世界史古代ローマ

5分でわかる「元老院」誰がなった?古代ローマの政治事情は?歴史オタクがわかりやすく解説

2.世界初の共和政を実現。その実際は?

image by PIXTA / 87680566

王政ローマが終わり「共和政ローマ」の時代へと移り変わります。ローマの人々のなかに根付いた王政嫌いの風潮により、新たな王は選ばれず、ローマの共和政は紀元前509年から紀元前27年まで長きにわたって続きました。

元老院は本来、共和政の中心となる執政官(コンスル)や、非常時に任命される独裁官(ディクタトル)の諮問機関です。しかし、元老院のメンバーはほとんどが有力な貴族ですから、次第に助言を行うだけでなく、執政官を牽制するようになり、非常に大きな権力を握るようになっていきました。

ID: ↑パーツ内本文:239文字

執政官と元老院、実際にはどっちが強い?

王の追放後、ローマは執政官を中心にした「貴族共和政」を行います。執政官はローマのなかでは軍事と民政を行う最高の役職で、定員二名、任期は一年です。これは王様のようにひとりの人間に権力が集中するのを避けるためでした。ただし、この執政官に選ばれるのは貴族のみ。元老院もまた貴族のみで構成されていました。共和政と言っても、ローマのすべての人々が政治に参加できたわけではないのです。

共和政ローマの中心となる「執政官」ですが、実際には「元老院」のほうが権威は強いものでした。というのもの、権力の集中を避けるために執政官の任期はたった一年だけなのに対し、元老院は一度メンバーに選ばれればやめることはありません。そのため、政治や戦争の経験にノウハウは圧倒的に元老院のほうが上になりますよね。特に戦争となると、彼らの経験は欠かせることができません。そのため、元老院への信頼は厚くなり、事実上ローマの最高議決機関として強い決定権を持つようになったのです。

ID: ↑パーツ内本文:419文字

貴族中心から平等な共和政ローマへ!

それまでの戦争などで平民たちは自分たちで武器をとり重装歩兵として軍の中心となっていました。彼らがいなければ余所に戦争をしかけることも、自分たちのローマを守ることもままなりません。そこで起こったのが紀元前五世紀の「身分闘争」です。貴族中心の政治に不満を持っていた平民たちは政治の平等を要求し、改革が行われました。

その結果、紀元前四世紀には執政官のうち一人を平民から選ぶことになり、貴族と平民の平等化がはかられます。また、執政官を経験したものは元老院のメンバーに選ばれることもあり、元老院にも平民が入るようになりました。

さらに紀元前三世紀になると平民たちで構成される「平民会」から出た決議が法律としても認められるように。法的に貴族と平民の差はなくなり、完全な共和政ローマとなったのです。

ID: ↑パーツ内本文:345文字

元老院の決定を拒否!?平民会からの選出される「護民官」

image by PIXTA / 63657571

ローマの事実上の最高決議機関となっていた元老院ですが、身分闘争の末に、平民会と、平民会から選ばれる「護民官」が登場します。

平民会が登場した当初は、そこから発せられた決まりは平民たちのみにしか適応されず、ローマの法とするためには元老院の承認が必要でした。しかし、紀元前287年に平民出身の独裁官ホルテンシウスがホルテンシウス法を制定。平民会の決議は元老院の承認を得ずとも法律にすることができるようになります。ホルテンシウス法の登場により身分闘争は終結したのです。

さらに平民会から選ばれた「護民官」は、執政官の政治や元老院の決定に対して拒否権を持ち、時には執政官や元老院の不平に対して罰金や死刑を課すことができました。護民官は貴族と平民の間に立つ立場であり、平民を保護、救済する役割を担ったのです。

ID: ↑パーツ内本文:351文字
no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

王政から共和政になり執政官よりも強い決定権を持つようになった「元老院」。だが、戦争で軍の中核を担うようになった平民たちが起こした身分闘争によって平民会の力が強まり、元老院の決定を拒否することができる「護民官」が登場した。「元老院」といえども、その権力は絶対ではなかったんだな。

ID: ↑パーツ内本文:138文字

3.どうなる?皇帝たちと元老院の関係と行く末

image by PIXTA / 37851449

時代が進むにつれ、ローマはさらなる領土拡大を続けていきます。そうしたなかで台頭したのが騎士たちでした。騎士たちはやがて貴族や元老院と対立を始めるように。そして、民会や騎士を基盤とする新興富裕層(新興貴族階級)の平民派、元老院の名門貴族たちを基盤とする門閥派が対立することになります。

平民派と門閥派は争い合い、「内乱の一世紀」が起こってしまうのでした。その結果、登場したのが「カエサル」です。

ID: ↑パーツ内本文:197文字
次のページを読む
1 2 3
Share:
riri_ririco