国語言葉の意味

「取り留めのない」の意味や使い方は?例文や類語を元広報紙編集者がわかりやすく解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「取り留めのない」について解説する。

端的に言えば取り留めのないの意味は「まとまりがない」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

自治体広報紙の編集を8年経験した弘毅を呼んだ。一緒に「取り留めのない」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/八嶋弘毅

自治体広報紙の編集に8年携わった。正確な語句や慣用句の使い方が求められるので、正しい日本語の使い方には人一倍敏感。

「取り留めのない」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「取り留めのない」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「取り留めのない」の意味は?

「取り留めのない」の意味を国語辞典で探したのですが、そのものズバリを説明したものはありませんでした。そこで「取り留め」の意味を調べ、その否定形が「取り留めのない」になるわけですから、そのような形で解説します。

「取り留め」には、次のような意味があります。

きちんとしたまとまり。はっきりとした目標

出典:明鏡国語辞典第三版(大修館書店)「取り留め」

上記のように「取り留め」には「きちんとしたまとまり」「はっきりとした目標」の意味があります。それならば「取り留めのない」は「まとまっていない」「しっかりした目標がない」ということです。言い換えるなら「一貫性に欠け、要領を得ない」ことを意味します。

「取り留めのない」の語源は?

次に「取り留めのない」の語源を確認しておきましょう。語源というほどの語源はありませんから、主に大正時代に活躍した有名な小説家・芥川龍之介の作品から2か所引用します。

申(さる)の刻(こく)下(さ)がりからふり出した雨は、いまだに上るけしきがない。
そこで、下人は、何をおいても差当り明日あすの暮しをどうにかしようとして――云わばどうにもならない事を、どうにかしようとして、とりとめもない考えをたどりながら、(中略)
雨は、羅生門をつつんで、遠くから、ざあっと云う音をあつめて来る。

引用:『羅生門』(芥川龍之介)

\次のページで「「取り留めのない」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: