国語言葉の意味

「若輩者」の意味や使い方は?例文や類語を字幕制作者がわかりやすく解説!

この記事では「若輩者」について解説する。

端的に言えば若輩者の意味は「若くて経験の浅い者」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

ドラマやアニメなど、数多くの映像字幕を作成した経験があるNagiを呼んです。一緒に「若輩者」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/Nagi

映像翻訳スクール出身。翻訳、チェッカー以外にも、CC字幕(クローズドキャプション)の制作多数。言葉を文字で表現する「字幕」の世界に数多く触れてきた経験を活かして、分かりやすく解説する。

「若輩者」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

「若輩者(じゃくはいもの)」という表現は、昭和生まれの筆者にとっては比較的なじみがあります。しかし、Z世代と呼ばれるような人や若者にとっては、古めかしく感じる表現かもしれません。

聞いたことがあるだけで使ったことないという人でも、そのニュアンスは何となくつかみ取れるのではないでしょうか。

それでは早速「若輩者」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「若輩者」の意味は?

まずは、国語辞典に記載されている意味を見てみましょう。「若輩者」には、次のような意味があります。

若輩の人。未熟者。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「若輩者」

「若輩者」は、本来「若輩(じゃくはい)」だけで意味を成す言葉です。そのため、辞書にも「若輩の人」という記載がされていますね。この「若輩の人」というのは、未熟で経験の浅い人、あるいは単に年が若い人という意味です。

謙譲や謙遜の意味合いを込めて、自分のことを「若輩者」と称するケースが多いですが、他人に対して使うこともできます。この場合、使い方によっては軽蔑の意味合いにもなるので注意しましょう。どちらにしても、目上の人に対して用いるには不適切な表現です。

「若輩者」の語源は?

次に「若輩者」の語源を確認しておきましょう。「若」という字は説明するまでもありませんね。では「輩」はどうでしょう?この漢字には「年齢や経験によって分類される人」という意味があります。「先輩」「後輩」という言葉を見れば、一目瞭然ですね。

さらに「輩」の字をパーツ別に見てみましょう。部首の「車」は「戦争に使われる車」、その上の「非」は「並ぶこと」を意味します。そのため、元々「輩」は「ずらりと並んだ戦車」を意味する漢字だったとか。そこから転じて「同じレベルのグループ」といった意味合いが生まれたようです。

この意味合いは「似たようなものがたくさんある=その他大勢」と解釈することもできます。ここから、謙譲のニュアンスを含む「若輩者」や「吾輩」といった表現にもつながるというわけです。

\次のページで「「若輩者」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: