化学地学地球大気・海洋無機物質熱力学物理物質の状態・構成・変化理科環境と生物の反応生活と物質生物

3分で簡単地球の熱収支!地球温暖化との関係性とは?理系学生ライターがわかりやすく解説!

1.熱収支の定量化

1.熱収支の定量化

image by Study-Z編集部

地球の熱収支を定量的に表す指標の1つに、「放射強制力」というものがありますよ。地球に入ってくるエネルギーよりも、地球から出ていくエネルギーが大きい場合、放射強制力は負の値になります。一方で、地球に入ってくるエネルギーのほうが大きい場合、放射強制力は正の値になるのです。

つまり、放射強制力が正であれば、地球は温暖化しますよ。また、放射強制力が負のとき、地球は冷却されます。放射強制力は、地球全体の熱収支について述べる場合だけでなく、それぞれの要素がどの程度地球の温暖化や冷却に影響を与えるのかについて考える場合にも用いられますよ。

2.熱収支に影響を与える要因

続いて、熱収支に影響を与える要因には、どのようなものがあるのかを考えてみましょう。自然起因のものであれば、太陽活動の変化火山灰による日射不足などが挙げられます。太陽活動が変化すれば、地球に入射する太陽放射エネルギーの値は変化しますよね。また、火山灰によって日射が地面に届きづらくなれば、地球に入射するエネルギーは減少します。

人為的な要因としては、土地利用の変化大気汚染温室効果ガスの排出などがありますよ。土地利用の変化によって、アルベドの値は変化します。また、大気汚染物質によって、日射が遮られる場合もありますよね。温室効果ガスは、大気の温室効果を高くし、地球から出ていくエネルギーを減少させますよ。

3.地球温暖化への対応

地球温暖化は、近年注目されている環境問題の1つですよ。地球温暖化は、二酸化炭素などの温室効果ガスを人類が排出することで、地球の平均気温が上昇するという現象のことです。地球の平均気温が上昇すると、気候変動生態系の変化新しい病気の流行などが生じるのではないかと懸念されています。

地球温暖化への対応手段としては、緩和策適応策がありますよ。緩和策は、温室効果ガスの排出抑制、植林などによる二酸化炭素吸収量の増大化などがあります。名前の通り、地球温暖化を緩和するような行動を起こすというものです

一方、適応策というのは、地球温暖化に人類が適応するという考え方ですよ。気候変動にも耐えうるインフラの整備、生態系の保全、新しい病気の流行に対応するための医療設備の確保などが対応策になります。

\次のページで「地球の熱収支について学ぼう!」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: