国語言葉の意味

「虚空」の意味や使い方は?例文や類語を元広告会社勤務ライターがわかりやすく解説!

この記事では「虚空」について解説する。

端的に言えば虚空の意味は「何もない空間」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

今回は広告会社で経験を積み、文章の基本と言葉の使い方を知るライターのHataを呼んです。一緒に「虚空」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/Hata

以前は広告会社に勤務しており、多くの企業の広告作成経験を持つ。相手に合わせた伝え方や言葉の使い方も学び、文章の作成や校正が得意。現在はその経験をいかし、ライターとして活動中。

「虚空」の意味や語源・使い方まとめ

image by PIXTA / 20632892

それでは早速「虚空(こくう)」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「虚空」の意味は?

「虚空」には、次のような意味があります。

一.[名]
1.何もない空間。大空。
2.仏語。何も妨げるものがなく、すべてのものの存在する場所としての空間。

二.[名・形動ナリ]
1.事実にもとづかないこと。また、そのさま。架空。
2.とりとめがないこと。また、そのさま。漠然。
3.思慮分別がないさま。むやみ。やたら。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「虚空」

「虚」とは“うつろ”と読み、実体のないことや何もない様子を指します。「空(くう)」とは、広がる空間のこと。「虚空(こくう)」とは、何もない空間を指す言葉です。何もないという意味から転じて“大空”の意味でも使われます。読み方は一般的に「こくう」と読むことが多いですが、「きょくう」と読むことも可能です。

辞書の意味にあるように、架空の物事に対して使うこともあります。ただし“とりとめがない”様子や“思慮分別がない”という様子は古語表現で、現代ではほぼ見られない使い方です。

「虚空」の語源は?

次に「虚空」の語源を確認しておきましょう。「虚空」の由来は古代インドで用いられていたサンスクリット語に由来しています。

「虚空」とは、サンスクリット語の「アーカーシャ」の漢訳。「空」または「虚空界」とも言い、一般的に“天空”や“空間”などを意味します。これに加えて古代インド哲学では“何も妨げるものもなく、すべてのものが存在する場所”、あるいは“世界を構成する要素”であり、実体として重要な概念です。

なお仏教では、「虚空蔵(こくうぞう)」や「虚空蔵菩薩(こくうぞうぼさつ)」といった用語もあります。これらも同じく「アーカーシャ」である「虚空」の概念から訳されたものです。

\次のページで「「虚空」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: