理科生物

5分でわかる「木村 資生」日本のダーウィン?遺伝学に影響を与えた遺伝学者を医学系研究アシスタントがわかりやすく解説

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

木村資生先生が中立説を提唱したばかりは、ダーウィンの自然選択説を批判するものとして対立していたんだな。木村先生にとってそれは本意じゃなかっただろうな。

分子レベルでの研究が発達して、現在の大多数の進化生物学者間では両者は両立できるものとしているぞ。その経緯を見ていこう。

ID: ↑パーツ内本文:136文字

2000年代以降の中立進化説

image by iStockphoto

科学技術が進歩し、分子生物学の発達によって、遺伝子レベルで古生物の形態を調べることが可能になりました。このことによって、多くの中立的な突然変異が起こっていることが明らかになりましたよ。現在集団遺伝学の分野で指示されている学説は、「総合説」ですよ。

「総合説」について詳しく見ていきましょう

ID: ↑パーツ内本文:145文字

総合説

総合説とは、メンデルによる遺伝の法則とダーウィンの自然選択とを結びつけて進化を総合的に理解しようとするものですよ。ちなみにメンデルの遺伝の法則は、1866年に唱えられたものですから、ダーウィンの自然選択説よりも新しい説なのですよ。さらに、総合説では、自然選択や突然変異以外でも遺伝的浮動や隔離についてさまざまな要因を含んで進化について研究する考え方ですよ。

現代では、次世代シークエンサーやワークステーションなどのより洗練された機器や手法を使って古代生物のゲノム解析が可能となっておりますので、今後集団遺伝学において新たな発見があるかもしれませんね。

ID: ↑パーツ内本文:276文字

近代的な進化説に貢献した中立説

19世紀になると、進化や遺伝についての研究が進み始めました。ラマルクの用不用説、ダーウィンの自然選択説、ドフリースの突然変異説は現在の集団遺伝学の研究の要素にも含まれています。ラマルクやダーウィンは種を残すためにより有利な遺伝子の存在についてフォーカスしていますが、木村資生先生は種を残すために有利でも不利でもない中立的な存在の遺伝子に注目したことは大きな功績ですね。一見すると、木村資生先生の中立進化説はダーウィンの自然選択説を否定しているようにも見えますが、こちらもしっかりと現在の集団遺伝学の要素に含まれていますね。

微生物を含むすべての生物のゲノム解析が進めば、今後変異のメカニズムがわかってくるかもしれませんね。

ID: ↑パーツ内本文:312文字
1 2 3
Share:
mimosa0708