この記事では「徐に」について解説する。

端的に言えば徐にの意味は「ゆっくりと」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

自治体広報紙の編集を8年経験した弘毅を呼んです。一緒に「徐に」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/八嶋弘毅

自治体広報紙の編集に8年携わった。正確な語句や慣用句の使い方が求められるので、正しい日本語の使い方には人一倍敏感。

「徐に」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「徐に」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「徐に」の意味は?

「徐に」には、次のような意味があります。

ものごとの起こり方がゆっくりとしているさま。

出典:明鏡国語辞典第三版(大修館書店)「徐に」

あわてず、ゆっくり何かをすることを表わす。

出典:新明解国語辞典第七版(三省堂)「徐に」

「徐に」の読み方は「おもむろに」です。「じょに」とは読みませんから気をつけてください。本来は「ゆっくりと」とのニュアンスを持っています。しかし文化庁が平成29年度に調査した結果では「徐に」を本来の意味で使っている人は39.8%で、「不意に」の意味として使っている人が30.9%もいました。70代や60代のご年配はまだ本来の使い方をしている人が多いのですが、50代半ばからはこれが逆転して「不意に」と誤用する人が多くなっています。

「徐に」の語源は?

次に「徐に」の語源を確認しておきましょう。「徐」は一文字で「おもむろ」と読みます。これがかつては「おもぶろ」あるいは「おもぶる」と発音されていたようなのです。日本書紀には「海神(わだつみ)、(略)おもぶるに語して曰(もう)さく」との記述があります。もっともこれは神事の際に使われていただけで一般にはあまり広まった様子はありません。この「おもぶるに」が「おもむろに」に変化したのではないでしょうか。

\次のページで「「徐に」の使い方・例文」を解説!/

「徐に」の使い方・例文

「徐に」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、例えば以下のように用いられます。

1.彼は後ろに隠していたプレゼントを彼女に徐に手渡した。
2.私はスーツの内ポケットから徐に退職願を取り出した。
3.課長は部下を呼びつけて徐に口を開いた。

「徐に」はビジネスシーンでもよく使われる表現です。もっとも文章の場合はたいていひらがなで書くことのほうが多いでしょう。「徐に」は「簡単な字なのに意外と読めない漢字ランキング 」の9位に位置しています。「徐に」というといかにも重々しい態度がうかがえますね。実際そのような場面で使うことが多い言葉です。

「徐に」の類義語は?違いは?

image by iStockphoto

次に「徐に」の類義語を見ていきましょう。これには複数あります。

その1「ゆったりと」

「ゆったりと」と言ったほうが「徐に」より意味が明確に伝わるでしょう。いかにも挙動が落ち着いていてゆっくりした感じです。「ゆっくりと」に近い言葉と言えるでしょう。「ゆったりと」はファッションでも使えます。「ゆったりした服装」と言えばスーツにネクタイのようなビジネススタイルではなく、くつろいだライフスタイルにピッタリの服装です。この場合の「ゆったりと」という表現は「徐に」とは違います。

\次のページで「その2「やおら」」を解説!/

その2「やおら」

「やおら」も「徐に」の類義語ですが、これも本来とは正反対の意味だと考えている人が多くいます。ちょっと古いですが平成18年度に文化庁が行った「国語に関する世論調査」では「やおら」の使い方を、本来の意味である「ゆっくりと」と捉えている人は40.5%で、まったく逆を意味する「急に」「いきなり」だと思っている人が43.7%と意味を取り違えている人のほうが多数に上りました。この傾向は現在でもあまり変わってはいないでしょう。表現の乱れが増えてきたことは嘆かわしいことです。くれぐれも正しい日本語を使うように注意してください。

その3「悠然と」

「悠然と」も「徐に」の類義語として使える用語です。この言葉は「徐に」や「やおら」のように意味を間違えて覚えている人はいないでしょう。文字そのものから「ゆっくりと落ち着いている様子」がうかがえます。

その4「徐々に」

「徐々に」は状態がゆっくり変化したり進んだりする時に使う言葉です。「徐に」の「徐」の文字が繰り返し使われていますから、「徐に」よりさらにゆっくりとした印象を与えます。「新人だから徐々に仕事を覚えていけばいい」というように職場でよく使われる言葉です。

その5「緩やかに」

「緩やかに」も「徐に」の類義語です。「風が緩やかに吹く」のような用法のほか「テンポを緩やかにする」という使い方があります。また「景気が緩やかに回復する」のような使い方は「徐に」と類似した使い方と言えるでしょう。

「徐に」の対義語は?

「徐に」の対義語を紹介しましょう。こちらも類義語同様たくさんあります。早速見ていきましょう。

その1「やにわに」

「やにわに」は漢字では「矢庭に」と表記します。意味は「たちどころに」とか「突然」ですから「徐に」の対義語です。言葉の語感からか「やおら」と間違って覚えている人もいるようですが、意味は正反対ですから注意してください。ちなみに「矢庭」とは文字どおり矢を射る場所のことです。戦国時代にうかつにそのような場所にいると突然矢が飛んでくるところから「突然」という意味になりました。

\次のページで「「徐に」の英訳は?」を解説!/

「徐に」の英訳は?

image by iStockphoto

最後に「徐に」の英訳を見ていきましょう。

その1「slowly」

「slowly」「ゆっくりと」「のろのろと」を意味する英語です。あなたもよくご存じの「slow」がもとになっています。「slow」は「go」「drive」「move」「read」などの動詞の後ろにしか置けませんが「slowly」にはそのような制約はなく、どこにでも置くことができるのが違うところです。

その2「deliberately」

「deliberately」には「慎重に」「落ち着いて」「ゆっくりと」という意味があります。したがって「徐に」の英訳として扱ってもいいでしょう。ただし「deliberately」は多くは「故意に」「わざと」といった意味で使われることが多いのです。なぜまるで意味の違う言葉をこのように使うようになったのか理由は不明ですが、英会話などで使用する時は十分気をつけてください。このほか「tardily」という英語もありますが、これは「のろのろと」とか「遅れて」という意味があり、幾分ネガティブな印象がありますから「徐に」とは分けて考えたほうがいいでしょう。

「徐に」を使いこなそう

この記事では「徐に」の意味・使い方・類語などを説明しました。「徐に」は「やおら」とともに、正反対の意味に間違えやすい言葉です。この機会にしっかりと正しい意味を覚え、使えるようにしてください。

" /> 「徐に」の意味や使い方は?例文や類語を元広報紙編集者がわかりやすく解説! – Study-Z
国語言葉の意味

「徐に」の意味や使い方は?例文や類語を元広報紙編集者がわかりやすく解説!

この記事では「徐に」について解説する。

端的に言えば徐にの意味は「ゆっくりと」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

自治体広報紙の編集を8年経験した弘毅を呼んです。一緒に「徐に」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/八嶋弘毅

自治体広報紙の編集に8年携わった。正確な語句や慣用句の使い方が求められるので、正しい日本語の使い方には人一倍敏感。

「徐に」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「徐に」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「徐に」の意味は?

「徐に」には、次のような意味があります。

ものごとの起こり方がゆっくりとしているさま。

出典:明鏡国語辞典第三版(大修館書店)「徐に」

あわてず、ゆっくり何かをすることを表わす。

出典:新明解国語辞典第七版(三省堂)「徐に」

「徐に」の読み方は「おもむろに」です。「じょに」とは読みませんから気をつけてください。本来は「ゆっくりと」とのニュアンスを持っています。しかし文化庁が平成29年度に調査した結果では「徐に」を本来の意味で使っている人は39.8%で、「不意に」の意味として使っている人が30.9%もいました。70代や60代のご年配はまだ本来の使い方をしている人が多いのですが、50代半ばからはこれが逆転して「不意に」と誤用する人が多くなっています。

「徐に」の語源は?

次に「徐に」の語源を確認しておきましょう。「徐」は一文字で「おもむろ」と読みます。これがかつては「おもぶろ」あるいは「おもぶる」と発音されていたようなのです。日本書紀には「海神(わだつみ)、(略)おもぶるに語して曰(もう)さく」との記述があります。もっともこれは神事の際に使われていただけで一般にはあまり広まった様子はありません。この「おもぶるに」が「おもむろに」に変化したのではないでしょうか。

\次のページで「「徐に」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: