国語言葉の意味

【慣用句】「為せば成る」の意味や使い方は?例文や類語を元広報紙編集者が解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「為せば成る」について解説する。

端的に言えば為せば成るの意味は「一意専心」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

自治体広報紙の編集を8年経験した弘毅を呼んだ。一緒に「為せば成る」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

kohki

ライター/八嶋弘毅

自治体広報紙の編集に8年携わった。正確な語句や慣用句の使い方が求められるので、正しい日本語の使い方には人一倍敏感。

「為せば成る」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「為せば成る」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「為せば成る」の意味は?

「為せば成る」には、次のような意味があります。

できそうもないことでも、その気になってやり通せば必ず成就するということ。

出典:明鏡国語辞典第三版(大修館書店)「為せば成る」

「為せば成る」は米沢藩(現在の山形県)第9代藩主・上杉鷹山が家臣に与えた教訓として有名な言葉です。上杉家はもともと会津藩120万石を領した大名でした。しかし上杉景勝の代に関ヶ原の戦いで石田三成らの西軍につき、徳川家康率いる東軍に敗北。米沢藩30万石へと減封・移封され、江戸時代に入って3代綱勝の急死によりさらに15万石にまで石高を減らされ、常に逼迫した財政の舵取りを行わなければならなくなります。

そのような苦しい財政事情のなかで藩主となった上杉鷹山は、名門意識の高い家臣団の抵抗に遭いながらも強い意志と行動力で諸々の改革を達成し、名君として後世に残るほどの成果を残しました。昭和39年(1964)の東京オリンピックで女子バレーボールチームを優勝に導いた大松博文監督の座右の銘としても広く知れ渡っています。大松監督は徹底したスパルタ式トレーニングで選手の根性を鍛え、自身が率いたバレーボールチームを「東洋の魔女」と言われるまでに育てあげたのです。

「為せば成る」の語源は?

次に「為せば成る」の語源を確認しておきましょう。上杉鷹山の名言として知られるこの言葉は、武田信玄の「為せば成る、為さねば成らぬ成る業を、成らぬと捨つる人の儚(はかな)さ」を拝借したものです。その出典は諸侯や君主が政治を行ううえでの心構えや訓戒を記した古代中国の書『書経』の「為さずんばなんぞ成らん」まで遡ります。

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
kohki