国語言葉の意味

【ことわざ】「負けるが勝ち」の意味や使い方は?例文や類語を元新聞記者が解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「負けるが勝ち」について解説する。

端的に言えば、負けるが勝ちの意味は「一時は相手に勝ちを譲るも、戦わずして結局は勝利を得ること」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

元新聞記者で、ライター歴20年のトラコを呼んだ。一緒に「負けるが勝ち」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

akitabi

ライター/トラコ

全国紙の記者を7年。その後、雑誌や書籍、Webでフリーの記者などとして活動中。文字の正確さ、使い方に対するこだわりは強い。

「負けるが勝ち」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速、「負けるが勝ち」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「負けるが勝ち」の意味は?

負けるが勝ち」には、次のような意味があります。

一時は相手に勝ちを譲り、しいて争わないのが、結局は勝利をもたらすということ。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「負(ま)けるが勝(か)ち」

「負けるが勝ち」は、場合によって、戦わない争わないことで、相手に勝ちをいったん譲ったほうが、自分にとって有利となり、結局、自分の勝ちにつながるという意味です。

なお、「負ければ勝ち」とは言いません。これは誤りなので、使い方にもくれぐれも注意しましょう。

「負けるが勝ち」の語源は?

次に、「負けるが勝ち」の語源を確認しておきましょう。

負けるが勝ちの明確な由来はありません。ただ、『江戸いろはかるた』に搭乗します。一見、負けたように見えたとしても、あえて争うのを放棄し、いったん相手に勝ちを譲るほうが、結局のところ、勝利に結びつく例が多いことから生まれたことわざです。

「負けるは勝ち」とも言います。この表現も合わせて覚えておきましょう。

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
akitabi