国語言葉の意味

【慣用句】「臍を噛む」の意味や使い方は?例文や類語を日本文学部卒Webライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「臍を噛む」について解説する。

端的に言えば臍を噛むの意味は「後悔すること」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

今回は日本文学部卒の現役WEBライター、ヒマワリを呼んだ。一緒に「臍を噛む」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/ヒマワリ

今回の記事を担当するのは、日本文学科卒で現役ライターのヒマワリ。専攻は近代文学だが、古典からマンガまで幅広く読んでいる。受験生家庭教師の経験を生かして、「臍を噛む」についてわかりやすく丁寧に説明していく。

「臍を噛む」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

臍を噛む」は「ほぞをかむ」と読みます。日常会話ではあまり耳にしない言葉かもしれませんが、小説などではしばしば目にすることもあるでしょう。意味をなんとなく知っている人も少なくないとはおもいますが、「臍」とは一体何のことなのでしょう。また、どんな理由で慣用句になったのでしょうか。

それでは早速「臍を噛む」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「臍を噛む」の意味は?

まず初めに「臍を噛む」の正確な意味を辞書からの引用で確かめてみましょう。「臍を嚙む」には、次のような意味があります。

1.後悔する。すでにどうにもならなくなったことを悔やむ。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「臍を噛む」

上記の通り、「臍を噛む」とは、すでにどうにもならない過去のことを悔やむこと、簡単に言えば、後悔する、と言うことです。

誤用としては、単に「悔しい」と言う気持ちを表現するのに「臍を噛む」を使っているのを見かけますが、適切な使い方ではないので気をつけましょう。

また、「臍(ほぞ)」は「臍(へそ)」とも読みますが、「へそをかむ」と読むのは誤りですので気をつけて下さいね。

「臍を噛む」の語源は?

次に「臍を嚙む」の語源を確認しておきましょう。「臍を噛む」の語源は、中国の故事『春秋左氏伝(しゅんじゅうさしでん)』に記載された逸話にあります。

昔、楚の文王が鄧の国に立ち寄った時のことです。鄧侯は文王と血縁があり、もてなしました。しかし、鄧侯に仕える三人の賢臣は「いずれ文王はあなたを討つでしょう。今文王を暗殺しなければ臍を噛むことになりますよ。」と進言したのでした。果たして、甥である文王を暗殺できなかった鄧侯は、後に文王に国を滅ぼされてしまいます。

自分で自分のヘソを噛むことは絶対に不可能です。つまり、三人の賢臣は、後になって取り返しのつかないことを、自分で自分のヘソを噛むことに例えたのですね。このエピソードが元になり「臍を噛む」と言う慣用句が日本で広まったのです。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: