この記事では「年増」について解説する。

端的に言えば、年増の意味は「娘盛りを過ぎた年のころの女性」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

元新聞記者で、ライター歴20年のトラコを呼んです。一緒に「年増」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/トラコ

全国紙の記者を7年。その後、雑誌や書籍、Webでフリーの記者などとして活動中。文字の正確さ、使い方に対するこだわりは強い。

「年増」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速、「年増」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。わからない単語があれば、まずは、国語辞典や辞書、事典などで調べる、インターネットで検索するのがおすすめです。

「年増」の意味は?

年増」という言葉、次のような意味があります。

娘盛りを過ぎた女性。一般に30歳代半ばから40歳前後までの女性をいう。江戸時代には20歳前後を年増、20歳を過ぎてから28、9歳ぐらいまでを中年増、それより上を大年増といった。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「とし-ま【年増】」

年増は、若々しい女ざかりの年頃を過ぎた中年女性のことを意味します。読み方は「としま」です。

時代によってその年頃は変化し、江戸時代は今より早く、20歳(二十歳)前後ですでに年増、28、9歳までを「中年増」(ちゅうどしま)、30歳を超えると「大年増」(おおどしま)と言いました。

現在、年齢を重ねても若々しく見える女性が多いのもあり、20代だとまだ若いというイメージで、年増と言うと違和感があるかもしれません。30歳から40歳ごろの女性を指すのが適切と言えます。

「年増」の語源は?

次に、「年増」の語源を確認しておきましょう。

年増はもともと、年上を意味する「としまし(年増し)」「としまさり(年増り)」を略した言葉です。かつて遊郭(遊廓)で、盛りを過ぎた遊女に対して用いられたとされています。

江戸時代の作品にも登場し、例えば、山東京伝の洒落本『客衆肝照子』で「年増」と呼ばれる年頃の女性が登場するほか、別の洒落本『蕩子筌枉解』では色白で粋も不粋も知り尽くす妖艶で魅力的な遊女が「中年増」と呼ばれていました。

\次のページで「「年増」の使い方・例文」を解説!/

「年増」の使い方・例文

続いて、「年増」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば、以下のように用いられます。

1.年増盛り(ざかり)とは、女性として最も成熟した年頃との意味だ。
2.まさに年増ならではの色気が漂う女性と恋愛関係に発展した。
3.日本で、日陰の商売をする三十年増の匿名女性。
4.歌舞伎舞踊「年増」は、芸者出身の妾とみられるあだな年増の姿を描いた作品。
5.年増もお局さまも、江戸時代はほめ言葉だった。

例文1の「年増盛り」は、年増に関連してよく使われます。熟女という言葉と似たニュアンスです。例文2も同じような意味合いで、若い女性よりさらに上の年頃である女性に対しての意味で使われています。

例文3は、三十年増という、30代の女性に対しての文章です。

例文4は、歌舞伎舞踊の作品にある「年増」について。籠から現れた年増(の女性)が、自分の男を別の女性と争ったいきさつを物語る見せ場がある作品です。

例文5は、江戸時代にはほめ言葉だった逸話を紹介した文章で、ただ、現在では職場などで使われる「お局さま」は、ネガティブな逆の意味の場合もあります。

「年増」の類義語は?違いは?

image by iStockphoto

次に、「年増」の類義語(類語)について、見ていきましょう。

年増の類義語には、例えば、熟女中年女性おばさんのほか、オールドミス、壮年期、年配、初老などがあります。

その1「熟女」

年増の類義語、その1つが「熟女」です。

熟女は、辞書で調べると「30歳代から50歳代の、成熟した色気の漂う女性」(デジタル大辞泉、小学館)との意味が出てきます。

ただ、時代により、熟女の年代は変遷しており、30代だとまだ若く、40代半ばから後半にかけてというイメージを抱く人が多いでしょう。似たような言葉に「おばさん」がありますが、おばさんは40歳以降で、熟女はさらに年上と考えらえます。

\次のページで「その2「オールドミス」」を解説!/

その2「オールドミス」

年増の類義語としてもう1つ、「オールドミス」を紹介します。

オールドミスの意味は、婚期が過ぎた、または婚期を逃した未婚女性のことです。老嬢、ハイミス、OMという言葉もあります。英語の「old miss」が語源です。

年増は、未婚とは限りませんが、年齢を重ねた女性という意味では一致します。

その3「妖艶さ」

年増盛りの類義語として「妖艶さ」があるので、これも開設します。

妖艶の意味は、あやしいほどなめまかしく美しいこと、またはその様子です。「妖艶な微笑み」といった使い方をします。

年増の類義語が熟女であり、その雰囲気として妖艶さが使われることがあるので、ひとまず覚えておきましょう。

「年増」の対義語は?

さらに、「年増」の対義語も調べておきましょう。年増の対義語には、新造小娘などがあります。

その1「新造」

年増の対義語、その1つが「新造」です。

新造には、2つの意味があります。1つが、町家の若い妻で、転じて妻であり、時には娘、身分が低い武士の妻に対しても新造と呼ぶことがありました。

もう1つの意味は、江戸時代に遊郭で客をとるようになったばかりの若い遊女です。

新しく作ることも新造といい、「新造船」などと使われますが、これは同じ言葉でも違う意味なので注意しましょう。

その2「小娘」

小娘」も、年増の対義語です。

小娘は、まだ十分に大人らしくなっていない娘や少女をさします。またかつて、若い娘をあざけって言う時に使われることもありました。

例えば、「生意気な小娘だ」という使い方をします。

「年増」の英訳は?

image by iStockphoto

「年増」を英語に訳すと、「middle‐aged woman」です。形式ばった表現おして「a woman of mature age」「a woman past her first youth」も使われます。

\次のページで「「middle‐aged woman」」を解説!/

「middle‐aged woman」

年増を指す英訳は「middle‐aged woman」です。

では早速、いくつかの例文を見ていきましょう。

・a woman past middle age

大年増

・She is in the prime of womanhood.

彼女は年増盛りだ。

・There were some aged women who served in a hot spring resort.

温泉リゾートに、年増の湯女が何人かいた。

「年増」を使いこなそう

この記事では、「年増」の意味・使い方・類語などを説明しました。

年増というと、江戸時代は20歳を超えると言われ、現代では30代もしくは40代以降の女性を指すことが多いです。ただ、女性は年齢のことを言われると嫌な思いをすることもあるので、使う時はくれぐれも気を付けないといけません。

" /> 「年増」の意味や使い方は?例文や類語を元新聞記者がわかりやすく解説! – Study-Z
国語言葉の意味

「年増」の意味や使い方は?例文や類語を元新聞記者がわかりやすく解説!

この記事では「年増」について解説する。

端的に言えば、年増の意味は「娘盛りを過ぎた年のころの女性」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

元新聞記者で、ライター歴20年のトラコを呼んです。一緒に「年増」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/トラコ

全国紙の記者を7年。その後、雑誌や書籍、Webでフリーの記者などとして活動中。文字の正確さ、使い方に対するこだわりは強い。

「年増」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速、「年増」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。わからない単語があれば、まずは、国語辞典や辞書、事典などで調べる、インターネットで検索するのがおすすめです。

「年増」の意味は?

年増」という言葉、次のような意味があります。

娘盛りを過ぎた女性。一般に30歳代半ばから40歳前後までの女性をいう。江戸時代には20歳前後を年増、20歳を過ぎてから28、9歳ぐらいまでを中年増、それより上を大年増といった。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「とし-ま【年増】」

年増は、若々しい女ざかりの年頃を過ぎた中年女性のことを意味します。読み方は「としま」です。

時代によってその年頃は変化し、江戸時代は今より早く、20歳(二十歳)前後ですでに年増、28、9歳までを「中年増」(ちゅうどしま)、30歳を超えると「大年増」(おおどしま)と言いました。

現在、年齢を重ねても若々しく見える女性が多いのもあり、20代だとまだ若いというイメージで、年増と言うと違和感があるかもしれません。30歳から40歳ごろの女性を指すのが適切と言えます。

「年増」の語源は?

次に、「年増」の語源を確認しておきましょう。

年増はもともと、年上を意味する「としまし(年増し)」「としまさり(年増り)」を略した言葉です。かつて遊郭(遊廓)で、盛りを過ぎた遊女に対して用いられたとされています。

江戸時代の作品にも登場し、例えば、山東京伝の洒落本『客衆肝照子』で「年増」と呼ばれる年頃の女性が登場するほか、別の洒落本『蕩子筌枉解』では色白で粋も不粋も知り尽くす妖艶で魅力的な遊女が「中年増」と呼ばれていました。

\次のページで「「年増」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: