この記事では「時は金なり」について解説する。

端的に言えば「時は金なり」の意味は「時間はお金と同じくらい貴重」ということですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。
今回はビジネスマンでありながら、副業Webライターでも活動している焚きつけを呼んです。一緒に「時は金なり」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/焚きつけ

平日は一般企業のビジネスマン、スキマ時間は副業Webライターとして活動している。読書の習慣によって得た言葉の知識をもって、読者に向け言葉の意味を分かりやすく解説していく。

「時は金なり」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

皆さんは、時間を無駄に過ごしたりするときはありませんか?「時は金なり」というこちらの慣用句は、多くの方が見たり聞いたりしたことがある有名な言葉だと思います。ビジネスの場や、人生においても指針となるような考え方です。

それでは早速、「時は金なり」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「時は金なり」の意味は?

image by iStockphoto

「時は金なり」という慣用句には、次のような意味があります。

時は貴重であるから無駄にしてはならない。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「時は金なり」

詳しく言うと「時間はお金と同じで、無限にあるものではなく有限の非常に貴重なものであるから、無駄にすることなく、大事に使うべきである」といった意味合いになります。

また、例えば3時間あったとして、ある人はSNSやネットサーフィンしながらダラダラと時間を過ごし、ある人は仕事や資格の勉強をしたとしましょう。前者は3時間の間に何も生まないでしょうが、後者は時給や報酬を得たり、資格の勉強をした人はスキルアップによって市場価値が高まり、年収アップに繋がるかもしれません。

このように、「時は金なり」には、「時間の使い方によって価値を失う場合がある」という、機会損失への注意喚起の意味も含まれています。

「時は金なり」の語源は?

次に「時は金なり」の語源を確認しておきましょう。

この言葉は実はアメリカから来た言葉なのです。英語では「Time is money(タイムイズマネー)」と言います。こちらも聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。この言葉は全国共通認識の語であり、日本だけの慣用句ではないのです。

また、「Time is money」が生まれたきっかけについては、後ほど解説します。

\次のページで「「時は金なり」の使い方・例文」を解説!/

「時は金なり」の使い方・例文

次に「時は金なり」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

1.上司は「時は金なり」を座右の銘に一日一日を大切に過ごしている。

2.「時は金なり」と言うが、時間をお金に換えることはできても、お金で時間を取り戻すことはできない。

3.たまには「時は金なり」の言葉を忘れて、無駄に思える時間を過ごすのも大事だ。

4.SNSに夢中になってしまう人は、一度「時は金なり」の言葉を思い出すとよい。

例文1のように、「時は金なり」の言葉の性質上、座右の銘に選んでいる人も多いです。例文2は、時間とお金は必ずしもイコールではないということを表します。お金で時間を買うことはできませんからね。例文3は、例えば家族と過ごす時間や、趣味のアウトドアの時間を過ごすなど、お金にならない一見無駄に思える時間でも、人生を豊かにするためには必要であるという文です。

しかし、例文5のようにSNSで時間を無意味に浪費することは望ましくありません。SNSでお金を稼ぐことができるインフルエンサーなどは別です。

「時は金なり」の類義語は?違いは?

image by iStockphoto

続いては、「時は金なり」の類義語についての解説です。今回ご紹介するのは「一寸の光陰軽んずべからず」と、「一刻千金」の二つと、少々意味は変わりますが、現代にできたビジネス用語の一つとして「時間対効果」についても解説していきます。

「一寸の光陰軽んずべからず」

「一寸の光陰軽んずべからず」の意味は、「わずかな時間でも無駄に過ごしてはならない」ということです。一寸とは、わずかな時間、またとても小さいものの例えのこと。光陰とは、光が「日」陰が「月」、すなわち「時間が経つこと」を意味しています。

さらに似たような言葉に「光陰矢の如し」というものがありますが、こちらは「時間の経つのは矢のように早い」と、時間の大切さを意味するものです。

\次のページで「「一刻千金」」を解説!/

「一刻千金」

「一刻千金」は、「わずかな時間が千金にも相当する」と、楽しい時間や貴重な時間が過ぎていくことを惜しむ言葉です。一刻とは、一瞬のわずかな時間のこと。「一刻を争う」や「一刻も早く」と、大急ぎである様子を表現する言葉にも使われています。千金は、「千枚の黄金」というように、非常に価値の高いものの例えです。

「時間対効果」

「時間対効果」とは、ある仕事において「かけた時間に対してどれくらいの利益、成果があったか」という意味です。「かけたお金に対してどれくらいの利益、成果があったか」という意味の言葉は「費用対効果」といいます。ビジネスにおいては重要なキーワードの一つとして、覚えておいておくと良いですね。

「時は金なり」の対義語は?

「時は金なり」の対義語は、日本語の中にはそういったものがないようです。

「時は金なり」の英訳は?

image by iStockphoto

序盤でも紹介した通り、「時は金なり」は元々アメリカの「Time is money」から生まれました。ここでは、さらに「Time is money」の意味と語源について解説します。

「Time is money」

「Time is money(タイムイズマネー)」を始めに使ったとされるのは、アメリカ合衆国建国の父の一人であり、政治家、物理学者でもあるベンジャミン・フランクリンという人物です。アメリカの100ドル紙幣に描かれています。

彼の著書である「Advice to a Young Tradesman(若き商人への手紙)」の中に、「Remember that time is money」と記されていたのが語源です。直訳すると「時間はお金であることを忘れるな」という意味になります。

\次のページで「「時は金なり」を使いこなそう」を解説!/

「時は金なり」を使いこなそう

この記事では「時は金なり」の意味・使い方・類語などを説明しました。おさらいすると、「時は金なり」の意味は、「時間はお金と同じで有限で貴重なものだから、大切にするように」という意味でしたね。語源は、アメリカのベンジャミン・フランクリンが遺した「Time is money」で、世界中で時間の価値についての言葉が存在しています。

類義語には「一寸の光陰軽んずべからず」と「一刻千金」、ビジネス用語の一つである「時間対効果」を紹介しました。

「時は金なり」のような基礎となる言葉にこそ、より有意義に生きるためのエッセンスが宿っています。慣用句にはこのように、考え方や行動の指針となるような言葉がたくさんありますから、ぜひこれからも学んで、より良い人生を過ごしてください。

" /> 【慣用句】「時は金なり」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターがわかりやすく解説! – Study-Z
国語言葉の意味

【慣用句】「時は金なり」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターがわかりやすく解説!

この記事では「時は金なり」について解説する。

端的に言えば「時は金なり」の意味は「時間はお金と同じくらい貴重」ということですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。
今回はビジネスマンでありながら、副業Webライターでも活動している焚きつけを呼んです。一緒に「時は金なり」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/焚きつけ

平日は一般企業のビジネスマン、スキマ時間は副業Webライターとして活動している。読書の習慣によって得た言葉の知識をもって、読者に向け言葉の意味を分かりやすく解説していく。

「時は金なり」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

皆さんは、時間を無駄に過ごしたりするときはありませんか?「時は金なり」というこちらの慣用句は、多くの方が見たり聞いたりしたことがある有名な言葉だと思います。ビジネスの場や、人生においても指針となるような考え方です。

それでは早速、「時は金なり」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「時は金なり」の意味は?

image by iStockphoto

「時は金なり」という慣用句には、次のような意味があります。

時は貴重であるから無駄にしてはならない。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「時は金なり」

詳しく言うと「時間はお金と同じで、無限にあるものではなく有限の非常に貴重なものであるから、無駄にすることなく、大事に使うべきである」といった意味合いになります。

また、例えば3時間あったとして、ある人はSNSやネットサーフィンしながらダラダラと時間を過ごし、ある人は仕事や資格の勉強をしたとしましょう。前者は3時間の間に何も生まないでしょうが、後者は時給や報酬を得たり、資格の勉強をした人はスキルアップによって市場価値が高まり、年収アップに繋がるかもしれません。

このように、「時は金なり」には、「時間の使い方によって価値を失う場合がある」という、機会損失への注意喚起の意味も含まれています。

「時は金なり」の語源は?

次に「時は金なり」の語源を確認しておきましょう。

この言葉は実はアメリカから来た言葉なのです。英語では「Time is money(タイムイズマネー)」と言います。こちらも聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。この言葉は全国共通認識の語であり、日本だけの慣用句ではないのです。

また、「Time is money」が生まれたきっかけについては、後ほど解説します。

\次のページで「「時は金なり」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: