国語言葉の意味

「辛気臭い」の意味や使い方は?例文や類語をプロダクション編集者がわかりやすく解説!

この記事では「辛気臭い」について解説する。
端的に言えば「辛気臭い」の意味は「思うにまかせずくさくさした気分である、じれったく苛立たしい」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。
ライターのflickerを呼んです。一緒に「辛気臭い」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/flicker

仕事柄、言葉からひらめきをもらうことがよくある。「なるほど。そういうことか!」と言葉への知識・関心がさらに一層広がるように、さらに編プロでの編集経験を活かし理解しやすい精確な解説を心掛ける。

「辛気臭い」の意味や語源・使い方まとめ

image by PIXTA / 48277138

それでは早速「辛気臭い」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「辛気臭い」の意味は?

「辛気臭い」には、次のような意味があります。

[形][文]しんきくさ・し[ク]思うようにならず、いらいらするさま。また、気がめいるさま。「単調で―・い仕事」「―・い口調で話す」

出典:コトバンク

「辛気臭い」はこまごまとしたことが思うようにならず焦燥を感じる様子を表しますよ。関西方言から共通語化した語で日常会話中心に用いられますが、共通語で「辛気臭い」をこのような意味で用いることはあまり多くはなく、どちらかというと「辛気臭い」は気分が重く沈む様子を表す意味で使われます。これも客観的に気が滅入る状態を表すのではなく本人の主観的な気分を表す語。「憂鬱」などに比べてより気分的で侮蔑の暗示もある表現になっています。

「辛気臭い」の語源は?

次に「辛気臭い」の語源を確認しておきましょう。「辛気臭い」は「心気臭い」とも書きますが、現在では「辛気臭い」が一般的な表記となっています。それでは「心」「気」「臭」のそれぞれの漢字の成り立ちについて説明しましょう。「心」は心臓の形を描いた字。また心臓が体の真ん中にあることから「物事の中心」の意味にも使われるようになりました。そして「気」は「米」と湯気を表す「气」とを合わせた字。米を炊くときに立ち上る湯気のことから「空気のような物」の意味に使われるようになりました。最後に「臭」は鼻の形を描いた「自」と「犬」とを合わせた字。犬がクンクンと鼻でにおいを嗅ぐことから「におい」を表します。後に「くさいにおい」の意味にも使われるようになりました。

\次のページで「「辛気臭い」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: