国語言葉の意味

【慣用句】「虫の知らせ」の意味や使い方は?例文や類語を現役文学部生ライターがわかりやすく解説!

この記事では「虫の知らせ」について解説する。

端的に言えば虫の知らせの意味は「感覚的に悪いことが起きていることを悟ること」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

日本語学を学び学習ライターを経験したfleurを呼んです。一緒に「虫の知らせ」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/fleur

小学校の頃の趣味は広辞苑を読むこと。日本語学を専攻し、出版社で校正を担当した経験も活かしわかりやすい日本語解説記事を発信する。

「虫の知らせ」の意味や語源・使い方まとめ

image by PIXTA / 58311118

それでは早速「虫の知らせ」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「虫の知らせ」の意味は?

まず、基本的な部分から解説していきます。「虫の知らせ」は、辞書的には次のような意味がある慣用句です。

よくないことが起こりそうであると感じること。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「虫の知らせ」

「虫の知らせ」は相手から直接知らせを受けるのではなく突然嫌な予感がし、実際に悪いことが起きる・起きていることを表します。

意思疎通がなんとなくできる犬や猫などの動物ではなく「虫」が知らせるというところがポイントでしょう。

「虫の知らせ」の語源は?

次に「虫の知らせ」の語源を確認しておきましょう。

元々は、体の中にいる「虫」が体や精神・感情に影響を与えると考える風習から生まれた表現です。

この「虫」は「腹の虫がおさまらない」「虫の居所が悪い」などの言葉にも登場しています。

\次のページで「「虫の知らせ」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: