国語言葉の意味

うっかり使うとトラブルに?「目の保養」の意味・使い方・類義語を言葉大好きライターがわかりやすく解説!

この記事では「目の保養」について解説する。「目の保養」は一般的かつ今も使われている言葉ですが、実は扱いに注意が必要な単語でもある。基本的に悪い意味じゃないが、だからと言ってむやみに使っているとトラブルの引き金になるかもしれないぞ。元建築系企業社員、現言葉大好きライターのsasaiを呼んです。一緒に「目の保養」の意味や使い方、類義語などを見ていきます。

ライター/sasai

元会社員の現役フリーライター。言葉が好きで文章が好き。読むのも書くのも大好きで、海外小説からビジネス書まで何でも読む本の虫。こだわりをもって言葉の解説をしていく。

「目の保養」の意味とは?

image by iStockphoto

「目の保養」とは以下のような意味です。

美しいものや綺麗なものを見て楽しむこと。多くは美しい風景や美しい女性を見て楽しむことを指す。

出典:Weblio辞書「目の保養 意味」

「目の保養」は単純に分かりやすく言うと「見て楽しむことができるもの」という意味です。映画などを視聴するという意味の「見て楽しむ」ではなく、「見ることで精神的に良い作用がある」というニュアンスを持っています。

そのため上記のトピックでは風景などが例に挙げられていますが、実際は人によって「目の保養」になるものはさまざまであり、必ずしも風景に限っているわけではありません。

そもそも「保養」って何?

「目の保養」の「目の」という部分は意味が明らかですが、「保養」とはそもそもどういう意味でしょうか。「保養」を調べると以下の解説が出てきます。

1.からだを休ませて健康を養うこと。養生すること。
2.心をなぐさめ楽しむこと。

出典:goo辞書「保養 意味」

「休ませる」「なぐさめる」などの言葉から、「健康に良い作用がある」というニュアンスを掴めると思います。これに「目の」という言葉を繋げることにより、「目の健康に良い働きがあるもの」という言葉のイメージがより分かりやすくなるでしょう。

ちなみに、「保養」という言葉は「目の保養」という言葉に関わらず、日常の場面でも登場する単語です。覚えておいて損はありません。

「目の保養」は科学的な話ではない

総合的に考えて、「目の保養」とは「見て楽しむことで心をなぐさめ楽しませる」という意味になります。もちろんこれは見ている側の心理状態に影響する話です。そのため、「保養」という部分に「健康に良い」というニュアンスはあるものの、「科学的に目に良い作用がある」という話ではありません。

美しい物を見ると精神的にリフレッシュしますよね。しかし、決して視力が良くなったり、目の病が治るわけではありません。あくまでものの例えであることは抑えておきましょう。

「目の保養」の使い方

image by iStockphoto

「目の保養」は以下の様に使います。

1.あの丘からの景色は本当に「目の保養」になる。
2.「目の保養」と言って彼は個展に向かった。
3.「目の保養」だと思えば、雨に濡れた町も悪くはない。

上記のトピックでも解説しましたが、「目の保養」に該当するものは人それぞれになります。誰かにとっては何でもないものが、他の人にとっては「目の保養」になるというのは、ごく当たり前のことです。「目の保養」で調べると美しい風景などが例に出てきますが、あまりそれにこだわり過ぎず、元々の意味をよく考えて使用しましょう。

\次のページで「「目の保養」の対象になるものは?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: