この記事では「垢抜ける」について解説する。

端的に言えば垢抜けるの意味は「洗練されている」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

国語力だけでこれまでの社会人生活を乗り切ってきたライター、ヤザワナオコに、「垢抜ける」の意味や例文、類語などを説明してもらおう。

ライター/ヤザワナオコ

コールセンターの電話応対指導やマナー講師、テレビ番組の字幕製作経験もあるライター、ヤザワナオコ。

研修インストラクターをしていると、地方出身の大学生がどんどん垢抜けていく様子を楽しみに見守っていたらしい。「垢抜ける」とはどんなときに使う言葉なのか解説してもらう。

「垢抜ける」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「垢抜ける」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「垢抜ける」の意味は?

「垢抜ける」には、次のような意味があります。

容姿・動作や技芸などが洗練されている。いきですっきりしている。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

デビュー当時は野暮ったい感じがするアイドルが、数年のうちにみるみる都会の女性らしく変身するのを感じたことはありませんか。そのように服装などの見た目や仕草から感じ取れる雰囲気が粋で洗練されているさまを表すのが「垢抜ける」という言葉です。

もちろん女性だけでなく男性にも使うことが可能。成長して大人っぽくなった様子や田舎っぽさが抜けたことを表す褒め言葉として使われます。ただ、使い方によっては相手の気分を損ねる恐れもある点には注意が必要。「垢抜ける」ということは「以前は野暮ったかった」と言っているようなものなので、無難に褒めたいならば「素敵ですね」など過去との比較ではない褒め方にしておきましょう。

「垢抜ける」の語源は?

次に「垢抜ける」の語源を確認しておきましょう。スーパー銭湯などにあかすりのサービスがあるように、体の垢を落とすとすっきりした印象になるというのは分かりやすいですね。

でもそれなら、「垢を落とす」となりそうで「抜ける」を使う点を説明できません。実はこの言葉、「垢」ではなく「灰汁(あく)が抜ける」が起源と言われています。煮込み料理をするときに肉や野菜から出るあくを取りますね。また、一般に受け入れられにくい性格の人を「あくが強い」と言ったりします。この「灰汁」が抜けて人当たりが良くなる様子を「あくが抜ける」といい、転じて「垢抜ける」と使うようになったそうです。

\次のページで「「垢抜ける」の使い方・例文」を解説!/

「垢抜ける」の使い方・例文

「垢抜ける」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

・叔父さんから、しばらく見ない間に垢抜けたと言われて照れ臭かった。

・自分は真面目だけが取り柄の垢抜けない職人ですが、ご紹介いただいたからには全力を尽くします。

・明治期の文豪で垢抜けた文体と言えば誰か、短歌や川柳の世界も含めて皆で議論した。

このように、他人から見た外見の変化をいうことが多い「垢抜ける」には否定形の「垢抜けない」という使い方もあります。

2つ目の例文のように内面的な性質を言うこともありますし、3番目のように物言いや文章について使うこともありますよ。

「垢抜け」の類義語は?違いは?

image by iStockphoto

では、「垢抜ける」を言い換えるならどんな言葉があるか見ていきましょう。

「洗練される」

文字が表す意味は「洗ったり練ったりしてよくする」ということ。文章の表現を推敲(すいこう)してよりよいものにすることや、人柄や趣味を優雅だったり高尚だったりするものに変えることをいいます。

一般には、「洗練された身のこなし」などの使い方を目にしますね。「垢抜ける」と同様に「以前より現在はすっきりしてよくなっている」というニュアンスを持つ言葉です。

\次のページで「「渋皮が剥ける(しぶかわがむける)」」を解説!/

「渋皮が剥ける(しぶかわがむける)」

意味は「あか抜けして美しくなる、 物事に慣れて巧みになる」ということ。まさに「垢抜ける」の類語といえますね。

樹皮や果実の渋皮を剥くと、中の美しい実が見えることから言われるようになった表現です。「垢抜ける」以上に、女性について使われることが多い印象のこの言葉。単なる外見というよりも、接客業の女性が年月を経て客あしらいが上達した場合など、「巧みになる」のニュアンスを含む場合も多いように感じます。

 

・彼女の洗練された着こなしには、自然とあこがれの気持ちがわく。

・サービス業がすっかり板について、渋皮が剥けたように理想的な応対ができるようになったね。

「垢抜ける」の対義語は?

次に、「垢抜ける」の逆の意味を表す言葉を見ていきましょう。もちろんダイレクトに「垢抜けない」でもいいのですが、ここではそれ以外のものを紹介します。

「野暮(やぼ)ったい」

「野暮」は言動や趣味が洗練されていないこと、また人情の機微に通じないことをいいます。

服装や立ち居振る舞いがダサい場合に「野暮ったい」と表現しますよ。もちろん褒め言葉ではないので、他人について使う場合には悪口とならないよう十分注意して使いましょう。

「素人(しろうと)っぽい」

「垢抜ける」を物事に慣れて洗練された様子、という意味で使う場合には、「素人っぽい」も対義語と考えられます。

筆者が検索してみたところ、「素人っぽいデザイン」という使われ方が非常に多かったです。個性や熟練した雰囲気を求められる業界では、「素人っぽい」というのはかなりのダメージとなるようですね。

・晴れがましい場に呼ばれても、地味で野暮ったい服しか持っていないので肩身が狭い。

・素人っぽい意見かもしれませんが、装飾をもう少し派手にしてみたらどうでしょうか。

\次のページで「「垢抜ける」の英訳は?」を解説!/

「垢抜ける」の英訳は?

image by iStockphoto

最後に、「垢抜ける」の英語表現を押さえておきましょう。

「refined」

「上品な、洗練された」という意味です。

refined beautyで「洗練された美しさ」、refined featuresで「整った顔立ち」を表せますよ。

他に「精製された、純化された」という意味もあるので、化学関係の文脈であればこちらの可能性を考えましょう。

「sophisticate」

「垢抜けた、世慣れた」という意味で、服装や見た目を褒めるときに便利に使えますよ。

日本語としても、ファッション誌などで「ソフィスティケートされた着こなし」などと目にすることがあります。この場合は、「都会的で趣味のよい、大人っぽい」といったニュアンスです。

 

「垢抜ける」を使いこなそう

この記事では「垢抜ける」の意味・使い方・類語などを説明しました。筆者自身は垢抜けて見られたいと思うほうですが、しょせん他人がどう感じるかはコントロールしづらいものです。見た目よりも、考え方や意見が垢抜けていると自覚できるように努力したいと思います。

" /> 【慣用句】「垢抜ける」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターがわかりやすく解説! – Study-Z
国語言葉の意味

【慣用句】「垢抜ける」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターがわかりやすく解説!

この記事では「垢抜ける」について解説する。

端的に言えば垢抜けるの意味は「洗練されている」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

国語力だけでこれまでの社会人生活を乗り切ってきたライター、ヤザワナオコに、「垢抜ける」の意味や例文、類語などを説明してもらおう。

ライター/ヤザワナオコ

コールセンターの電話応対指導やマナー講師、テレビ番組の字幕製作経験もあるライター、ヤザワナオコ。

研修インストラクターをしていると、地方出身の大学生がどんどん垢抜けていく様子を楽しみに見守っていたらしい。「垢抜ける」とはどんなときに使う言葉なのか解説してもらう。

「垢抜ける」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「垢抜ける」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「垢抜ける」の意味は?

「垢抜ける」には、次のような意味があります。

容姿・動作や技芸などが洗練されている。いきですっきりしている。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

デビュー当時は野暮ったい感じがするアイドルが、数年のうちにみるみる都会の女性らしく変身するのを感じたことはありませんか。そのように服装などの見た目や仕草から感じ取れる雰囲気が粋で洗練されているさまを表すのが「垢抜ける」という言葉です。

もちろん女性だけでなく男性にも使うことが可能。成長して大人っぽくなった様子や田舎っぽさが抜けたことを表す褒め言葉として使われます。ただ、使い方によっては相手の気分を損ねる恐れもある点には注意が必要。「垢抜ける」ということは「以前は野暮ったかった」と言っているようなものなので、無難に褒めたいならば「素敵ですね」など過去との比較ではない褒め方にしておきましょう。

「垢抜ける」の語源は?

次に「垢抜ける」の語源を確認しておきましょう。スーパー銭湯などにあかすりのサービスがあるように、体の垢を落とすとすっきりした印象になるというのは分かりやすいですね。

でもそれなら、「垢を落とす」となりそうで「抜ける」を使う点を説明できません。実はこの言葉、「垢」ではなく「灰汁(あく)が抜ける」が起源と言われています。煮込み料理をするときに肉や野菜から出るあくを取りますね。また、一般に受け入れられにくい性格の人を「あくが強い」と言ったりします。この「灰汁」が抜けて人当たりが良くなる様子を「あくが抜ける」といい、転じて「垢抜ける」と使うようになったそうです。

\次のページで「「垢抜ける」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: