この記事では「掠め取る」について解説する。

端的に言えば掠め取るの意味は「奪い取る」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

放送局の制作現場の最前線で10年の経験を積んだsinpeito88を呼んです。一緒に「掠め取る」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/sinpeito88

放送局の現場で10年間、ニュース原稿などを日々執筆。より正確な情報を届けられるよう言葉の探求を続けている。

「掠め取る」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「掠め取る」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「掠め取る」の意味は?

「掠め取る」には、次のような意味があります。

1.奪い取る。盗み取る。

2.ごまかして奪い取る。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「掠め取る」

「掠め取る」には、まず「奪い取る、盗み取る」という意味があります。そもそも、「掠める」という言葉には、「人が見ていないすきに何かをする」という意味があり、「掠め取る」は「人が見ていないようなすきに、物を取る」ということを表す言葉となるのです。

また、「掠め取る」には「ごまかして奪い取る」という意味があります。これも一つ目の意味と同じ「奪い取る」ですが、「相手に油断やすきを作らせる」という行為をしたうえで奪い取っているということです。

いずれの意味からも分かる通り、「奪う」の中でもやり口が汚いものに使われるということが分かります。スポーツなどのレギュラー争いが正々堂々行われた末に控え選手がレギュラーからその座を奪った場合、「掠め取る」というのは不適切です。「掠め取る」という言葉を使う際には、窃盗など「やり口が正統ではない」という意味を込めて使うと良いでしょう。

「掠め取る」の語源は?

次に「掠め取る」の語源を確認しておきましょう。

この言葉は「掠める」と「取る」に分解することが出来ます。「掠める」には「すきをうかがって、すばやく盗む」という意味があり、「取る」を付け加えることで「奪う」という意味を強めているわけです。

また「掠める」には「素早く何かをする」という意味もあるので「掠め取る」は、ゆっくりと時間をかけて奪い取るというよりは、相手と対峙している時間を短くして、一瞬のすきで金品などを奪い去るようなニュアンスが込められています。

\次のページで「「掠め取る」の使い方・例文」を解説!/

「掠め取る」の使い方・例文

「掠め取る」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

1.かつて東京の繁華街では、他人の財布を掠め取る犯罪が横行した。
2.マッチングアプリを使った結婚詐欺で、結婚資金としてためてきたお金を掠め取られた。

「掠め取る」は他人が大切にしているものを、騙したり、あるいは気づかれないように素早く「奪い取る」という意味を持ったことばです。一番代表的なものはお金など金品ですが、科学技術や登録情報、保存データ、サービスや機能といったものまで、多岐にわたって「掠め取る」モノの対象となります。

また、「掠め取る」相手との関係性ついても、定義されたものはありません。恋人や家族からも、まったく知らない人であっても、男性でも女性でも「掠め取る」は使用可能な単語です。大切なことは、相手にとって「奪い取られた」ことがマイナスであること。そして、相手が気づかないように遂行されたことであるということです。

「掠め取る」の類義語は?違いは?

image by iStockphoto

「掠め取る」の類義語として挙げられるのは、「かっぱらう」「くすねる」「ちょろまかす」「ひったくる」などがあります。それぞれの意味は「何かを盗み取る、奪い取る」ということです。しかし、4つの単語それぞれに表現されているニュアンスは少しずつ違います。

例えば「かっぱらう」は「掠め取る」という意味ですが、「置いてあるもの」を奪い去るときに使われる言葉です。「くすねる」は「こっそり掠め取る」意味で、まさに「抜き足差し足」で相手から金品を奪うイメージ。さらに、「ちょろまかす」「数量や金額」といった質量のあるものをごまかして自分が得をするときに使う単語。「ひったくる」は相手が持っているものをある程度強引に奪い取る行為を指して使われます。

その1「かっぱらう」

「置いてあるものなどを、人目を盗んで掠め取る」という意味の「かっぱらう」という言葉。「掠め取る」対象がモノであるときに使われます。よって、小説など読み物の内容や知識などを奪い取ったとしても「かっぱらう」という表現はできません。置いてあるバックや、お財布、アクセサリーなどを奪い去った時に使いましょう。もちろん、こうした行為は犯罪ですので、実際に行った人は刑法により裁かれます。

\次のページで「その2「くすねる」」を解説!/

男性は、高齢の女性が置き忘れた財布をかっぱらって、警察に逮捕された。

その2「くすねる」

「くすねる」は「こっそり盗み取って、自分のものにしてしまう」という意味の言葉です。「掠め取る」行為にプラスして「こっそり」という要素が加わります。相手に気づかれないような早業というよりは、そっと盗みに入って、相手に気づかれないように静かに盗み去る印象です。

友人は、父親の書斎からくすねてきたブランデーを私のグラスに注いだ。

その3「ちょろまかす」

「人の目を盗み、金額や数量をごまかして、自分が得をする」という意味を持つ「ちょろまかす」という言葉。ごまかして、お金や数量で得をするということですので「掠め取る」という言葉の対義語となります。「ちょろり」という単語と「まかす」という単語がくっついてできた連語です。

薄給の会社の同僚たちは、会社に請求する交際費をちょろまかして生活をしのいでいる。

その4「ひったくる」

「人が持っているものをつかんで無理に奪い去る」という意味の「ひったくる」という言葉。「かっぱらう」は置いてあるものでしたが、「ひったくる」は人が持っているものを、つかみ取って、さらに無理に奪い取るという悪質極まりない行為に対して使われます。「ひったくり犯」という表現があるとおり、行為の主体者が悪意を持って行う行為に対して使われることがほとんどです。

\次のページで「「掠め取る」の対義語は?」を解説!/

深夜、バイクに乗った男が歩いていた女性から現金入りのバッグをひったくる事件が発生した。

「掠め取る」の対義語は?

image by iStockphoto

「人から奪い取る、ごまかして盗む」といった意味の「掠め取る」という言葉の対義語として挙げられる言葉は「人から奪い取らない、ごまかして盗むようなことをしない」という意味の言葉となります。よって、そうした意味の言葉はありません。

「掠め取る」を使いこなそう

この記事では「掠め取る」の意味・使い方・類語などを説明しました。

「奪い去る、ごまかして盗み取る」という意味を持つ「掠め取る」という言葉。

盗み取る対象がモノからデータなど実体のないものまで多岐にわたって使用できます。

また、盗み取る相手がどういう関係性であるかも制限のないフレーズです。

「してやられた」という感じで何かを奪い去られたり、盗み取られたシーンは、まさに「掠め取る」の使いどころとなります。

" /> 「掠め取る」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターがわかりやすく解説! – Study-Z
国語言葉の意味

「掠め取る」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターがわかりやすく解説!

この記事では「掠め取る」について解説する。

端的に言えば掠め取るの意味は「奪い取る」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

放送局の制作現場の最前線で10年の経験を積んだsinpeito88を呼んです。一緒に「掠め取る」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/sinpeito88

放送局の現場で10年間、ニュース原稿などを日々執筆。より正確な情報を届けられるよう言葉の探求を続けている。

「掠め取る」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「掠め取る」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「掠め取る」の意味は?

「掠め取る」には、次のような意味があります。

1.奪い取る。盗み取る。

2.ごまかして奪い取る。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「掠め取る」

「掠め取る」には、まず「奪い取る、盗み取る」という意味があります。そもそも、「掠める」という言葉には、「人が見ていないすきに何かをする」という意味があり、「掠め取る」は「人が見ていないようなすきに、物を取る」ということを表す言葉となるのです。

また、「掠め取る」には「ごまかして奪い取る」という意味があります。これも一つ目の意味と同じ「奪い取る」ですが、「相手に油断やすきを作らせる」という行為をしたうえで奪い取っているということです。

いずれの意味からも分かる通り、「奪う」の中でもやり口が汚いものに使われるということが分かります。スポーツなどのレギュラー争いが正々堂々行われた末に控え選手がレギュラーからその座を奪った場合、「掠め取る」というのは不適切です。「掠め取る」という言葉を使う際には、窃盗など「やり口が正統ではない」という意味を込めて使うと良いでしょう。

「掠め取る」の語源は?

次に「掠め取る」の語源を確認しておきましょう。

この言葉は「掠める」と「取る」に分解することが出来ます。「掠める」には「すきをうかがって、すばやく盗む」という意味があり、「取る」を付け加えることで「奪う」という意味を強めているわけです。

また「掠める」には「素早く何かをする」という意味もあるので「掠め取る」は、ゆっくりと時間をかけて奪い取るというよりは、相手と対峙している時間を短くして、一瞬のすきで金品などを奪い去るようなニュアンスが込められています。

\次のページで「「掠め取る」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: