この記事では「太鼓判」について解説する。

端的に言えば、太鼓判の意味は「確実な保証」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

元新聞記者で、ライター歴20年のトラコを呼んです。一緒に「太鼓判」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/トラコ

全国紙の記者を7年。その後、雑誌や書籍、Webでフリーの記者などとして活動中。文字の正確さ、使い方に対するこだわりは強い。

「太鼓判」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速、「太鼓判」の意味や語源・使い方から順に、見ていきましょう。

わからない言葉があれば、国語辞典や辞書、インターネットでの検索などがおすすめです。

「太鼓判」の意味は?

太鼓判」には、次のような意味があります。

1.太鼓のように大きな印判。転じて、確実であるという保証。
2.江戸時代以前につくられた甲州金の一。表面外周の装飾が太鼓の皮留めの装飾に似ているところからいう。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「たいこ‐ばん【太鼓判】

まずは、太鼓判の意味から解説します。

1つ目の意味は、まるで太鼓のように大きな印判(実印や認印などの総称、印)のことで、それが確実あるという保証という意味となりました。現在も一般的に、こちらの意味でよく使われています。

そして、2つ目の意味は「甲州金」から。江戸時代より前に作られていた甲州金、今の山梨県にあたる甲斐国(甲州)で鋳造されて甲斐一国のみで通用した貨幣(金貨)の1つでした。表面外周の装飾が、まるで「太鼓の皮留めの装飾」に似ていたことから、太鼓判と言われた経緯があります。

「太鼓判」の語源は?

次に、「太鼓判」の語源を確認しておきましょう。

太鼓判は、通常「太鼓判を押す」といった使い方をします。この語源は諸説あり、印判の大きさを強調するため、甲斐国で作られていた一分金の太鼓判が、その一説。そして、保証付きお墨付き、との意味にとなったとの説につながります。

ちなみに、甲斐国で有名な大名は、武田信玄です。

\次のページで「「太鼓判」の使い方・例文」を解説!/

「太鼓判」の使い方・例文

太鼓判」の使い方を、例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば、以下のように用いられます。

1.その小学生は、中学入試に合格できると、学習塾の先生から太鼓判をもらった。
2.受診した医者に太鼓判を押されるほど、父の回復具合はすこぶる良好だ。
3.大御所と呼ばれる先輩役者から太鼓判を押して紹介された、若手でまだ高校生の俳優。
4.元上司が太鼓判を押すほど、有能な人材を紹介された。

例文1は、成績が優秀であることから、その人物の質が良いと保証するという意味の文章となっています。

そして、例文2は「太鼓判を押す」という慣用句が使われていて、太鼓のように大きな判を押す、つまり、この場合は身体の回復状態で、それが順調であるとの意味です。

例文3も、太鼓判を押すとの表現が使われ、その人物の才能を保証するとの意味。例文4も、ビジネスの世界でもよく使われる表現であり、同様の意味です。

「太鼓判」の類義語は?違いは?

image by iStockphoto

続いて、「太鼓判」に類義語について、見ていきましょう。

太鼓判そのものというより、ここでも「太鼓判を押す」との表現での類義語が多くあり、そのいくつかも含めて紹介します。

その1「お墨付き」

まず、太鼓判の類義語、その1つである「お墨付き」です。太鼓判を押すという表現の類義語としては「お墨付きを与える」となります。

お墨付きは、権威や地位がある人からもらう保証のことです。これも、幕府や大名が家臣に与えた証明書に、墨で花押した文書に由来します。

似たような表現が「折り紙付き」です。これも、絶対に間違いない、信頼するに足るといった保証付きの意味なので、合わせて覚えておきましょう。

\次のページで「その2「請け判」」を解説!/

その2「請け判」

請け判」も、太鼓判の類義語です。うけはんと読み、請判と表現することもあります。

請け判の意味は、請け人となった人物が、請け文(請け状)などの証明書(証文)に押印した印判のことです。中世から近世にかけてよく見られました。

請け判を押す、との言葉もあります。これは、太鼓判を押すの類義語です。

その3「公認」

公認は、太鼓判を押す、の類義語です。この公認の意味は、おおやけに認めること、国家や団体などが正式に認めること。

例えば、公認の候補者、公認会計士、公認記録といった使い方をします。ニュースなどでもよく用いられる言葉です。

「太鼓判」の対義語は?

続いて、太鼓判の対義語(反対語)についても、見ていきます。

太鼓判そのものの言葉での対義語は、存在しません。

ただ、太鼓判の意味が「保証」だとすると、その反対の意味として、保証しない、請け負わない、信用を与えない、判を与えない、お墨付きを与えないなどが考えられます。

「信用を与えない」

太鼓判の対義語、その1つとして考えられる「信用を与えない」について、調べてみました。

信用は、信じて用いること、つまり、確かだとして受け入れる、信頼できるる、将来に間違いを起こさないこと、といった意味があります。太鼓判に通じる意味です。信用を与えるという表現は、太鼓判を押すの類義語になります。

つまり、太鼓判に関する多くの類義語を逆の意味で表現すると、そのまま太鼓判の対義語です。

「太鼓判」の英訳は?

image by iStockphoto

さらに、太鼓判の英訳についても、見ていきましょう。

太鼓判を英語にそのまま訳すと、large sealhallmarkなど。その他、gold coinという表現も。

一方で、保証するという意味では、英訳は多岐にわたり、文章によって英語が異なります。

「hallmark」

「hall mark」の意味は太鼓判のほか、折り紙です。その中でも、品質や技量などを保証するという意味になります。複数形は「hallmarks」です。

例文を見ていきましょう。

\次のページで「「太鼓判」を使いこなそう」を解説!/

・hallmark of a good scientist

良い科学者であると、太鼓判を押す

・This highschool student bears the hallmarks of his teachers.

高校生は教師たちから太鼓判を押されている。

・Hallmark holiday

販売促進に利用される記念日(例えば、クリスマス、バレンタイン、ハロウィンなど)

・He gave me his stamp of approval.

彼は私に対して太鼓判を押した。

「太鼓判」を使いこなそう

この記事では、「太鼓判」の意味・使い方・類語などを説明しました。

太鼓判の主な意味は「保証する」ことです。そして、「太鼓判を押す」という慣用句として、よく用いられます。

これをしっかり、まずは覚えておく。そして、使い方、類義語、英訳と派生し、正しく上手に使いこなしていきましょう。

" /> 「太鼓判」の意味や使い方は?例文や類語を元新聞記者がわかりやすく解説! – Study-Z
国語言葉の意味

「太鼓判」の意味や使い方は?例文や類語を元新聞記者がわかりやすく解説!

この記事では「太鼓判」について解説する。

端的に言えば、太鼓判の意味は「確実な保証」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

元新聞記者で、ライター歴20年のトラコを呼んです。一緒に「太鼓判」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/トラコ

全国紙の記者を7年。その後、雑誌や書籍、Webでフリーの記者などとして活動中。文字の正確さ、使い方に対するこだわりは強い。

「太鼓判」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速、「太鼓判」の意味や語源・使い方から順に、見ていきましょう。

わからない言葉があれば、国語辞典や辞書、インターネットでの検索などがおすすめです。

「太鼓判」の意味は?

太鼓判」には、次のような意味があります。

1.太鼓のように大きな印判。転じて、確実であるという保証。
2.江戸時代以前につくられた甲州金の一。表面外周の装飾が太鼓の皮留めの装飾に似ているところからいう。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「たいこ‐ばん【太鼓判】

まずは、太鼓判の意味から解説します。

1つ目の意味は、まるで太鼓のように大きな印判(実印や認印などの総称、印)のことで、それが確実あるという保証という意味となりました。現在も一般的に、こちらの意味でよく使われています。

そして、2つ目の意味は「甲州金」から。江戸時代より前に作られていた甲州金、今の山梨県にあたる甲斐国(甲州)で鋳造されて甲斐一国のみで通用した貨幣(金貨)の1つでした。表面外周の装飾が、まるで「太鼓の皮留めの装飾」に似ていたことから、太鼓判と言われた経緯があります。

「太鼓判」の語源は?

次に、「太鼓判」の語源を確認しておきましょう。

太鼓判は、通常「太鼓判を押す」といった使い方をします。この語源は諸説あり、印判の大きさを強調するため、甲斐国で作られていた一分金の太鼓判が、その一説。そして、保証付きお墨付き、との意味にとなったとの説につながります。

ちなみに、甲斐国で有名な大名は、武田信玄です。

\次のページで「「太鼓判」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: