理科生態系生物

3分で簡単森林の階層構造!生態系の重要概念?各層の役割や特徴とは?現役理系学生ライターがわかりやすく解説!

今回は「森林の階層構造」について解説していきます。

森林の階層構造という言葉は、生物学を学ぶと必ず目にすると表現しても過言ではない。この概念を知ることで、森林を構成する植物が水や光といった資源をどのように分け合っているかを直感的に理解できるぞ。また、森林内における生態系や資源の循環について学ぶためにも、森林の階層構造の概念が必要になる。ぜひこの機会に、森林の階層構造についての理解を深めてくれ。

工学の視点で生態系について学んだことがある学生ライター通りすがりのペンギン船長と一緒に解説していきます。

ライター/通りすがりのペンギン船長

工学部所属の現役理系大学生。環境工学を専攻している。高校時代は生物を学んでいなかったが、大学進学後に工学的な視点から生態系について詳しく学んだ。

森林の階層構造について学ぼう!

Stockwerke wald.png
Elke Freese投稿者自身による作品 (selbst gezeichnet/drawn by myself), パブリック・ドメイン, リンクによる

森林に生息する植物は、背の高い木から背の低い草や苔まで多種多様であり、それらはお互いに支えあって生命を維持しています。そして、森林を構成する様々な植物の役割や特徴を考察することは、生態系保全の観点から重要ですよ。このような考察をする際によく用いられる概念が『森林の階層構造』なのです。

今回の記事では、森林の階層構造について説明します。また、各階層を構成する植物の具体例などもご紹介しますね。記事の前半では、森林の階層構造がどのようなものであるかといった概要を述べますよ。それでは早速、解説をはじめます。

森林の階層構造とは?

森林の植生を真横から観察したとき、背の低い植物から背の高い植物の順に、葉や枝が重なり合って層を形成しているように見えますよねこの葉や枝で出来たミルフィーユのような構造のことを、『森林の階層構造』と呼ぶのです。そして、各層の分類は主に植物の高さに注目して行われます。

森林における階層の数は、植生の遷移過程や気候によって様々ですが、ほとんどの森林で概ね5層に分けることができますよ。この5層の役割や特徴については記事の後半で詳しく述べますね。

\次のページで「階層構造のメリットとは?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: