国語言葉の意味

「太鼓判」の意味や使い方は?例文や類語を元新聞記者が解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「太鼓判」について解説する。

端的に言えば、太鼓判の意味は「確実な保証」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

元新聞記者で、ライター歴20年のトラコを呼んだ。一緒に「太鼓判」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

akitabi

ライター/トラコ

全国紙の記者を7年。その後、雑誌や書籍、Webでフリーの記者などとして活動中。文字の正確さ、使い方に対するこだわりは強い。

「太鼓判」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速、「太鼓判」の意味や語源・使い方から順に、見ていきましょう。

わからない言葉があれば、国語辞典や辞書、インターネットでの検索などがおすすめです。

「太鼓判」の意味は?

太鼓判」には、次のような意味があります。

1.太鼓のように大きな印判。転じて、確実であるという保証。
2.江戸時代以前につくられた甲州金の一。表面外周の装飾が太鼓の皮留めの装飾に似ているところからいう。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「たいこ‐ばん【太鼓判】

まずは、太鼓判の意味から解説します。

1つ目の意味は、まるで太鼓のように大きな印判(実印や認印などの総称、印)のことで、それが確実あるという保証という意味となりました。現在も一般的に、こちらの意味でよく使われています。

そして、2つ目の意味は「甲州金」から。江戸時代より前に作られていた甲州金、今の山梨県にあたる甲斐国(甲州)で鋳造されて甲斐一国のみで通用した貨幣(金貨)の1つでした。表面外周の装飾が、まるで「太鼓の皮留めの装飾」に似ていたことから、太鼓判と言われた経緯があります。

「太鼓判」の語源は?

次に、「太鼓判」の語源を確認しておきましょう。

太鼓判は、通常「太鼓判を押す」といった使い方をします。この語源は諸説あり、印判の大きさを強調するため、甲斐国で作られていた一分金の太鼓判が、その一説。そして、保証付きお墨付き、との意味にとなったとの説につながります。

ちなみに、甲斐国で有名な大名は、武田信玄です。

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
akitabi