国語言葉の意味

「割を食う」の「割」と「食う」って何?意味・使い方・類義語などを日本放送作家協会会員がわかりやすく解説

この記事では「割を食う」について解説する。
端的に言えば、割を食うの意味は「損をする」です。ネガティブなニュアンスの言葉だということは知っているでしょうが、シーンに応じて正しく使いこなしているか?
日本放送作家協会会員でWebライターのユーリを呼んです。「割を食う」の意味をチェックし、使い方や類義語などを見ていきます。

ライター/ユーリ

日本放送作家協会会員。シナリオ、エッセイをたしなむWebライター。時代によって変化する言葉の面白さ、奥深さをやさしく解説する。

「割を食う」の意味と使い方

image by iStockphoto

「割を食う」は「わりをくう」と読みます。「割」も「食う」もさほど難しい漢字ではありませんが、「割を食う」の場合はどのような意味合いで使われているのでしょうか。さっそく「割を食う」の意味を確認し、例文で使い方を見ていきましょう。

「割を食う」の意味

まずは辞書で「割を食う」の意味をチェックしましょう。

損をする。自分のほうに不利となる。

出典:デジタル大辞典(小学館)「割を食う」

「割」という言葉には「割り当て」という意味があり、「割り当て」には「分担させる」「配分する」ことから転じて「任務」「分配金」などの意味があります。振り分けられた分配金などが得な場合は「割がいい」「割に合う」といい、損な場合は「割が悪い」「割に合わない」といいますよ。

また、「食う」は食べること以外に多くの意味を持っており、「他から、ある行為、特に望ましくない行為を受ける」という意味があるのです。「大目玉を食う」「肩透かしを食う」などといいますね。

「割を食う」は、たいへんな任務を割り当てられたり、分配金が少ししか分けてもらえなかったりして「損をする」「自分のほうが不利になる」という意味です。「まわりの状況やその変化のせいで思わぬ影響を受け、割りの合わない目にあう」というニュアンスで使われることが多いですね。

「割を食う」の例文

次は「割を食う」の例文で使い方を見ていきましょう。

1.彼女は成績もルックスも決して悪くはないのに、学年トップで町を歩けばスカウトされるという姉といつも比べられて割を食っている。
2.新卒で入社した頃は年功序列で給料があまり上がらず、やっと中高年になったと思ったら50代なかばで給料がカットされるようになった。自分の年代が一番割を食っていると思う。
3.弟は病弱で入退院を繰り返していたので、母はいつも弟につきっきりだった。母に甘えたり家族旅行に行ったりすることができず、幼い私は割を食っていると思っていた。

\次のページで「「割を食う」の類義語」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: