言葉です。「頓狂」は「突然その場にそぐわない調子外れな言動」のことや「間の抜けたさま」を指す言葉ですので、本来はそこからさらに度合いが強い場合に用いられますが、実際は度合いによって使い分けるまでもなく「素っ頓狂」という言葉の方が定着しています。そのため、「頓狂」という言葉が元になっているということだけ、覚えておくようにしましょう。

また、「すっ頓狂」というように「素」がひらがな表記となることもありますが、こうした場合でも意味は変わりません。

「素っ頓狂」の熟語の構成は?

次に「素っ頓狂」を構成する漢字を紐解いていきます。

まず元となった「頓狂」という熟語から見ていきましょう。「」という字は「ぬかずく(拝礼する)」という意味の他、「つまずく」という意味も持っています。「つまずく」というのは、普通に歩いていたら突然足をとられてしまう、という状況ですよね。また「」の方には、「常軌を外れる」という意味があり、つまりどちらも「調子外れ」の意味を持った言葉となっていることがわかります。

そして頭についている「」には「程度のはなはだしい様子」という意味がありますので、「素」がつくことによって「頓狂」の意味をさらに強調した意味となっているのです。

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
min0214