国語言葉の意味

【慣用句】「玉に瑕」の意味や使い方は?例文や類語を元広報紙編集者が解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「玉に瑕」について解説する。

端的に言えば玉に瑕の意味は「ちょっとした欠点」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

自治体広報紙の編集を8年経験した弘毅を呼んだ。一緒に「玉に瑕」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ID: ↑パーツ内本文:76文字
kohki

ライター/八嶋弘毅

自治体広報紙の編集に8年携わった。正確な語句や慣用句の使い方が求められるので、正しい日本語の使い方には人一倍敏感。

ID: ↑パーツ内本文:57文字

「玉に瑕」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「玉に瑕」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

ID: ↑パーツ内本文:31文字

「玉に瑕」の意味は?

「玉に瑕」には、次のような意味があります。

ID: ↑パーツ内本文:21文字

それさえなければ完全なのに、わずかながら欠点があること。

出典:明鏡国語辞典第三版(大修館書店)「玉に瑕」

ID: ↑パーツ内本文:54文字

「玉に瑕」の「玉」とは優れているもの、美しいもののことを指します。例えば水晶などの宝石類がいい例です。本来完璧なものであるはずなのに、わずかな瑕によって損傷されたりしたものは欠陥品として扱われます。これを人間に当てはめて、仕事もできる優秀な人なのにわずかな欠点があることを惜しむ場合によく使われる言葉です。

ID: ↑パーツ内本文:153文字

「玉に瑕」の語源は?

次に「玉に瑕」の語源を確認しておきましょう。「玉に瑕」は古代中国前漢の武帝の頃、淮南王(わいなんおう)劉安(りゅうあん)が学者を集めて編纂した思想書『淮南子(えなんじ)』にその起源を求めることができます。そのなかに「たとえ豹の毛皮の外套でも、斑(まだら)が雑然としていたのでは狐の毛皮の外套の純粋な毛色のものには及ばない。白璧 (白い環状の玉) でも瑕 (きず) があれば、宝石とは呼べない」との記述があるのです。これを中国では「玉瑕(ぎょっか)」と記し、ここから「玉に瑕」という言葉が生まれました。本来なら完全ですばらしいものなのにわずかなきずで価値がなくなってしまったことを惜しむ心情が表れています。

ID: ↑パーツ内本文:302文字
次のページを読む
1 2 3 4
Share:
kohki