国語言葉の意味

「尚早」の意味や使い方は?例文や類語を読書家Webライターがわかりやすく解説!

この記事では「尚早」について解説する。

端的に言えば尚早の意味は「まだ早すぎること」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

幼少期から様々な分野の本を読み続け、知識を深めてきた川瀬を呼んです。一緒に「尚早」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/川瀬

幼少期から多種多様な本を与えられて育ち、分からない言葉があれば辞書で引く癖がついていた。本を読み続けていく中で、細やかで表現力豊かな美しい日本語に魅了される。これまでの読書量を活かし、丁寧に言葉の意味を解説していく。

「尚早」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

皆さんも「時期尚早」という言葉を、一度は見聞きしたことがあるのではないでしょうか。日常生活は勿論、ビジネスシーンでもよく使われる言葉です。なんとなく、「まだ早いこと」とイメージはつきますが、正しい意味と使い方を理解する事によって、適切な場面で使う事が出来ます。それでは早速「尚早」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「尚早」の意味は?

「尚早」には、次のような意味があります。

そのことをするにはまだ早すぎること。「時期尚早」

出典:デジタル大辞泉(小学館)「尚早」

「尚早」は「しょうそう」と読みます。よく、「そうしょう」と間違われる方も多いため、読み方には注意しましょう。「尚早」とは、「そのことをするにはまだ早すぎること」という意味。また、「そのことをするには早すぎるため、今しても上手くはいかない」というニュアンスも入っています。

「尚早」の語源は?

次に「尚早」の語源を確認しておきましょう。「尚早」は、「尚早い」という言葉から来ていると言われています。「尚」という感じは、「まだ」という意味を含んでおり、「早」は言葉通り「はやい」という意味です。この2つの漢字が組み合わさる事で、「尚早」になり、「まだ早いこと」という意味になります。

\次のページで「「尚早」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: