昨日は朝から晩まで「矢継ぎ早」に案件が舞い込んできて大変だったぜ。ん?「矢継ぎ早」って何だったっけ?って顔をしているな。

この「矢継ぎ早」は、簡潔に言えば「続けざまに素早く物事を行うこと」という意味の慣用句です。でも何で”矢”なのか、不思議に思わないか?

今回はその「矢継ぎ早」の意味・語源や使い方、類義語などについて、大学院卒の日本語教師・むかいひろきに解説してもらうぞ。

ライター/むかいひろき

ロシアの大学で2年間働き、日本で大学院修了の日本語教師。その経験を武器に「言葉」について分かりやすく解説していく。

「矢継ぎ早」の意味や使い方は?

image by iStockphoto

「矢継ぎ早」という言葉は、聞いたことがあるという人の方が多いでしょう。しかし、正確な意味を聞かれたときは少し戸惑ってしまうのではないでしょうか。そして、なぜ”矢”なのか気になっている人もいるのでは?まずは、その「矢継ぎ早」の意味と語源について見ていきます。

「矢継ぎ早」の意味は「続けざまに素早く物事を行うこと」

まずは「矢継ぎ早」が辞書にどのように掲載されているかを見ていきましょう。「矢継ぎ早」は次のような意味が国語辞典に掲載されています。

続けざまにすばやく物事を行うこと。
「―に質問を浴びせる」

出典:明鏡国語辞典 第二版(大修館書店)「やつぎ-ばや【矢継ぎ早】」

「矢継ぎ早」は「続けざまに素早く物事を行うこと」という意味の慣用句です。「矢継ぎ早~する」「矢継ぎ早~」という形で使用されることが多いですね。文字通り、”矢”が語源となった慣用句です。

「矢継ぎ早」の語源は?

「矢継ぎ早」という言葉は、連続して矢を射る時の動作が語源とされています。

弓から1本矢を放った後で連続して矢を射るには、新しい矢を弓に継ぎかえる必要が発生しますよね。その継ぎかえの動作(矢継ぎ)が早いと、次から次へと矢を射ることができるわけです。そこで、まずは「矢継が早く、矢を連続している技が速い様子」という意味で「矢継ぎ早」という言葉は使用されるようになりました。この意味では13世紀前半(鎌倉時代)の『平家物語』で既に使用が確認できます。

そして、時代が進むと弓矢について以外に、日常の物事にも意味が派生していきました。少なくとも江戸時代前半(17世紀半ばごろ)には、現代と同じ意味で「矢継ぎ早」という言葉が使用されていることが確認できます

\次のページで「「矢継ぎ早」の使い方を例文とともに確認!」を解説!/

「矢継ぎ早」の使い方を例文とともに確認!

では、続いて「矢継ぎ早」の使い方を例文とともに確認していきましょう。「矢継ぎ早だ」と文末で使用することは間違いではないですが、ほとんどありません。「矢継ぎ早~する」「矢継ぎ早~」という形で、文中や文頭で使用されることがほとんどです。

1.明日のプレゼンに必要な資料が部下から21時を回っても一切送られてこず、電話にも出ないため、催促のメッセージを矢継ぎ早に送っている。
2.Aチーム打線は、3回の表に5本の長打を矢継ぎ早に放ち、Bチームの先発投手をノックアウトした。
3.仕事が終わった後でLINEを見たら、彼女から会いたいという矢継ぎ早の催促メッセージが送られてきていた。

例文1では、「催促のメッセージを短時間に次から次へと送っていること」を「矢継ぎ早」を使って表現しています。明日必要な資料が前日の21時になっても送られてきていないと、不安になって「矢継ぎ早」にメッセージを送ってしまいますよね…。

例文2では、「1イニングというわずかな間に5本の長打を一気に放ったこと」を「矢継ぎ早」を使って表現しています。1イニングで5本も長打が出ることはなかなか珍しいですし、得点も多く入ることでしょう。

例文3では、「会いたいというメッセージが短時間に大量に送られてきたこと」を「矢継ぎ早」を使って表現しています。短い時間でも連絡がないと、「矢継ぎ早」にメッセージを送ってくるタイプの恋人、たまにいますよね…。

「矢継ぎ早」の類義語は?

image by iStockphoto

次に、「矢継ぎ早」の類義語を見ていきましょう。「矢継ぎ早」の類義語は「畳み掛ける」です。「矢継ぎ早」は名詞及び形容動詞、「畳み掛ける」は動詞と品詞は異なりますが、似た意味を表しています。

「畳み掛ける」物事を続けざまに行う

「畳み掛ける」は「相手に余裕を与えないように、立て続けに物事を行う」という意味の慣用表現です。相手を説得したい場合や、相手に反撃・反論されたくない場合などによく使用される表現ですね。「矢継ぎ早」との違いは、「畳み掛ける」には「相手に余裕を与えないように」というニュアンスが入る点です。「矢継ぎ早」にはそのニュアンスはありません。

\次のページで「「矢継ぎ早」の英語表現は?」を解説!/

「矢継ぎ早」の英語表現は?

続いて、「矢継ぎ早」の英語表現を見ていきましょう。英語表現は「矢継ぎ早」か「矢継ぎ早」かで若干異なります。「矢継ぎ早」の場合は「rapid-fire」、「矢継ぎ早」の場合は「in rapid succession」です。

「rapid-fire」

「rapid-fire」は、直訳すると「急速発射」となり、「矢継ぎ早の」と同じ意味を表す英語表現です。例えば「rapid-fire question(矢継ぎ早の質問)」のように、名詞の前につけて形容詞のように使用します。例文でも確認してみましょう。

1.At the conference, I asked Dr. Smith rapid-fire questions. 会議にて、矢継ぎ早の質問をスミス博士に投げかけた。
2.The rapid-fire counterattacks by the forces of Country A are causing the forces of Country B to suffer. A国軍の矢継ぎ早の反撃に、B国軍は苦戦を強いられている。

「in rapid succession」

「in rapid succession」は、直訳すると「急速に連続して」となり、「矢継ぎ早に」と同じ意味を表す英語表現です。「rapid」の部分を「quick」や「close」に変えても同じ意味を表します。例文を確認してみましょう。

1.Mr. Kahn asked Mr. Smith the question in rapid succession. カーン氏はスミス氏に矢継ぎ早に質問を浴びせた。
2.While the supply of Country B's forces was stagnant, Country A's forces launched a counterattack in rapid succession. B国軍の補給が停滞している間に、A国軍は矢継ぎ早に反撃を開始した。

“矢”を使ったその他の日本語の慣用句やことわざ

image by iStockphoto

ここまで「矢継ぎ早」について解説してきましたが、日本語には他にも”矢”という言葉を使った慣用句やことわざがあります。その一部をご紹介しましょう。今回ご紹介するのは「白羽の矢が立つ」と「光陰矢の如し」です。

\次のページで「「白羽の矢が立つ」」を解説!/

「白羽の矢が立つ」

「白羽の矢が立つ(しらはのやがたつ)」は、「多くの中から特に選び出される」という意味の慣用句です。例えば、ある映画の主演俳優がAさんに決まった場合、「大勢の俳優の中からAさんが選ばれた」というニュアンスで、「Aさんに白羽の矢が立った」と言います。

現在ではプラスの意味で使用されることがほとんどの「白羽の矢が立つ」ですが、かつては「多くの人の中から犠牲者として選びだされる」という意味で使用されていました。

「光陰矢の如し」

「光陰矢の如し(こういんやのごとし)」は「月日が経つのが早いこと」を表す表現です。「月日が過ぎていくのは、飛ぶ矢のように早い」というニュアンスを表します。なお、「時速300キロとは光陰矢の如しだ」というように、スピードが高速であることに用いるのは誤りです。あくまで、「月日が経つのが早いこと」のみを表します

次から次へと矢を射るように…「矢継ぎ早」

今回は「矢継ぎ早」について解説しました。「矢継ぎ早」は「続けざまに素早く物事を行うこと」という意味の慣用句で、連続して矢を射る時の動作が語源と考えられています。次から次へと矢を射るように物事を行うことを表現しているのですね。何か自分にチャンスが巡て来たときは、迷わずに矢継ぎ早に行動に移すのが良いのかもしれませんね。

" /> なぜ“矢”なの?「矢継ぎ早」の意味・語源や使い方、類義語を院卒日本語教師がわかりやすく解説 – Study-Z
国語言葉の意味

なぜ“矢”なの?「矢継ぎ早」の意味・語源や使い方、類義語を院卒日本語教師がわかりやすく解説

昨日は朝から晩まで「矢継ぎ早」に案件が舞い込んできて大変だったぜ。ん?「矢継ぎ早」って何だったっけ?って顔をしているな。

この「矢継ぎ早」は、簡潔に言えば「続けざまに素早く物事を行うこと」という意味の慣用句です。でも何で”矢”なのか、不思議に思わないか?

今回はその「矢継ぎ早」の意味・語源や使い方、類義語などについて、大学院卒の日本語教師・むかいひろきに解説してもらうぞ。

ライター/むかいひろき

ロシアの大学で2年間働き、日本で大学院修了の日本語教師。その経験を武器に「言葉」について分かりやすく解説していく。

「矢継ぎ早」の意味や使い方は?

image by iStockphoto

「矢継ぎ早」という言葉は、聞いたことがあるという人の方が多いでしょう。しかし、正確な意味を聞かれたときは少し戸惑ってしまうのではないでしょうか。そして、なぜ”矢”なのか気になっている人もいるのでは?まずは、その「矢継ぎ早」の意味と語源について見ていきます。

「矢継ぎ早」の意味は「続けざまに素早く物事を行うこと」

まずは「矢継ぎ早」が辞書にどのように掲載されているかを見ていきましょう。「矢継ぎ早」は次のような意味が国語辞典に掲載されています。

続けざまにすばやく物事を行うこと。
「―に質問を浴びせる」

出典:明鏡国語辞典 第二版(大修館書店)「やつぎ-ばや【矢継ぎ早】」

「矢継ぎ早」は「続けざまに素早く物事を行うこと」という意味の慣用句です。「矢継ぎ早~する」「矢継ぎ早~」という形で使用されることが多いですね。文字通り、”矢”が語源となった慣用句です。

「矢継ぎ早」の語源は?

「矢継ぎ早」という言葉は、連続して矢を射る時の動作が語源とされています。

弓から1本矢を放った後で連続して矢を射るには、新しい矢を弓に継ぎかえる必要が発生しますよね。その継ぎかえの動作(矢継ぎ)が早いと、次から次へと矢を射ることができるわけです。そこで、まずは「矢継が早く、矢を連続している技が速い様子」という意味で「矢継ぎ早」という言葉は使用されるようになりました。この意味では13世紀前半(鎌倉時代)の『平家物語』で既に使用が確認できます。

そして、時代が進むと弓矢について以外に、日常の物事にも意味が派生していきました。少なくとも江戸時代前半(17世紀半ばごろ)には、現代と同じ意味で「矢継ぎ早」という言葉が使用されていることが確認できます

\次のページで「「矢継ぎ早」の使い方を例文とともに確認!」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: