国語言葉の意味

「面映ゆい」の意味や使い方は?例文や類語を元国語科教員がわかりやすく解説!

この記事では「面映い」について解説する。

端的に言えば面映いの意味は「決まりが悪い」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

元国語科教員のminを呼んです。一緒に「面映い」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/min

高等学校の国語科教員として、授業や受験対策、小論文の講座を3年間経験。主に現代文を担当し、言葉に関する指導を幅広く経験してきた。現在はWebライターを目指して勉強中。

「面映い」の意味や語源・使い方まとめ

image by PIXTA / 69697792

それでは早速「面映い」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「面映い」の意味は?

「面映い」には、次のような意味があります。

おも‐はゆ・い【面▽映ゆい】

[形][文]おもはゆ・し[ク]《顔を合わせるとまばゆく感じられる意》きまりが悪い。てれくさい。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

おもはゆい」と読み、「照れくさい」「恥ずかしい」「きまりがわるい」という意味で用いられます。読み方、意味はもちろんのこと、送り仮名にも注意して覚えるようにしましょう。

「面映い」の語源は?

次に「面映い」の語源を確認していきます。漢字の意味にフォーカスして分析してみましょう。

「面」は「面会」「対面」という形で用いられる様に「面と向かって」「顔を向けて」という意味を持つ漢字です。「映」の方は、もともと「他から光を受けてそのものが本来持つ色彩がもりあがり、はっきり見える」様子が元になった漢字と言われています。そこから「うつる」「はえる」といった意味を持つ様になったということですね。

そんな2つの漢字がセットになった「面映い」ですが、こちらは古語でも「おもはゆし」という形で使われていました。「相手の顔がまぶしく感じて、見るのが恥ずかしい」というニュアンスで用いられていたそうです。そこから現代の「決まりが悪い」「恥ずかしい」といった意味に発展したと言われています。

古文の世界では貴族の女性は相手に顔を見せることに恥じらいを持っていたそうです。そんな独特のシチュエーションだったからこそ、こうした表現が生まれたのかもしれませんね。

\次のページで「「面映い」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: