この記事では「颶風」について解説する。

端的に言えば颶風の意味は「激しい風」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

ドラマやアニメなど、数多くの映像字幕を作成した経験があるNagiを呼んです。一緒に「颶風」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/Nagi

映像翻訳スクール出身。翻訳、チェッカー以外にも、CC字幕(クローズドキャプション)の制作多数。言葉を文字で表現する「字幕」の世界に数多く触れてきた経験を活かして、分かりやすく解説する。

「颶風」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

颶風」の読み方は「ぐふう」です。「颶」という漢字が難しいですね。すんなり読めたという人は少ないのではないでしょうか。

それでは早速「颶風」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「颶風」の意味は?

まず、国語辞典に記載されている意味を見てみましょう。「颶風」には、次のような意味があります。

1.強く激しい風。

2.熱帯低気圧や温帯低気圧に伴う暴風をいう古い気象用語。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「颶風」

強く激しい風のことを指す「颶風」ですが、辞書の記載から分かるように、気象用語としても使われていたようです。「古い気象用語」といえば、台風も古くは「颱風」と書くのが公式でした。戦後、当用漢字が定められた際に「颱」の字から「台」に置き換えられたそうです。「颱(たい)」の語源は、英語のTyphoon(タイフーン)からきているとする説が一般的ですが、実際には諸説あり。「台湾付近の風」が由来とする説や、「大風(中国や台湾での暴風の呼び名)」の発音に由来する説などがあります。

「颶風」の語源は?

次に「颶風」の語源を確認しておきましょう。「颶」という漢字は、部首である「風」と「」という字の組み合わせであることに注目してください。「具」には「完全にそろえる」という意味があります。ここから「東西南北の四方から吹きまわしてくる風=颶風」になるというわけです。

\次のページで「「颶風」の使い方・例文」を解説!/

「颶風」の使い方・例文

続いて「颶風」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

1.雨まじりのひどい颶風のために、投票に行きたくても外出できずにいる。

2.颶風によって木の葉が巻き上がった。

3.今にも颶風が吹き起こりそうな空模様だ。

例文1や例文2からは、強い風の音も合わせて聞こえてきます。例文3では、不安な気持ちになるような空模様が見て取れますね。このように「颶風」を文章語として使うと、この言葉が持つ独特のニュアンスが伝わりやすいことが分かるでしょう。

ちなみに、漫画『NARUTO』には「颶風水渦の術」という必殺技が出てくるそうです。

「颶風」の類義語は?違いは?

image by iStockphoto

ここからは「颶風」の類義語を見ていきましょう。「激しい風」と同じような意味を持つ言葉を、いくつか紹介していきます。

その1「旋風」

旋風」の読み方は「せんぷう」ですが、「つむじかぜ」と読むこともできます。意味は「渦巻き状に吹く風」のこと。規模的には直径50メートル以下の風のことを指すので、竜巻よりは小さいと覚えておくとよいでしょう。実際には「旋風を巻き起こす」といったように、この風の性質を比喩的に用いた表現が一般的です。

\次のページで「その2「野分」」を解説!/

その2「野分」

野分」は「のわき」あるいは「のわけ」と読みます。秋の台風に対する古い呼び方で、「二百十日(立春から数えて210日目の9月1日頃)」と「二百二十日(220日目の9月11日頃)」前後に吹く風のことを指していたそうです。俳句の季語時候のあいさつにも使われています。また、源氏物語の巻名夏目漱石の小説のタイトルとしても有名ですね。

「颶風」の対義語は?

次は「颶風」の対義語を見ていきましょう。「激しい風」と反対の意味合いを持つ言葉をいくつか紹介していきます。

その1「薫風」

薫風(くんぷう)」は、若葉の香りを含んだ初夏の穏やかな風のことです。「颶風」の対義語ではありませんが、反対の意味合いが十二分に感じられますよね。「風薫(かぜかお)る」という言い方は、漢語の「薫風」を訓読みして和語化したもの。夏の季語でもあり、時候のあいさつにも使われます。

その2「そよ風」

そよ風」は、名前のとおり「そよそよと吹く風」のこと。「強風」の対義語である「微風(びふう)」と同義なので、颶風とも反対の意味合いがあるといえるでしょう。その癒しのイメージからか、「そよかぜ」というキーワードで検索すると、福祉や介護などの施設名に多く使われていることが分かります。

「颶風」の英訳は?

image by iStockphoto

日本語の「颶風」は英語で表現すると、どのようになるのでしょうか?ここからは日本というフィールドを離れて、文化や習慣の異なる英語圏の視点から「颶風」の英語訳を見ていきましょう。

その1「typhoon」

「typhoon(タイフーン)」は日本語で「台風」と訳されることが一般的ですが、日本基準の「台風」と国際基準の「typhoon」は定義が異なるので注意が必要です。

日本では最大風速が毎秒17.2メートル以上、および東アジア周辺の太平洋(赤道より北で、東経180度より西)に存在するものを「台風」。風速が毎秒32.7メートル以上の勢力をもち、東経180度より東に進んだものをhurricane(ハリケーン)」と呼びます。

一方、国際基準では風速が毎秒17.2メートル未満のものを、Tropical Depression。 毎秒24.5メートル未満は、Tropical Storm。毎秒32.7メートル未満の場合、Severe Tropical Storm。そして、毎秒32.7メートル以上になると「Typhoon」あるいは「Hurricane」と呼ばれます。

\次のページで「その2「storm」」を解説!/

その2「storm」

日本語で「暴風」を意味する「storm」でも、日本語の「颶風」を表すことができるでしょう。「嵐」や「大しけ」など、急変する悪天候といった印象が強い単語です。「typhoon」や「hurricane」よりは規模が小さいので、形容詞をうまく用いながら使うと、より「颶風」のニュアンスに近づくでしょう。

1.A terrible storm caught them on their way back.
帰り道、彼らはすさまじい強風に襲われた。

2.A storm wind was blowing outside.
外では颶風が吹き荒れていた。

「颶風」を使いこなそう

この記事では「颶風」の意味・使い方・類語などを説明しました。会話の中で「グフウ」と言っても、分かってもらえるのは難しいでしょう。その反面、読めたり書けたりしたらカッコいいですよね。どんなことでも、モチベーションを上げて取り組むことは大切です。「言葉をよく知るカッコいい人」を目指して、語彙力をどんどん高めていきましょう。

" /> 「颶風」の意味や使い方は?例文や類語を字幕制作者がわかりやすく解説! – Study-Z
国語言葉の意味

「颶風」の意味や使い方は?例文や類語を字幕制作者がわかりやすく解説!

この記事では「颶風」について解説する。

端的に言えば颶風の意味は「激しい風」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

ドラマやアニメなど、数多くの映像字幕を作成した経験があるNagiを呼んです。一緒に「颶風」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/Nagi

映像翻訳スクール出身。翻訳、チェッカー以外にも、CC字幕(クローズドキャプション)の制作多数。言葉を文字で表現する「字幕」の世界に数多く触れてきた経験を活かして、分かりやすく解説する。

「颶風」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

颶風」の読み方は「ぐふう」です。「颶」という漢字が難しいですね。すんなり読めたという人は少ないのではないでしょうか。

それでは早速「颶風」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「颶風」の意味は?

まず、国語辞典に記載されている意味を見てみましょう。「颶風」には、次のような意味があります。

1.強く激しい風。

2.熱帯低気圧や温帯低気圧に伴う暴風をいう古い気象用語。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「颶風」

強く激しい風のことを指す「颶風」ですが、辞書の記載から分かるように、気象用語としても使われていたようです。「古い気象用語」といえば、台風も古くは「颱風」と書くのが公式でした。戦後、当用漢字が定められた際に「颱」の字から「台」に置き換えられたそうです。「颱(たい)」の語源は、英語のTyphoon(タイフーン)からきているとする説が一般的ですが、実際には諸説あり。「台湾付近の風」が由来とする説や、「大風(中国や台湾での暴風の呼び名)」の発音に由来する説などがあります。

「颶風」の語源は?

次に「颶風」の語源を確認しておきましょう。「颶」という漢字は、部首である「風」と「」という字の組み合わせであることに注目してください。「具」には「完全にそろえる」という意味があります。ここから「東西南北の四方から吹きまわしてくる風=颶風」になるというわけです。

\次のページで「「颶風」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: