国語言葉の意味

【ことわざ】「鬼の居ぬ間に洗濯」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターがわかりやすく解説!

「鬼の居ぬ間に洗濯」を使いこなそう

「鬼の居ぬ間に洗濯」は「怖い人や気兼ねする人のいない間に、思う存分くつろぐこと」という意味。類義語には「鬼の留守に豆拾い」、対義語には「虎穴に入らずんば虎子を得ず」、英語の表現としては「When the cat’s away, the mice will play」、鬼が入ってくる方向を「鬼門」ということ等がわかりましたね。

ことわざや慣用句の多さからもわかるように、鬼は昔から私たちと深い関わりをもっています。この関わりの深さは自然に対する畏敬の念や私たち人間の心に潜む鬼の存在を示しているのかもしれませんね。

1 2 3 4
Share: